2019夏の甲子園!花咲徳栄vs明石商の勝者予想、勝つのはどっち?

2019夏の甲子園の第1回戦、8月11日(日)15:30、花咲徳栄(埼玉)vs 明石商(兵庫)の注目カード、優勝候補対決が決定した。

このカードは、今年の関東勢対近畿勢の実力をはかる大一番に、そして勝利した高校が今年の甲子園の優勝をかっさらう可能性も出てきそうだが、花咲徳栄と明石商の対決はどちらが勝つのだろうか?!

花咲徳栄vs明石商の勝者は?

今夏の甲子園参加校、49高校の中でNO1のチーム打率432、地方大会初戦はチームレベルの違いはさておき32-0で勝利すると、2回戦以降もほぼ毎試合10得点前後で勝利している打線は圧巻、しかし投手力は他校のエースとくらべると落ちるだろうか。

対する明石商は優勝候補の筆頭候補に挙がり、粘り強い安定した戦い方で勝ちを拾っていく展開が予想されるが、センバツ4強の立役者、149キロ右腕のエース中森を初戦でむかえる花咲が打てるのか?がこのカードの勝負の分かれ道になってきそうだが、

体力MAX、体調を整えてくる明石商の中森を打つのは破壊力抜群の花咲でも厳しいと予想、また、打力の花咲vs投手力の明石、の戦いが予想されるが、展開を予想すれば花咲の圧勝、もしくは接戦をものにする明石、の展開を予想するが、エース中森次第では明石に分があるだろうか。

花咲徳栄・地方大会成績

花咲徳栄(埼玉)

・試合数7

・チーム打率.432

・チーム本塁打5本

・平均失点数(1試合当たり)1.14

・失策数3

・チーム打点88

・盗塁13

・犠打18

・チーム安打101

チーム投手成績

中津原(左)

5試合→31回2/3、24奪三振、7四死球、8失点

高森(左)

4試合→8回、6奪三振、2四死球、0失点

岡崎(右)

2試合→7回、5奪三振、1四死球、0失点

和田(左)

2試合→2回、3奪三振、0四死球、0失点

岩崎(右)

2試合→1回1/3、2奪三振、四死球、0失点

明石商・地方大会成績

明石商(兵庫)

・試合数7

・チーム打率.313

・チーム本塁打2本

・平均失点数(1試合当たり)1.57

・失策数3

・チーム打点45

・盗塁13

・犠打13

・チーム安打60

チーム投手成績

杉戸(左)

5試合→24回2/3、27奪三振、6四死球、5失点

中森(右)

5試合→21回2/3、30奪三振、6四死球、5失点

溝尾(右)

1試合→9回、10奪三振、0四死球、0失点

安藤(左)

1試合→1回、2奪三振、0四死球、0失点

永井(右)

1試合→2/3、0奪三振、3四死球、1失点

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする