巨人・ドラフト指名予想2019・読売ジャイアンツ編~獲得候補一覧

2019プロ野球ドラフト会議・最新情報読売ジャイアンツが狙うドラフト候補は?

昨年は、1位で大阪桐蔭の根尾を指名するも獲得出来ず、外れ1位で狙った辰巳も外してしまったが、外れ外れ1位で獲得した左腕、ハ戸学院大の高橋優貴が近年の巨人のドラ1の中では久しぶりに大当たり、開幕からローテを守る活躍を見せていましたが、

2位~6位で獲得した、高校生を中心としたメンバーは将来の巨人の主力候補に期待したい選手ばかりで、育成1位で獲得した高校通算75本塁打の山下航汰も、育成選手ながら順調に1年目を過ごしており、ファームでは山下選手の元気の良さが目にとまり巨人の3番に大抜擢されたりと、次世代の主力を目指す若手を獲得出来た2018年のドラフトでしたが、

今秋の巨人は、1位で誰を狙ってくるのだろうか?即戦力候補の投手を狙うのだろうか?それとも、2019年の超注目選手である令和の怪物、大船渡の佐々木を1位で指名するのだろうか?!

今年も昨年に引き続き、ジャイアンツのドラフト情報をまとめていきたいと思います!

最新情報が入り次第、随時更新していきたいと思います。

また、ドラフト指名予想選手は現段階での候補ですので、10月のドラフト日までに随時変更していきます。

巨人ドラフト予想2019

巨人ドラフト結果2019

2019年プロ野球ドラフト会議の開催日程は、10月17日(木)の17:00予定。テレビ放送はTBS系列全国ネットで生中継予定です。 読...

10月17日現在:巨人ドラフト中間予想

10/16日→原監督、今年の1位は投手だが名前は伏せると明言はしなかった。

巨人の指名順に残っていれば、狙いたいと予想する右打者の注目選手

石川 昂弥、海野隆司、紅林弘太郎、東妻 純平、山瀬慎之助、井上広大、菊田 拡和、桃谷 息吹

候補 1位or外れ1位 2位 3位
巨人
佐々木 朗希 小深田 大翔 小深田 大翔
奥川 恭伸 林 弘太郎 津森 宥紀
森下 暢仁 立野 和明 井上 広大
津森 宥紀 宮城 大弥
太田 龍 鈴木 寛人
及川 雅貴 森 敬斗
井上 広輝 遠藤 成
杉山 晃基
村西 良太
宮城 大弥 前 佑囲斗
落合 秀市
小深田 大翔
紅林 弘太郎
外れ1位 4位以下
宮川 哲 藤田 健斗
海野 隆司 瀬慎之助
西 純矢 遠藤 成
立野 和明 前 佑囲斗
河野 竜生 韮沢 雄也
太田 龍 武岡 龍世
東妻 純平
  落合 秀市
  坂本裕哉
  原田 泰成
  伊勢 大夢
  宇草 孔貴
  玉村 昇悟
  菊田 拡和
  小峯 新陸
  桃谷 息吹
  吉田 開

12球団のドラフト予想はこちらへ

2019年ドラフト会議でセリーグ・パリーグの12球団が狙う候補選手は?高校生・社会人・大学生のすべての中から誰が1位指名されるのか! ...

巨人ドラフト会議・シュミレーション

10月17日現在、中間シュミレーション

赤文字は有力予想です

予想は現段階です、随時入れ替わります。

1位→奥川

外れ1位→宮川 哲海野・西 純矢

外れ外れ1位or2位→杉山・津森・太田・鈴木・前・森・宮城

  巨人ドラフト会議 最終シュミレーション
1位入札 佐々木郎希・森下暢仁・奥川 恭伸
外れ1位 海野・宮川・西
太田龍・立野 和明
2位 立野 和明・太田 龍・小深田 大翔
津森 宥紀・及川 雅貴・紅林 弘太郎
上 広輝・宮城 大弥・杉山 晃基
3位 津森 宥紀・井上広大・宮城 大弥
鈴木 寛人・森 敬斗・村西 良太
 小深田 大翔・遠藤 成
4位以下 山瀬慎之助・前 佑囲斗・韮沢 雄也
武岡 龍世・遠藤 成・藤田 建斗
東妻 純平・落合 秀市・紅林 弘太郎
原田 泰成・宇草孔貴・玉村 昇悟
伊勢大夢・菊田 拡和・小峯 新陸
桃谷 息吹・吉田 開・坂本裕哉



巨人・ドラフト最新情報

巨人・上位指名候補一覧

赤字は評価が高い、または注目している選手です。

打ち消し線は、大学進学選手です。

  巨人・上位指名候補
左投手
及川 雅貴
(横浜)
河野竜生
(JFE西日本)
宮城 大弥
(興南)
玉村 昇悟
(丹生)
坂本裕哉
(立命大)
右投手
佐々木郎希
(大船渡)
太田 龍
(JR東日本)
宮川 哲
(東芝)
森下 暢仁
(明大)
立野 和明
(東海理化)
西 純也
(創志学)
奥川 恭伸
(星陵)
井上広輝
(日大三)
前 佑囲斗
(津田学園)
津森 宥紀
(東北福祉)
杉山 晃基
(創価大)
 鈴木 寛人
(霞ヶ浦)
落合 秀市
(和歌山東)
原田 泰成
(東海大)
 村西 良太
(近大)
伊勢 大夢
(明大)
小峯 新陸
(鹿児島城西)
 
内野手
石川 昂弥
(東邦)
武岡 龍世
(八戸学院)
森 敬斗
(桐蔭学園)
韮沢雄也
(花咲徳栄)
遠藤成
(東海大相模)
紅林 弘太郎(駿河総合)
菊田 拡和(常総学院)
 小深田 大翔
(大阪ガス)
 
外野手

井上広大
(履正社)
宇草孔貴
(法大)
桃谷 息吹
(履正社)
吉田 開
(富士大)
   
捕手
海野 隆司
(東海大)
東妻 純平
(智弁和歌山)
藤田 健斗
(中京学院)
山瀬慎之助
(星稜)
   

巨人ドラフト展望

巨人の指名順に残っていれば、狙いたいと予想する右打者の注目選手

石川 昂弥、海野隆司、紅林弘太郎、東妻 純平、山瀬慎之助、井上広大、菊田 拡和、桃谷 息吹

一昨年は、野手中心のドラフトで野手の世代交代に成功しつつある巨人、しかし投手を見渡せばエースと呼べるのは菅野だけという投手陣は過渡期に差しかかってしまった。

そして、2018年はその穴を埋めるべく1位で即戦力候補の高橋優貴投手を獲得し、3位以下で次世代の主力候補の高校生投手を中心に獲得しましたが、

2019年の巨人の補強ポイントは、スター候補、もしくは即戦力候補の先発に中継ぎ投手、右の長距離砲、もしくは右の巧打者、ショート、外野手、そして捕手が挙げられるが、

優先順位は菅野に次ぐエース候補だと予想すると、今年のドラ1は佐々木か奥川を狙い、外せば、西、石川(東邦)、の残っている方や、他にいる即戦力候補の投手の1位指名が予想される。

また、ことしの巨人は、昨年のドラフトで2位以下と育成選手がすべて高校生だったことを考えると、今年は先発と中継ぎにかかわらず即戦力候補の投手と右打者、そして宇佐見放出で露呈した捕手の怪我人が出れば薄くなる捕手層を厚くするために、小林と炭谷の30代世代、岸田や大城の20代半ば世代、を考えると、もう一世代下の高校生捕手の獲得もありそうだ。

また、近年の中継ぎ投手不足を埋めるべく2位以下では即戦力の中継ぎ投手も狙いたいが、今秋NO1捕手、海野(東海大)、を巨人が上位で狙うのかにも注目したい。

しかし、捕手不足の各球団が海野を外れ1位以内で狙ってくると思われることから、投手が欲しいであろう巨人が1位を外してしまった場合に外れ1位で海野が残っていれば狙うのか?にも注目が集まりそうだ。

また、捕手のFAが控えている広島やDeNA、甲斐の負担を減らしたいソフトバンク、そしてオリックスや阪神、などは捕手を狙ってきそうだが、今年は何処の球団がどの捕手を獲得するのか、にも注目が集まりそうだ。

また、近年の巨人のドラフト戦略、傾向としては大学生なら4年目の秋、社会人ならドラフト年の秋に伸びた選手を獲得していたことを考えると、これまで調子が良かった選手で今秋調子を落としている選手よりも、これまでは成績は今ひとつでも、今秋に伸びてきた選手の獲得を今年も狙ってくるのではないかと予想されますが、

これまでの高校生中心のドラフトから、原監督に代わった今年のドラフトは、先発や中継ぎの即戦力候補、右の長距離砲、もしくは右の巧打者、ショート、外野手、そして捕手穫りに注目したい!

また、東海大枠からは、捕手海野、高校生から遠藤成内野手に注目したい。

巨人ドラフト注目選手

今年の巨人は捕手に注目!野手は、東海大相模の遠藤に注目したい!

宇佐見を放出した巨人は、炭谷を獲得し、小林もいる、そして次世代の正捕手候補の岸田が控えていることから今年はもう一世代下の高校生捕手を獲得したい、そこで、今秋の高校生捕手からは、山瀬慎之助(星稜)、東妻 純平(智弁和歌山)、藤田 健斗(中京学院)の、3人に注目したい。

また、巨人が上位候補でマークしている海野隆司(東海大)は、小柄ながらパンチ力があり、肩はソフトバンクの甲斐捕手並との噂もあり、原監督が後輩海野を上位で指名するのかに注目したいが、上位で投手を狙いたいであろう巨人は、上位、もしくは外れ1位以内ではないと獲れないと予想する海野捕手の獲得は厳しいだろうか。

また年齢的にも、他注目の大学生捕手、佐藤都志也や郡司裕也は、岸田もいることから獲得は見送るかもしれない。

また、巨人は、高校生野手からは右のスラッガー、履正社の井上広大外野手に注目しているが、右膝の内視鏡クリーニングの影響で、試合後半に足を引きずる場面があるとのことで(中日スカウト談)、井上の指名が巨人のドラフトに影響があるのかにも注目が集まりそうだ。

また、もしも右膝に影響があるとすれば、ドラフトの指名順位への影響が懸念される。

また、巨人が注目する遠藤成選手は内野も外野もサードも出来る長距離砲、東海大相模の遠藤は巨人が東海大系列の今年の枠で、坂本の後継者に指名する可能性も。

巨人右打者注目選手

石川 昂弥、海野隆司、紅林弘太郎、東妻 純平、山瀬慎之助、井上広大、菊田 拡和、桃谷 息吹、片山 勢三



巨人スカウト最新情報

10.6

坂本裕哉(立命大)→関西学生野球、立命大対近大戦を視察した巨人、春にも視察しており4月には真っ直ぐの制球を評価していた。

10.4

小深田 大翔(大阪ガス)→足が一番の武器、広角に打てる技術もある、社会人の即戦力として一番名前が挙がっている、と評価。

9.16

伊勢大夢(明→崩れそうな所もあったが上手く修正できている、球の精度が上がっているし大型投手の割には起用さがある投手、と評価。

9.10

石川(東邦)→野手では最上位級でリストアップしたことが分かった。

8.13

前 佑囲斗(津田学園)を、指先の感覚が良い、と緩急を駆使した投球を評価。

8.12

鈴木 寛人(霞ヶ浦)→背格好もいいし、真っ直ぐとフォークも良い、プロは先発じゃなくて中継ぎや抑えもある、可能性はある、と評価した。

8.12

遠藤成(東海大相模)を、野手としてみている、脚力がある、遊撃手を含め、サード、外野手と色々な可能性を模索できると評価。

8.12

武岡龍世(八戸学院光星)を、球際が強い、投手からすれば討ち取ったはずの球を当てられるのはいやらしい、チャンスメイクの打撃が出来ると評価。

8.12

韮沢雄也(花咲徳栄)を、プレーが柔軟、バットコントロールが上手くて逆に打てるとコメント。

8.12

履正社の井上広大を、巨人・長谷川スカウト部長は、どこにでも放り込める。外野フライの高さが違う、と評価。

8.8

星稜の奥川を、すばらしい、球威、変化球のキレ、安定感もある、甲子園でどこにどの球を投げるというパフォーマンス出来るのが凄いと絶賛した。

7.20

太田龍投手(JR東日本)について、バランスのいいフォームで投げられていた。

7.15

落合 秀市(和歌山東) →岸スカウト、指先のセンスとか能力が高い、自分が見た中では一番の高校生右腕、と評価。

7.14

巨人は岡山大会1回戦の西純矢投手にスカウト6人体制で視察、ドラフト上位候補として見ている、1軍に出てくるのは早いんじゃないか、チームの軸になれると評価していた。

6.30

菊田 拡和(常総学院)→高校生であれだけパワーを持っているバッターはいない、いいバッターと評価。

6.23

宇草孔貴(法大)→身体能力が高い、身長がありながら足があるのは珍しい、打撃はテークバックがうまく小さい変化球に対応できる、左肩が残って簡単に胸が投手側にむかない、と評価。

6.23

星陵の奥川投手について、順調に夏を迎えることが出来そうで良かったとコメント、センバツ時にはプロのローテに入っても5つは勝てるんじゃないか、と絶賛していた。

6.23

日大の井上について、起用でセンスを感じる、真っ直ぐにキレがある、素材がいい、フォームが綺麗と絶賛した。

6.19

紅林 弘太郎(駿河総合)→スケールが違う、勇人が入ってきたような感じ、と評価した。

6.17

巨人がスカウト会議を開き、ドラフト1位候補を10人に絞った。その中には、大船渡の佐々木郎希、明大の森下、星陵の奥川投手らの10人の名前が挙ったと見られる。また、大学生社会人では森下がトップで評価はAランク、高校制では佐々木郎希投手が特Aの評価

6.14

明大の森下投手について、投手に必要な力が高い、即戦力、リリースがしっかりしていてバランスが良い、即戦力、と評価。

6.12

海野捕手(東海大)について、大学、社会人の中でNO1捕手と評価した。

6.11

杉山 晃基(創価大)→学生時代の菅野を見ているよう、馬力もあるし、リーチもあって伸びしろが期待できると評価した。

6.5

太田龍投手(JR東日本)について、真っ直ぐを軸に腕が振れると魅力的な投球が出来る、楽しみな素材、何かのきっかけで一気に大化け出来る選手と評価した。

6.1

宮城(興南)→打者に向かっていく姿勢がいい、田口の高校時代より馬力がある。

5.20

玉村 昇悟(丹生)→直球の質が良い、右打者の内角にシュート回転せずに投げ込める、夏までに直球、変化球の精度が上がってくれば楽しみ、と評価。

5.12

及川(横浜)投手について、この日の投球をリズムが凄く良くなっていたと評価、また今春のセンバツでは不調だったが、あれだけで評価を変えるわけにはいかないとコメントしていた。

4.7

村西 良太(近大)→直球のキレは良いものがある、と評価した。

3.29

東邦の石川について、一人だけ打球が違う、インパクトが強い、逆方向へ強い打球を打てるし変化球への対応も良いと評価。

3.28

森 敬斗(桐蔭学園)→バネがある、体にバットがついてくる、野手なら森、ポテンシャルが高いと評価した。

3.28

キャッチャーは山瀬慎之助(星稜)がダントツ、地肩が強く、特に山瀬は最近の中では見たことが無いと絶賛した。

3.13

立野投手(東海理化)を、先発完投型、上位候補と評価。



巨人ドラフト予想2018版

下記は、2018年に予想した記事です。

10月25日現在:巨人ドラフト中間予想(随時変更します)

1位指名→根尾(公表)

候補 1位or外れ1位 2位 3位
巨人
 
 

柿木蓮 山本隆広
根尾 昂 野村 大樹 清水 昇
渡辺勇太朗 林 晃汰
野村 佑希 近本光司
小島 和哉 太田 椋
辰己 涼介 青島 凌也
生田目 翼 高橋 優貴
  齋藤 友貴哉 高橋 拓巳
  高橋 拓巳 山下 航汰
高橋 優貴 柿木蓮
近本光司 山上大輔
鈴木 翔天 栗林 良吏
鈴木 翔天
笹川 晃平
勝野 昌慶
外れ1位 4位以下
辰己 涼介 増田 陸
梅津 晃大 高橋 拓巳
野村 佑希 万波 中正
東妻 勇輔 太田 椋
松本 航 市川 悠太
野村 大樹 石橋 康太
齋藤 友貴哉 山本 隆広
甲斐野 央 近本 光司
梅津 晃大 田中 裕貴
上茶谷 大河 森下 翔太
吉田 輝星 引地 秀一郎
高橋 優貴 川原 陸
横川 凱
垣越 建伸
中尾 勇介
飯島 海斗
山下 航汰
富山 凌雅
松井 義弥
太田 光

巨人ドラフト高校生注目選手

岡崎スカウト部長の、高校生注目選手
守備 選手名 投打 学校名
投手 沼田翔平 右右 旭川大高
吉田輝星 右右 金足農
渡辺勇太朗 右右 浦和学院
垣越建伸 左左 山梨学院
修行恵大 右右 大垣日大
柿木 蓮 右右 大阪桐蔭
横川凱 左左 大阪桐蔭
川原 陸 左左 創成館
内野手 野村佑希 右右 花咲徳栄
林 晃汰 右左 智弁和歌山
北村恵吾 右右 近 江
根尾 昴 右左 大阪桐蔭
小園海斗 右左 報徳学園
松井義弥 右左 折尾愛真
外野手 大谷拓海 右左 中央学院
万波中正 右右 横 浜
中尾勇介 右右 山梨学院
藤原恭大 左左 大阪桐蔭

巨人ドラフト展望

2018年のドラフトはバランスの良い指名になると昨年に示唆した巨人は、現在の巨人の戦力的に投手中心のドラフトになり、2名前後の左腕を獲得し、将来のセンター候補の外野手の獲得を狙ってくることが予想されていたが、

今年に入ったドラフト会議での7月戦略会議にて、投手4、野手4位のバランスの良いドラフトになることを示唆していた。

また、後は、欲しい選手が巨人の指名順に残っているかどうかで投手と野手の狙いを定めた選手の指名が変わってくるかもしれないが、個人的に予想すれば中継ぎが崩壊中、そして次世代のエース候補がいない近年の投手事情を見れば、投手4~5、野手2~3位に落ち着くのでは無いかと予想、外れ1位には立命大の辰巳、が挙がり、坂本の後釜に根尾、亀井、長野、陽、と主力の外野手の世代交代を進めたい巨人は、次世代の外野手穫りが今秋のドラフト戦略ではポイントになってきそうだ。

10/24(水)、巨人は1位は大阪桐蔭の根尾と公言した。


2019年ドラフトは、最新情報が入り次第、随時更新していきます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする