DeNAベイスターズ新外国人サミー・ソリスの成績予想と特徴は

横浜DeNAベイスターズが、新外国人サミー・ソリス投手(30)、左投げ右打ち、196cm、114キロの長身大型左腕、年俸は3300万円を獲得した。

タイプは中継ぎ、最速は156キロ、変化球は主にパワーカーブとチェンジアップ、DeNAはパワー系の中継ぎ左腕を獲得したわけですが、パットンやエスコバーの予備、もしくは当たればこのどちらかと入れ替えたいという思惑だろうか。

また、獲得理由については三上がいないことでブルペン陣に負担がかかっているから、ということで先発は戻ってきているので中継ぎ投手を補強したとのことで、

中継ぎ陣の負担や防御率を考えると今回の中継ぎ補強はDeNAベイスターズのウイークポイントをピンポイントで補強した、ということだろうか。

また、これで外国人はエスコバー、パットン、ロペス、ソトの1軍枠、この中から1名が漏れることになりそうだが、エスコバーについては先発起用の可能性もありそうだが、ロペスとソトは1軍起用が濃厚、だとすると同じ左腕のエスコバーを落とすのか?それとも左右関係なくパットンを落とすのか、

しかし、まずはソリス投手の投球内容次第ではあるが、DeNAの中継ぎ救世主になりうる可能性を感じさせる投手だ。

サミー・ソリスの成績予想

YouTube用に作成した、サミー・ソリス投手の紹介動画です。成績は、これくらいの成績になるのではないかと予想して作っていますが、もう少し良い成績になりそうな気もします。

サミー・ソリスの特徴は

サミー・ソリス投手(30)、左投げ右打ち、196cm、114キロ

平均球速、約151キロとパワーカーブを武器とする大型左腕、今年の3Aの成績は、19試合、22回を投げて防御率3.57、28奪三振、8四球昨年はメジャーでキャリアハイとなる56試合に登板したが左打者にも打たれ後半戦の防御率は11.12と打ち込まれてしまった。

また、メジャー通算成績は141試合、5勝7敗、1セーブ、防御率4.51

メジャーでは全て中継ぎで141試合、127回2/3を投げ、ワンポイント起用が多かったが昨年は左にも打たれる傾向が見られた。

しかし、近年は打ち込まれているものの、米での指標の奪三振率や、与四球率の約4は同チームのパットンより上、十分日本で通用する可能性は感じるが、直近のここ2年の成績は気になるところで日本のボールとマウンドに合わなければ四球も多くなり自滅することも考えられそうだが、

期待値としては、昨年と今年の中間の左のパットンという感じだろうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする