ソフトバンク・期待の若手ブレイク候補2019!次世代の注目選手は

2019年、ソフトバンクホークスのブレイク選手予想、次世代の主力候補、来季の期待の若手に、甲斐野 央(22)、古谷優人(19)の2名の投手をピックアップ。

また、昨年はホークスのトッププロスペクト、期待の若手に、笠谷俊介、栗原陵矢、茶谷健太の3選手、ホークスのプロスペクトTOP3に、この3選手をノミネートしましたがこの3名の選手は1軍への出場は果たしたものの、まったくといっていいほど結果を残すことは出来なかった。

しかし、今季こそ、笠谷俊介、栗原陵矢、茶谷健太の3名はブレイクに期待がかかるものの昨年選んだことから今年のブレイク候補からは外したい。

ソフトバンクホークス・ブレイク予想

今年のソフトバンクの注目選手は、なんといっても2018年のドラ1、甲斐野 央ではないだろうか。

その甲斐野投手はMAX159キロ、大学最速右腕の触れ込みで即戦力候補のクローザー、ホークスの中継ぎの救世主に期待がかかる。

また、もう一人は古谷 優人を選んだが、2017年シーズンに胸郭出口症候群を発症し現在は投薬治療を行いながら調整している左腕で最速は154キロ、左腕で150キロを投げる投手は貴重なだけに、今年の飛躍に期待がかかる投手の一人として注目が集まりそうだ。

甲斐野 央

甲斐野 央(22)、投手、2018年ドラフト1位、187cm、86kg、右投げ左打ち

大学生最速、MAX159キロ右腕はすでにブルペンでは150キロ近い速球を投げ込み1軍キャンプ入りが決定しているが、大学屈指のリリーバー、プロでも即戦力候補なだけに、近年、ソフトバンクの登板過多気味である中継ぎの救世主としても期待がかかり、中継ぎ投手として新人王を獲得出来るのかにも注目が集まりそうだ。

古谷 優人

古谷 優人(19)、投手、2016年ドラフト2位、175cm、45kg、左投げ左打ち

昨季は1軍出場は無くファームで5勝2敗、防御率3.81の成績を残したが、最速は154キロとポテンシャルは高い。

また、19才と若く今季の飛躍に期待したいが数年後には1軍に出てくる選手の一人として今年は注目したい。



2018年ブレイク予想・結果

笠谷俊介、2014年ドラフト4位、173cm、72kg、左投げ左打ち、投手

(2018年1軍成績:0勝1敗、防御率7.04)

今季のファームでの成績は、18試合に登板し1勝0敗、防御率は3.05、20.2回を投げ30三振と、13.06の奪三振率をマーク。

杉内二世の笠原のこれまでは故障を含め球速に伸び悩んでいたが、今季のシーズン前は和田に弟子入りを志願し徹底的に身体を鍛え抜くと、伸び悩んでいた球速も上がり140キロ中盤をコンスタントに投げれるまでにレベルアップしていたが、

プロ3年目で向かえた初の1軍西武戦では、西武の主砲、浅村、山川から連続三振、メヒアをピッチャーゴロに抑え完璧なデビュー戦を飾った。

今季の1軍での成績は、3試合の登板に終わり1ホールド1HP、3.1回を投げ5奪三振と、日本シリーズでの出場選手資格の40人の枠にも選ばれ、来季にの新人王候補の一人に名を挙げた来季期待の若手の筆頭候補だ。

栗原陵矢、2014年ドラフト2位、177cm、72kg、右投げ左打ち、捕手

(2018年1軍成績:打率.111、0本、0打点)

甲斐拓也捕手(25)に続けるか?に期待がかかる栗原捕手は、今季の2軍では打率271の成績を残したが、1軍ではノーヒットと育成出身の甲斐に敗れてしまった。しかし、もともと肩も強くウエスタンではリーグ新となる一イニングで3刺殺を記録するなど残る課題は打撃力UP。自信も打撃力UPを痛感しているといい、鶴岡選手がいなくなる来季はチャンスも増え期待がかかる来季期待の若手候補の1人だ。

茶谷健太、2015年ドラフト4位、185cm、85kg、右投げ右打ち、内野手

(2018年1軍成績:1試合、2打数1安打、打率.500、0本、0打点)

最速145キロを投げる投手だったが、ホークスでは野手としてのセンスを買われサードや遊撃を守る内野手として育成され、現在はアジアウインターリーグに派遣され9日現在の成績は打率194の成績を残している。

また、今季のファームでの成績は66試合に出場し打率247、本塁打1本と成績は物足りないが愛称、茶ゴジラ(茶谷健太・背番号55)のコーチからの期待は高い。

打撃の飛距離とインパクトの強さがあるとホークススカウトから評価された茶ゴジラは、プロ3年目の来季はいよいよ勝負の年となりそうだが、来季はそこで開花することが出来るか?に期待がかかる勝負の年、1年となりそうだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする