セリーグ・ドラフト指名予想2019~獲得候補選手一覧

2019年プロ野球ドラフト会議、指名予想「セリーグ編」

セントラルリーグ各球団の、上位で獲得したい選手を予想しています。今年のドラフトは、昨年の注目選手、大阪桐蔭の根尾に藤原、報徳の藤原に金足農の吉田の高校生BIG4と同じく、今年も、佐々木郎希、奥川恭伸、石川昂弥、及川雅貴、西 純矢の、高校生BIG5がドラ1候補として注目されていますが

今秋のドラフトも昨年に負けず劣らず注目選手が目白押し、今秋の各球団のドラフト戦略は、一体どうなるのだろうか?

今年も、高校生に1位が集中するのだろうか?それとも、即戦力候補の大学生や社会人を狙う球団も現れるのだろうか?!

まずは甲子園、U-18、そして大学リーグ戦や社会人野球の3大大会の結果を待ちたい。

スカウトの視察情報やスポーツ誌を参考に予想していますので、情報が分かり次第、随時更新していきます。

セリーグ・ドラフト候補2019

10月16日更新

プロ野球ドラフト会議・パリーグ中間予想

赤太文字は有力予想です、随時更新します。

球団 1位入札 2位 3位以下
広島
森下
(公表)
佐藤都 佐藤都志也
河野 井上広輝 太田 龍
宮川 哲 石川昂弥 鈴木寛人
西 純也 柳町 達
奥川 恭伸
宮川
球団 1位入札 2位 3位以下
巨人
佐々木郎希 石川昂弥 森 宥紀
森下 暢仁 及川 雅貴 前 佑囲斗
奥川 恭伸 井上 広輝 東妻 純平
河野 竜生 河野 竜生 山瀬慎之助
宮川 哲 津森 宥紀 藤田 健斗
西 純也 太田 龍 井上 広大
立野 和明 及川
  宮城
  鈴木
球団 1位入札 2位 3位以下
横浜
森下 暢仁 田 龍 東妻 純平
奥川 恭伸 郡司 山瀬慎之助
石川 昂弥    
西 純也 井上 広輝 藤田 健斗
河野 竜生 郡司
佐藤都
海野
球団 1位入札 2位 3位以下
阪神
佐々木郎希 太田 龍 東妻 純平
奥川 恭伸 佐藤都志也 藤田 健斗
森下 暢仁 東妻 純平 山瀬慎之助
海野 隆司 郡司 井上 広大
佐藤都志也 及川 前 佑囲斗
石川昂
石川 郡司
西 純矢 杉山 望月
海野 子孫
及川 柳町達
  津森
球団 1位入札 2位 3位以下
ヤクルト
奥川
(公表)
石川昂弥 佐藤都志也
外れ1位 井上広輝 鈴木寛人
及川 雅貴 太田 龍 武岡
河野 竜生 杉山 前 佑囲斗
立野 和明 前 佑囲斗  
西 純矢
吉田大喜   
太田 龍 及川 雅貴 井上広大
宮川 哲  
球団 1位入札 2位 3位以下
中日 石川
(公表)
太田 龍 鈴木寛人
宮川哲 石川昂弥 前 佑囲斗
西純矢 及川 武岡
立野 佐藤都志也 井上大
及川 井上広輝 宮城
浅田



12球団のドラフト予想はこちらへ

2019年ドラフト会議でセリーグ・パリーグの12球団が狙う候補選手は?高校生・社会人・大学生のすべての中から誰が1位指名されるのか! ...

広島カープ・ドラフト候補2019

1位公表→森下

広島は、現段階での予想は難しいが、オーナーが「ワシは佐々木派」、とコメントしたことから今年の広島は確実性を狙うよりも、佐々木や奥川の重複に参加する可能性も考えられるが、佐々木監督に変わった広島は即戦力投手を望んでいるということから1位は森下の可能性も。

また、一昨年、昨年、と野手を獲得した広島の今年は投手を1位で狙うと予想されるが、後はFA選手の動向次第では、捕手や内野手のさらなる補強もありそうだ。

巨人・ドラフト候補2019

巨人の今年の1位は、甲子園、U18が始まる前までは大船渡の佐々木が特Aランクで1位の筆頭候補だったがU18が終わり野手では石川を最上位候補にリストアップ、奥川の評価も上がったと思われ今後の展開が待たれる。

現段階では、U18後の佐々木と奥川の評価は変わらないという巨人だが、佐々木の評価は変わらなくても奥川の評価は上がったはずで、巨人が佐々木から奥川にシフトチェンジしたのかに、今年の巨人のドラフトは注目したい。

DeNA・ドラフト候補2019

今年のDeNAの補強ポイントは、エース候補の先発右腕、将来の4番候補、捕手、遊撃手を挙げるが、筒香選手のメジャー行きを考えると、そろそろ筒香の後釜である4番を育てたい事を考えれば、今年の1位は策士ラミレス監督なだけに、人気投手の重複には参加せず東邦の石川や、、もしくは今年のナンバーワンショートと評価が高い森狙う可能性もあると予想、投手を狙うとすれば佐々木だろうか。

阪神・ドラフト候補2019

阪神の今年のドラフトは、捕手を穫ることを明言したことから、高校生から星稜の山瀬、中京の藤田、智弁和歌山の東妻、大学生捕手は海野、郡司、佐藤都志也に注目したいが、

履正社の井上外野手は、地元選手ということで上位で狙う可能性も、投手は佐々木、奥川、森下でまだ迷っている段階だと思われるが、現段階では星稜の奥川と東邦の石川の1位が最有力と予想される。

ヤクルト・ドラフト候補2019

10/15→1位に奥川を公表

今年のヤクルトは、2位以下でも投手中心のドラフトが予想されるが、バレンティンの動向次第では年齢層が一番高い外野手の補強も考えられ、今年のドラフトは投手中心で狙い、中位で履正社の井上の獲得も面白そうだ。

中日・ドラフト候補2019

10/16→1位公表→石川

ドラゴンズの今年の1位は、現段階では星稜の奥川、外せば地元の東邦の石川、もしくは東海理化の立野が本命候補に挙がってきそうだ。

また、野手では東邦の石川、履正社の井上に注目しており、井上外野手については右膝のクリーニング手術の影響を、見極めながら注目しているとコメントしているが、

今年のドラゴンズのドラ1筆頭は奥川、そして地元枠の石川と立野になってきそうだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする