巨人・ドラフト指名予想2018・読売ジャイアンツ編~獲得候補一覧

2018プロ野球ドラフト会議・最新情報読売ジャイアンツが狙うドラフト候補は?

昨年は外れ1位で投手の鍬原拓也を指名し、2位3位でまさかの捕手をW指名のサプライズでドラフト会議場、中継を見ていた視聴者を驚きの渦に巻き込んだジャイアンツですが、今年のジャイアンツはどんなサプライズを見せるのだろうか?

昨年は多くの方が当記事をお読み下さりありがとうございました。

さて、今年もドラフトの季節が近づいていますが、今年も昨年に引き続き、ジャイアンツのドラフト情報をまとめていきたいと思います。

昨年の野手中心の指名で野手の世代交代に成功したかに思える巨人、しかし投手を見渡せばエースと呼べるのは菅野だけという投手陣は過渡期にさしかかっており、2018年は昨年とは一転して投手中心の補強になりそうな巨人、中でも左腕不足は深刻で昨年は左腕の乱獲も示唆していたが今年こそは左腕の乱獲の年になりそうな予感も。

しかし、あくまでも現段階ではあるが春の選抜甲子園では145キロ以上を投げた左腕は0、夏の甲子園に向けて各高校から左腕投手の話題がちらほら出てきており、甲子園でのブレイク左腕の出現に期待がかかるが、今年の巨人は大学生、社会人投手から即戦力の右腕投手を1位指名してくるのではないかと現段階では予想される。

また、今年の巨人のドラフトは昨年のドラフトで野手の世代交代の為に野手中心の獲得で、巨人の著しい若手野手不足という戦力を立て直し、やっと2018年はバランスの良いドラフトが出来ると明言していることから今年は投手中心で1,2名の野手を獲得しバランスの良いドラフトになることが予想されますが、今年の巨人はどんな選手の獲得を狙うのだろうか?

また、現段階の個人的予想ですが、巨人の1位指名は大学生or社会人の投手、高校生の1位指名は無い、あるとすれば甲子園で清宮級のスター選手が現れれば球団の人気回復も兼ねて1位指名も有り、と予想しますが菅野しかいいない苦しい投手の台所事情の巨人はエース級になれる素材の投手を1位指名する可能性が高いと予想します。

※最新情報が入り次第、随時更新していきたいと思います。また、ドラフト指名予想選手は現段階での候補ですので、10月のドラフト日までに随時変更していきます。

巨人ドラフト予想2018

 8月現在:巨人ドラフト中間予想(随時変更します)

候補 1位or外れ1位 2位 3位
巨人 吉田 輝星 藤原恭大 小園海斗
松本 航 野村 大樹 渡辺勇太朗
甲斐野 央 渡辺勇太朗 林 晃汰
上茶谷 大河 野村 佑希 近本光司
梅津 晃大 高橋 拓巳
藤原恭大 4位以下
根尾 昂 増田 陸
青島 凌也 高橋 拓巳
外れ1位 万波 中正
吉田 輝星 柿木蓮
青島 凌也 山田 龍聖
野村 大樹 山田 健太
野村 佑希 林 晃汰
藤原恭大 近本光司
田中 裕貴

巨人ドラフト会議・シュミレーション

 8月現在:ドラフト中間シュミレーション

(随時変更します)

  巨人ドラフト会議 最終シュミレーション
1位入札 甲斐野 央・上茶谷大河・梅津 晃大
吉田輝星・松本 航・藤原恭大・根尾 昂
外れ1位 青島凌也・吉田輝星・松本 航・藤原恭大
2位 藤原恭大・野村佑希・渡辺勇太朗
小園 海斗・高橋拓巳・野村 大樹
3位 渡辺勇太朗・林晃汰・高橋拓巳
4位以下 増田 陸・万波中正・柿木蓮・山田龍聖
山田健太・林晃汰・田中 裕貴

巨人・ドラフト最新情報

巨人・上位指名候補一覧

  巨人・上位指名候補
左投手 山田 龍聖
(高岡商)
高橋拓巳
(日本生命)
田中 裕貴
(慶大)
右投手 青島凌也
(東海大)
根尾 昂
(大阪桐蔭)
柿木蓮
(大阪桐蔭)
甲斐野 央
(東洋大)
上茶谷大河
(東洋大)
梅津 晃大
(東洋大)
渡辺勇太朗
(浦和学院)
吉田輝星
(金足農)
松本 航
(日本体育大)
内野手 小園 海斗
(大阪桐蔭)
増田 陸
(明秀日立)
日置 航
(日大三)
新保 利於
(瀬戸内)
小幡竜平
(延岡学園)
林 晃汰
(智弁和歌山)
山田健太
(大阪桐蔭)
外野手 藤原 恭大
(大阪桐蔭)
根尾 昂
(大阪桐蔭)
万波 中正
(横浜)
野村 佑希
(花咲徳栄)
捕手 野村 大樹
(早大)
小泉 航平
(大阪桐蔭)

巨人スカウト最新情報

8・31

巨人が、吉田輝星をドラフト1位候補にリストアップし、今秋の巨人のドラ1最有力候補に挙ったことが分かった。

8.14

岡崎スカウト部長→吉田輝星を高校生トップクラス、球の質が凄く良いと評価、巨人に行きたいとコメントした吉田がもしもプロ入りを表明すれば獲得に動くのかに注目される。

8.14

岡崎スカウト部長→渡辺勇太朗を、体の柔軟性とキレを持っている、ボールの質が良い、190cmの体は大きく将来が楽しみ、もっと体が強くなればスケールの大きな選手になると絶賛した。

7.22

藤原恭大を視察した岡崎スカウト部長は、間違いなくドラフト上位に入ると評価。

7.18

青木スカウト→野村大樹を視察、肩が強くて振る力がある、背は高くはないがそれをかんじさせないとコメントした。

7.15

林晃汰を視察した岡崎スカウト部長は、超高校級の素材、ヘッドスピードは日本ハムの中田の用の絶賛した。

7.13

野村佑希を視察した岡崎スカウト部長は、ホームランバッターの資質を持っている、高校生ではトップクラスと絶賛した。

5.29

渡辺スカウト→高橋拓巳を視察、先発でもリリーフでも使えると評価した。

5.17

甲斐野 央について、体が強くエンジンが違う、ドラフト1位候補、重複する可能性もあるとコメント。

4.30

高岡商の山田龍聖を、バッティングも良いし足も速く運動能力が高いと評価。

4.27 

148キロ右腕の吉川峻平を視察、社会人ではトップクラスと評価し、上位10人に入るとコメントした。(メジャー挑戦へ)

4.25

東都大学野球、国学院大戦で155キロをマーク(最速159キロ)した上茶谷大河(東洋大)を視察した岡崎ドラフト部長は、上茶谷投手を1位候補、重複で消える選手とコメントした。

4.11

東都大学野球、中大戦を視察した岡崎ドラフト部長は、150キロ超を連発する梅津 晃大右腕(東洋大)を上位候補とコメント。

4月

根尾 昂について、岡崎スカウト部長はショート、投手のどちらを投手やっても能力が高い、非常に楽しみとコメントした。

3.30

昨年から楽しみな選手と柿木をマークしていたが、馬力のある良い投手、制球が良くなっていたと評価した。また、山田健太については振りが強くて力強い選手、打撃に光るモノがあったとコメントした。

3月

小園 海斗を視察した益田スカウトは、三拍子揃った選手、高校生トップレベル、最近のドラフトでもトップレベルと絶賛し、守備は抜群、走攻守は高校生トップクラスと評価した。

3月

センバツ高校野球の評価を岡崎スカウト部長がコメント、特Aはいなかったが、遊撃手に注目し、その中のA選手に、明秀日立の増田陸、日大三の日置航、大阪桐蔭の根尾 昂、瀬戸内の新保 利於、延岡学園の小幡竜平、の名前を挙げた。その中で1番目立っていた選手に増田陸を指名した。

また、大阪桐蔭の小泉 航平を今大会のNO1捕手に評価し、同高校の藤原恭大、中島卓也もAランクに評価したが、藤原恭大については走攻守の三拍子が揃った選手、ドラフト上位で消える選手とコメントした。

2月

松本航を視察、この時期でスピードとキレが違う、力的には素晴らしいと評価した。

12.24 スポニチ

菅野の後輩、青島凌也(東海大)をリストアップしていることが分かった。(2016年完全試合を達成)

巨人ドラフト展望

ジャイアンツのドラフトがいよいよ間近に迫ってまいりましたが、10月25日(木)に行われる2018年プロ野球ドラフト会議、巨人の1位はいったい...

2018年のドラフトはバランスの良い指名になると昨年に示唆した巨人は、現在の巨人の戦力的に投手中心のドラフトになり、2名前後の左腕を獲得し、将来のセンター候補の外野手の獲得を狙ってくることが予想されていたが、

今年に入ったドラフト会議での7月戦略会議にて、投手4、野手4位のバランスの良いドラフトになることを示唆した。

後は、欲しい選手が巨人の指名順に残っているかどうかで投手と野手の狙いを定めた選手の指名が変わってくるかもしれないが、個人的に予想すれば中継ぎが崩壊中、そして次世代のエース候補がいない近年の投手事情を見れば、投手4~5、野手2~4位に落ち着くのでは無いかと予想する。

巨人ドラフト注目選手

今年の巨人のドラフトは、東洋大のドラフト1位候補三羽カラスの、甲斐野 央、上茶谷大河、梅津 晃大の3投手に注目。

甲斐野 央

185cm、75kg、最速159キロ右腕

上茶谷大河

181cm、85kg、最速151キロ右腕

梅津 晃大

187cm、92kg、最速153キロ右腕

野村 大樹

清宮の後を託された早実の野村は(高校通算68号)、1年生から4番を任されるなどバッティングの評価は高く、指名順のタイミングが合えば将来のサード候補での指名も。

清宮選手がプロ入りしたことから、早実からの2年連続のプロ入りの可能性は低いかもしれないが、今秋のドラフトの注目選手になりそうだ。

林 晃汰

肘の手術でブランクがあったのにもかかわらず、高校通算49発の林は、昨年取り逃がした村上の変わりの和製大砲候補、下位に残っていれば指名の可能性も。

田中 裕貴

慶大のプロ注目左腕、188cmの高さから投げられる角度のあるMAX147キロの速球を武器にカーブ、チェンジ、スライダーを操るプロ注目左腕。

今年の巨人が左腕を狙うなら高橋 拓巳、に田中 裕貴の2名の左腕に注目したい

藤原恭大

外野手の左の大砲、藤原は巨人の補強ポイントにぴったりの選手、出来れば右も欲しいが柳田を彷彿させる振り切るスイングはプロで育成すれば将来の和製大砲候補。しかし、内角打ちは上手いが低めの変化球に空振りするシーンが目立ち甲子園での奪った四球は2と選球眼が気になるところ。

巨人ドラフト予想2017版

以下の記事は、昨年に予想した記事になります

10.25 現在中間予想:巨人ドラフト上位候補

指名候補 1位or外れ1位 2位 3位
巨人 岩見 雅紀
清宮幸太郎 近藤 弘樹 増田  珠
安田 尚憲 岩見 雅紀 永野 将司
鈴木 博志 桜井 周斗 清水 達也
近藤 弘樹 岡田 和馬
外れ1位 草場 亮太 桜井 周斗
増田珠 牧 丈一郎
近藤 弘樹 清水 達也 3位以下
草場 亮太 永野 将司 金久保 優斗
鈴木 康平 斉藤 大将 田浦 文丸
鈴木 博志 高橋 遥人 阪口 皓亮
東 克樹 石川 翔 永野 将司
安田 尚憲 村上 宗隆 西浦 颯大
村上宗隆 知野 直人
鍬原 拓也 推野 新
山本 拓実
牧 丈一郎
山上 信吾
比嘉 賢伸
村田 陽春
田中俊太

巨人ドラフト会議・シュミレーション

  巨人ドラフト会議 最終シュミレーション
1位入札 清宮幸太郎田 尚憲
外れ1位 鈴木康平安田 尚憲近藤弘樹  鈴木 博志
東 克樹・村上宗隆・鍬原 拓也
2位 岩見 雅紀・近藤弘樹・斎藤 大将・岸田行倫
増田 珠・桜井 周斗村上 宗隆永野 将司
3位 増田珠清水 達也桜井 周斗
岩見 雅紀・岡田 和馬
4位以下  永野 将司阪口 皓亮・田浦文丸・西浦 颯大
岡田 和馬知野 直人・推野 新・金久保 優斗
山本 拓実・牧 丈一郎・山上 信吾・ 高木 渉村田中俊太・折下光輝・田中 燿飛・稲富 宏樹

巨人・ドラフト視察選手

赤字は巨人の評価が高い選手です。

  巨人・上位指名候補
左投手 田嶋 大樹 宮台 康平 川端 健斗(進学)
斎藤 大将 東 克樹 山下 輝(進学)
永野 将司 高橋 遥人 金成 麗生 (社会人)
田浦 文丸 岡田 和馬
木場 涼佑 
右投手 鈴木 博志 鈴木 康平 草場 亮太
本田仁海 近藤 弘樹 鍬原 拓也
阪口 皓亮 清水 達也 徳山 壮磨(進学)
推野 新 山本 拓実  金久保 優斗 
牧 丈一郎 山上 信吾 石川 翔
村田 陽春   嘉陽 宗一郎
内野手 安田 尚憲 笠松 悠哉 山崎 剛
清宮幸太郎 前野 幹博 比嘉 賢伸
西巻 賢二 三村 鷹人 知野 直人
田中 俊太 折下光輝
外野手 増田 珠 桜井 周斗 神野太樹(進学濃厚)
西浦 颯大 岩見 雅紀 岡田 悠希 (進学)
 高木 渉 神野太樹 田中 燿飛
捕手 村上 宗隆 中村 奨成 古賀 悠斗 (進学)
稲富 宏樹 岸田 行倫

※2018年ドラフトは、最新情報が入り次第、随時更新していきます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする