横浜DeNAドラ8楠本泰史がオープン戦開幕プロ初打席に初ホームラン

横浜DeNAベイスターズのオープン戦が開幕しましたが、初戦の対巨人戦でDeNAの2017年ドラフト組や新外国人選手が躍動している。

2017年のドラフト組からはドラ8の楠本泰史が8回から途中出場すると何と戸根からオープン戦プロ初打席にプロ初ホームランを放った。

オープン戦開幕プロ初打席、初ホームランを放った楠本泰史は、山崎武氏が2017年のドラフト組から育ててみたい打者TOP10に選ばれた天才打者と呼び声が高いが、その評価をそのままにプロ初打席を本塁打で飾った。

横浜DeNAベイスターズは昨年に続き下位で強打者を獲るのが上手い印象だが、楠本泰史がドラフト8位で良く獲れたなという昨年のドラフトだったが、その楠本は本日のホームランで開幕1軍入りに名乗りを挙げると同時に、プロ1年目で一気にブレイク候補にも挙がってくるかもしれない。

新外国人選手ではソト選手が谷岡投手からホームランの4打数2安打を放ち、ゲレーロ選手に変わる新主砲に名乗りを挙げる祝砲を放った。

また、投げては6回からマウンドに登った櫻井周斗投手が1回1奪三振無失点の力投し、オープン戦プロ初勝利と、新加入組が活躍し100点満点のオープン戦開幕を勝利で飾った。

本日のDeNAのオープン戦開幕戦は新加入の大和選手はノーヒット、主力の筒香、ロペス、宮崎はノーヒットだったがまだまだ調整の段階、しかし、それよりも主力以外から3点獲れたことが大きい本日の試合だった。

ペナントでも新加入選手が主力をが不振の時はカバー出来る打線が誕生すれば今年のDeNAは脅威だ。

以下は、オープン戦開幕スターティングメンバーです。この打線から開幕に向けどう変化していくのだろうか。

DeNA×巨人(那覇)

巨人×DeNA 24日13時開始

DeNA 先発:熊原健人

巨人 先発:中川皓太

本塁打:De・楠本 巨・和田

試合結果:DeNA 3-1 巨人

勝利投手:櫻井周斗

敗戦投手:谷岡竜平

DeNAスタメン

8 桑原 3-1

6 大和 3-0

7 筒香 1-0

3 ロペス 3-0

5 宮崎 3-0

D ソト 4-2

9 細川 4-0

2 嶺井 3-2

4 倉本 3-1

宮本 秀明 1-0

乙坂 智 3-0

白崎 浩之 1-0

中川 大志 1-0

佐野 恵太 1-0

戸柱 恭孝 0-0

柴田 竜拓 0-0

1P 熊原健人

巨人スタメン

9 陽

4 吉川尚

6 坂本勇

7 ゲレーロ

5 マギー

D 阿部

3 岡本

2 小林

8 重信

1P 中川

(巨人3安打)

陽1安打、岡本1安打、和田恋1安打HR

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする