巨人・ドラフト指名予想2018・読売ジャイアンツ編~獲得候補一覧

2018プロ野球ドラフト会議・最新情報読売ジャイアンツが狙うドラフト候補は?

昨年は外れ1位で投手の鍬原拓也を指名し、2位3位でまさかの捕手をW指名のサプライズでドラフト会議場、中継を見ていた視聴者を驚きの渦に巻き込んだジャイアンツですが、今年のジャイアンツはどんなサプライズを見せるのだろうか?

昨年は多くの方が当記事をお読み下さりありがとうございました。

さて、今年もドラフトの季節が近づいていますが、今年も昨年に引き続き、ジャイアンツのドラフト情報をまとめていきたいと思います。

昨年の野手中心のドラフトで、野手の世代交代に成功しつつ有る巨人、しかし投手を見渡せばエースと呼べるのは菅野だけという投手陣は過渡期に差しかかっており、2018年は昨年とは一転して投手中心の補強になりそうな巨人、中でも左腕不足は深刻で昨年は左腕の乱獲も示唆していたが今年こそは左腕の乱獲の年になりそうな予感も。

しかし、あくまでも現段階ではあるが、今年の春夏甲子園で145キロ以上を投げた左腕は0で左腕の目玉選手がいないことから、左腕に限っては大卒以上が中心、高校生は下位指名になることが予想される。

また、今年の巨人は大学生、社会人投手から即戦力の投手を1位で指名したいが、今年の大卒以上の投手は活躍が確実と言える目玉選手が少ないことから、また打高投低のドラフト年になりそうな今年のドラフトの1位指名は高校生を含めて野手の可能性も。

また、今年の巨人のドラフトは昨年のドラフトで野手の世代交代の為に野手中心の獲得で、巨人の著しい若手野手不足という戦力を立て直し、やっと2018年はバランスの良いドラフトが出来ると明言していることから、今年は投手中心で2,3名の野手を獲得しバランスの良いドラフトになることが予想されますが、今年の巨人はどんな選手の獲得を狙うのだろうか?

また、現段階の個人的予想ですが、巨人の1位指名は大学生or社会人の投手、高校生の1位指名は無い、あるとすれば甲子園で清宮級のスター選手が現れれば球団の人気回復も兼ねて1位指名も有り、と予想していましたが、大卒以上の投手で絶対的な存在がいないことから、今秋のドラフトは高校生から1位指名が続出するドラフトになる可能性も。

しかし、菅野しかいない苦しい投手の台所事情の巨人はエース級になれる素材の投手を1位で指名したく、そこにあてはまるのが金足農の吉田だが、

野手からは大阪桐蔭の根尾の1位指名も浮上しており、巨人の坂本の後継者、時期エース候補の投打のポイントである根尾と吉田、そし外野手もウイークポイントの巨人は大学No1野手の辰巳、そして花咲徳英栄の野村などは外れ1位~2位候補に挙がってきそうだ。

※また、2017年の巨人のドラフト戦略、傾向としては大学生なら4年目の秋、社会人ならドラフト年の秋に伸びた選手を獲得していたことを考えると、これまで調子が良かった選手で今秋調子を落としている選手よりも、これまでは成績は今ひとつでも今秋に伸びてきた選手の獲得を今年も狙ってくるのではないかと予想する。

となれば、巨人の補強にはピンポイントのクローザー、東洋大の甲斐野は調子を落としていることから一巡目の指名はないと予想するが、有るとすれば残っていれば外れ1位、またはリリーフタイプに外れ外れ1位で東妻の可能性も。

※最新情報が入り次第、随時更新していきたいと思います。また、ドラフト指名予想選手は現段階での候補ですので、10月のドラフト日までに随時変更していきます。

巨人ドラフト予想2018

 10月25日現在:巨人ドラフト中間予想(随時変更します)

1位指名→根尾(公表)

候補 1位or外れ1位 2位 3位
巨人
 
 

柿木蓮 山本隆広
根尾 昂 野村 大樹 清水 昇
渡辺勇太朗 林 晃汰
野村 佑希 近本光司
小島 和哉 太田 椋
辰己 涼介 青島 凌也
生田目 翼 高橋 優貴
  齋藤 友貴哉 高橋 拓巳
  高橋 拓巳 山下 航汰
高橋 優貴 柿木蓮
近本光司 山上大輔
鈴木 翔天 栗林 良吏
鈴木 翔天
笹川 晃平
勝野 昌慶
外れ1位 4位以下
辰己 涼介 増田 陸
梅津 晃大 高橋 拓巳
野村 佑希 万波 中正
東妻 勇輔 太田 椋
松本 航 市川 悠太
野村 大樹 石橋 康太
齋藤 友貴哉 山本 隆広
甲斐野 央 近本 光司
梅津 晃大 田中 裕貴
上茶谷 大河 森下 翔太
吉田 輝星 引地 秀一郎
川原 陸
横川 凱
垣越 建伸
中尾 勇介
飯島 海斗
山下 航汰
富山 凌雅
松井 義弥
太田 光
2018年ドラフト会議でセリーグ・パリーグの12球団が狙う候補選手は?高校生・社会人・大学生のすべての中から誰が1位指名されるのか!根尾、藤...

巨人ドラフト会議・シュミレーション

 10月25日現在:ドラフト中間シュミレーション

(随時変更します)

  巨人ドラフト会議 最終シュミレーション
1位入札 根尾 昂
外れ1位 東妻 勇輔・松本 航・野村佑希・辰巳
齋藤 友貴哉・梅津 晃大・吉田輝星
甲斐野 央・上茶谷大河
2位 野村佑希・渡辺勇太朗辰己 涼介
高橋 優貴・高橋 拓巳・齋藤 友貴哉
鈴木 翔天・太田 椋・野村 大樹
3位 林晃汰・高橋拓巳・太田 椋・柿木蓮
引地 秀一郎渡辺勇太朗・小島 和哉
青島 凌也・野村 大樹・栗林 良吏
山上大輔・鈴木 翔天・山本隆広
山下 航汰・清水 昇・高橋優貴
笹川 晃平・勝野 昌慶太田 光
4位以下 増田 陸万波中正山下 航汰・山田龍聖
市川 悠太・林晃汰・田中 裕貴・富山凌雅
垣越建伸横川凱川原 陸

石橋康太・山上大輔・太田 光・中尾 勇介
飯島海斗・山本隆広・松井義弥



巨人・ドラフト最新情報

巨人・上位指名候補一覧

※赤字は評価が高い、または注目している選手です。

※打ち消し線は、大学進学選手です。

  巨人・上位指名候補
左投手

山田 龍聖
(高岡商)
小島 和哉
(早大)
垣越 建伸
(山梨学院)
高橋 拓巳
(日本生命)
横川 凱
(大阪桐蔭)
川原 陸
(創成館)
田中 裕貴
(慶大)
富山 凌雅
(トヨタ)
飯島 海斗
(東海大)
鈴木 翔天
(富士大)
 高橋 優貴
(八戸学院大)
 
右投手

青島 凌也
(東海大)
根尾 昂
(大阪桐蔭)
柿木 蓮
(大阪桐蔭)
甲斐野 央
(東洋大)
上茶谷大河
(東洋大)
梅津 晃大
(東洋大)
渡辺 勇太朗
(浦和学院)
齋藤 友貴哉
(Honda)
引地 秀一郎
(倉敷商)
吉田 輝星
(金足農)
生田目 翼
(日本通運)
沼田 翔平
(旭川大高)
松本 航
(日本体育大)
東妻 勇輔
(日体大)
栗林 良吏
(名城大)
修行 恵大
(大垣日大)
山上 大輔
(立命大)
山本 隆広
(関西大)
市川 悠太
(明徳義塾)
 清水 昇
(国学院大)
勝野 昌慶
(三菱重工) 
内野手 小園 海斗
(大阪桐蔭)
増田 陸
(明秀日立)
日置 航
(日大三)
新保 利於
(瀬戸内)
小幡 竜平
(延岡学園)
北村 恵吾
(近江)
林 晃汰
(智弁和歌山)
太田 椋
(天理高)
根尾 昂
(大阪桐蔭)
松井 義弥
(折尾愛真)
野村 大樹
(早大)
外野手

藤原 恭大
(大阪桐蔭)
山下 航汰
(健大高崎)
大谷 拓海
(中央学院)
万波 中正
(横浜)
中尾 勇介
(山梨学院)
森下 翔太
(東海大相模)
野村 佑希
(花咲徳栄)
辰己 涼介
(立命大)
笹川 晃平
(東京ガス)
捕手 頓宮 裕真
(亜大)
石橋 康太
(関東一)
太田 光
(大商大)

巨人ドラフト注目選手

 岡崎スカウト部長、高校生注目選手
選手名 投打 学校名
投手 沼田翔平 右右 旭川大高
吉田輝星 右右 金足農
渡辺勇太朗 右右 浦和学院
垣越建伸 左左 山梨学院
修行恵大 右右 大垣日大
柿木 蓮 右右 大阪桐蔭
横川凱 左左 大阪桐蔭
川原 陸 左左 創成館
内野手 野村佑希 右右 花咲徳栄
林 晃汰 右左 智弁和歌山
北村恵吾 右右 近 江
根尾 昴 右左 大阪桐蔭
小園海斗 右左 報徳学園
松井義弥 右左 折尾愛真
外野手 大谷拓海 右左 中央学院
万波中正 右右 横 浜
中尾勇介 右右 山梨学院
藤原恭大 左左 大阪桐蔭

大学生、社会人からは左腕に注目!

高橋 優貴

178cm、82kg、MAX152キロ

八戸学院大のドクターK、リーグ最多の通算300奪三振の記録を達成した奪三振マシーンは貴重な左腕だけに、左腕が欲しい球団は2位or3位での指名の可能性も。

田中 裕貴

慶大のプロ注目左腕、188cmの高さから投げられる角度のあるMAX147キロの速球を武器にカーブ、チェンジ、スライダーを操るプロ注目左腕。

高橋 拓巳

176cm、73kg、MAX148キロ、先発でも中継ぎでも行ける高橋は巨人のリリーフ補強に合致する。指名順のタイミングが合えば巨人の指名の可能性も。

小島 和哉

175cm、76kg、早大のMAX147キロ左腕、今秋ドラフトの上位候補、巨人の指名順に残っていれば3位前後での指名、どうしても欲しければ3位では獲れないことが予想されることから2位での指名の可能性も。

巨人ドラフト展望

2018年のドラフトはバランスの良い指名になると昨年に示唆した巨人は、現在の巨人の戦力的に投手中心のドラフトになり、2名前後の左腕を獲得し、将来のセンター候補の外野手の獲得を狙ってくることが予想されていたが、

今年に入ったドラフト会議での7月戦略会議にて、投手4、野手4位のバランスの良いドラフトになることを示唆していた。

また、後は、欲しい選手が巨人の指名順に残っているかどうかで投手と野手の狙いを定めた選手の指名が変わってくるかもしれないが、個人的に予想すれば中継ぎが崩壊中、そして次世代のエース候補がいない近年の投手事情を見れば、投手4~5、野手2~3位に落ち着くのでは無いかと予想、外れ1位には立命大の辰巳、が挙がり、坂本の後釜に根尾、亀井、長野、陽、と主力の外野手の世代交代を進めたい巨人は、次世代の外野手穫りが今秋のドラフト戦略ではポイントになってきそうだ。

※10/24(水)、巨人は1位は阪桐蔭の根尾と公言した。

巨人スカウト最新情報

10.24

巨人が、1位指名に大阪桐蔭の根尾を公言

10.9

巨人が関西大コンビ、大学No1外野手の辰巳と、150キロ右腕山本隆広を視察、獲得調査書提出へ。

10.6

報知→巨人が根尾 昂を、ドラ1候補の筆頭に挙げた。尚、大阪桐蔭の根尾を坂本の後継者として1位指名する可能性が高いことが判明した。

9.15

富山凌雅を視察、阪神2軍戦で5回3安打1失点の好投。

9.12

清水 昇を視察、完成度が高い、バランスが取れた投手と評価した。

8・31

巨人が、吉田輝星をドラフト1位候補にリストアップし、今秋の巨人のドラ1最有力候補に挙ったことが分かった。

8.14

岡崎スカウト部長→吉田輝星を高校生トップクラス、球の質が凄く良いと評価、巨人に行きたいとコメントした吉田がもしもプロ入りを表明すれば獲得に動くのかに注目される。

8.14

岡崎スカウト部長→渡辺勇太朗を、体の柔軟性とキレを持っている、ボールの質が良い、190cmの体は大きく将来が楽しみ、もっと体が強くなればスケールの大きな選手になると絶賛した。

7.22

藤原恭大を視察した岡崎スカウト部長は、間違いなくドラフト上位に入ると評価。

7.21

石橋康太を、取ってからが早くコントロールが良い、捕手としての総合力が高いとコメントした。

7.18

引地 秀一郎を視察、あのスライダーは打てない、高校生では一番と絶賛。

7.18

青木スカウト→野村大樹を視察、肩が強くて振る力がある、背は高くはないがそれをかんじさせないとコメントした。

7.17

太田 椋を視察、走攻守の三拍子が揃った言い選手、将来は坂本みたいになると絶賛。

7.15

林晃汰を視察した岡崎スカウト部長は、超高校級の素材、ヘッドスピードは日本ハムの中田の用の絶賛した。

7.13

野村佑希を視察した岡崎スカウト部長は、ホームランバッターの資質を持っている、高校生ではトップクラスと絶賛した。

7.10

松井 義弥を、スケールが大きい選手、柳田、糸井のような身体能力を持っていると絶賛した。

6.14

市川 悠太を、先発を見た中では体のキレを一番感じたピッチャー、リリースが強いとコメント。

6.12

太田 光を、打撃が良くドラフト上位候補と絶賛した。

6.3

生田目 翼を視察、大人の投球が出来ていた、即戦力と評価。

6.4

齋藤 友貴哉を視察、まっすぐにキレがある、これだけ投げられる人は中々いないとコメント。

5.29

渡辺スカウト→高橋拓巳を視察、先発でもリリーフでも使えると評価した。

5.19

小島 和哉を視察、今季一番良かったと評価。

5.17

甲斐野 央について、体が強くエンジンが違う、ドラフト1位候補、重複する可能性もあるとコメント。

5.6

栗林 良吏を視察、140、141キロでもそれ以上に感じるキレがある、上位候補でしょうと絶賛した。

4.30

高岡商の山田龍聖を、バッティングも良いし足も速く運動能力が高いと評価。

4.27 

148キロ右腕の吉川峻平を視察、社会人ではトップクラスと評価し、上位10人に入るとコメントした。(メジャー挑戦へ)

4.25

東都大学野球、国学院大戦で155キロをマーク(最速159キロ)した上茶谷大河(東洋大)を視察した岡崎ドラフト部長は、上茶谷投手を1位候補、重複で消える選手とコメントした。

4.11

東都大学野球、中大戦を視察した岡崎ドラフト部長は、150キロ超を連発する梅津 晃大右腕(東洋大)を上位候補とコメント。

4.7

辰己 涼介を視察、走攻守の三拍子が揃っていると評価した。

4月

根尾 昂について、岡崎スカウト部長はショート、投手のどちらを投手やっても能力が高い、非常に楽しみとコメントした。

3.30

印象に残った選手に、森下 翔太を挙げた。

3.30

昨年から楽しみな選手と柿木蓮をマークしていたが、馬力のある良い投手、制球が良くなっていたと評価した。また、山田健太については振りが強くて力強い選手、打撃に光るモノがあったとコメントした。

3.12

勝野 昌慶を、終盤まで力強い真っ直ぐをなげると絶賛した。

3月

小園 海斗を視察した益田スカウトは、三拍子揃った選手、高校生トップレベル、最近のドラフトでもトップレベルと絶賛し、守備は抜群、走攻守は高校生トップクラスと評価した。

3月

センバツ高校野球の評価を岡崎スカウト部長がコメント、特Aはいなかったが、遊撃手に注目し、その中のA選手に、明秀日立の増田陸、日大三の日置航、大阪桐蔭の根尾 昂、瀬戸内の新保 利於、延岡学園の小幡竜平、の名前を挙げた。その中で1番目立っていた選手に増田陸を指名した。

また、大阪桐蔭の小泉 航平を今大会のNO1捕手に評価し、同高校の藤原恭大、中島卓也もAランクに評価したが、藤原恭大については走攻守の三拍子が揃った選手、ドラフト上位で消える選手とコメントした。

2月

松本航を視察、この時期でスピードとキレが違う、力的には素晴らしいと評価した。また、同大学、日本体育大学の東妻 勇輔について、力的に素晴らしいものがあるとコメントした。

12.24 スポニチ

菅野の後輩、青島凌也(東海大)をリストアップしていることが分かった。(2016年完全試合を達成)



巨人ドラフト予想2017版

以下の記事は、昨年に予想した記事になります

10.25 現在中間予想:巨人ドラフト上位候補

指名候補 1位or外れ1位 2位 3位
巨人 岩見 雅紀
清宮幸太郎 近藤 弘樹 増田  珠
安田 尚憲 岩見 雅紀 永野 将司
鈴木 博志 桜井 周斗 清水 達也
近藤 弘樹 岡田 和馬
外れ1位 草場 亮太 桜井 周斗
増田珠 牧 丈一郎
近藤 弘樹 清水 達也 3位以下
草場 亮太 永野 将司 金久保 優斗
鈴木 康平 斉藤 大将 田浦 文丸
鈴木 博志 高橋 遥人 阪口 皓亮
東 克樹 石川 翔 永野 将司
安田 尚憲 村上 宗隆 西浦 颯大
村上宗隆 知野 直人
鍬原 拓也 推野 新
山本 拓実
牧 丈一郎
山上 信吾
比嘉 賢伸
村田 陽春
田中俊太

巨人ドラフト会議・シュミレーション

  巨人ドラフト会議 最終シュミレーション
1位入札 清宮幸太郎田 尚憲
外れ1位 鈴木康平安田 尚憲近藤弘樹  鈴木 博志
東 克樹・村上宗隆・鍬原 拓也
2位 岩見 雅紀・近藤弘樹・斎藤 大将・岸田行倫
増田 珠・桜井 周斗村上 宗隆永野 将司
3位 増田珠清水 達也桜井 周斗
岩見 雅紀・岡田 和馬
4位以下  永野 将司阪口 皓亮・田浦文丸・西浦 颯大
岡田 和馬知野 直人・推野 新・金久保 優斗
山本 拓実・牧 丈一郎・山上 信吾・ 高木 渉村田中俊太・折下光輝・田中 燿飛・稲富 宏樹

巨人・ドラフト視察選手

赤字は巨人の評価が高い選手です。

  巨人・上位指名候補
左投手 田嶋 大樹 宮台 康平 川端 健斗(進学)
斎藤 大将 東 克樹 山下 輝(進学)
永野 将司 高橋 遥人 金成 麗生 (社会人)
田浦 文丸 岡田 和馬
木場 涼佑 
右投手 鈴木 博志 鈴木 康平 草場 亮太
本田仁海 近藤 弘樹 鍬原 拓也
阪口 皓亮 清水 達也 徳山 壮磨(進学)
推野 新 山本 拓実  金久保 優斗 
牧 丈一郎 山上 信吾 石川 翔
村田 陽春   嘉陽 宗一郎
内野手 安田 尚憲 笠松 悠哉 山崎 剛
清宮幸太郎 前野 幹博 比嘉 賢伸
西巻 賢二 三村 鷹人 知野 直人
田中 俊太 折下光輝
外野手 増田 珠 桜井 周斗 神野太樹(進学濃厚)
西浦 颯大 岩見 雅紀 岡田 悠希 (進学)
 高木 渉 神野太樹 田中 燿飛
捕手 村上 宗隆 中村 奨成 古賀 悠斗 (進学)
稲富 宏樹 岸田 行倫

※2018年ドラフトは、最新情報が入り次第、随時更新していきます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする