日本ハム・期待の若手ブレイク候補2019!次世代の注目選手は?

2019年プロ野球、日本ハムファイターズのブレイク選手予想、次世代の主力選手、ブレイク候補に、清宮幸太郎(19)、吉田輝星(18)の2名の10代コンビをピックアップ。

また、昨年は、次世代の主力候補に清宮幸太郎を選び、他からは上原健太、石川直也、横尾俊建、の3名、計4名の選手をブレイク候補に選んだが、清宮は1年目から打率は2割だったものの本塁打は7本と1軍でも持ち前の長打力を発揮した。

また、石川直也投手は貴重なクローザーとして大ブレイク、上原健太投手も1軍で4勝と大きく飛躍し、横尾俊建野手も打率.207ながら9本塁打と、昨年にブレイクを予想したこの3名の選手は大きく飛躍したことから、今年のブレイク候補からは外したい。

2019日本ハム・ブレイク予想

今年も昨年に引き続きブレイク候補に清宮幸太郎を選びたいが、今年は高卒2年目ながら主力として開花する可能性が期待できる年になってきそうだ。

また、同じく高卒ドラ1として日本ハムに入団した吉田輝星のプロ1年目の成績にも注目が集まりそうだが、清宮幸太郎はプロ2年目で大きく開花していくのだろうか?吉田輝星のストレートは、プロでも通用するのだろうか?!

清宮幸太郎

清宮幸太郎(19)、内野手、2017年ドラフト1位、175cm、84kg、右投げ右打ち

清宮選手はゴーイングでの赤星氏との対談の中で、昨年の印象に残るホームラン、赤星氏が絶賛したホームランは何号か?というクイズに、清宮はソフトバンク森から打った6号ホームランを挙げていたが、赤星氏も清宮と同じく前回三振を食らっていた森のチェンジアップを打ち本塁打にした6号の打撃をプロでの成長を感じていたと絶賛し、清宮本人も赤星氏の指摘に驚きと感激を表していたが、高卒1年目ながらプロの変化球にも対応を見せた清宮の2年目は本塁打の量産が予想される。

吉田輝星

吉田輝星(19)、投手、2018年ドラフト1位、184cm、100kg、右投げ左打ち

キャンプ前にもかかわらず、投げ込みでは130キロ後半とも140キロ台とも、そして2月のキャンプでは早速の150キロ超えも期待されているほど現段階では早いほど順調に仕上がっているが課題は変化球、江川氏が吉田輝星の活躍のために、チェンジアップを覚えた方が良い、と指摘していたが、コントロールは良いだけに直球を生かすためにスライダーの精度を上げ、チェンジアップをものに出来るのかに、吉田輝星のプロ1年目はかかってきそうだ。



2018年ブレイク予想・結果

清宮幸太郎、2017年ドラフト1位、184cm、100kg、右投げ左打ち、内野手

(2018年1軍成績:打率.200、7本、18打点)

清宮幸太郎選手については、いまさら打撃がどうこうという選手ではない、事実は高校生最多本塁打数111号を記録した、歴代高校生の過去No1スラッガーとして日本ハムがどういう風に清宮を育成してくれるのかが、日本全国民共通の思いではないだろうか。

まずは、オープン戦の結果を見守りたい選手だ。

石川直也、2014年ドラフト4位、191cm、85kg、右投げ右打ち、投手

(2018年1軍成績:1勝2敗19セーブ、防御率.2.59)

今季の1軍成績は37試合に登板し、0勝1敗7ホールド、防御率防御率は4.35。二軍成績は11試合に登板し、2勝1敗、防御率は3.13。

プロ3年目の石川投手の今季は、中継ぎとして開幕1軍に入り経験を積み育成されていたが、リーグ後半からは来季を睨み先発で起用された。

その石川投手はポスト大谷の期待が高い。その大谷投手は来季からメジャーが決まり、その空いた先発枠にポスト大谷の石川が滑り込めるのか、チャンスを掴むことが出来るのか、に期待がかかる来季ブレーク候補の筆頭候補だ。

上原健太、2015年ドラフト1位、190cm、83kg、左投げ左打ち、投手

(2018年1軍成績:4勝0敗、防御率.3.13)

上原健太投手については、プロ2年目の今季は新人王の資格も有していたため、新人王もあるのでは?と予想していたが今季の1軍での成績はまさかの、9試合に登板し1勝5敗、防御率6.23の成績だった。

また、7月に今季初の1軍先発マウンドに上がるが7月の計5登板では打ち込まれた。しかし、8月の3登板では投球内容を修正していき西武戦では5回0失点で今季初勝利も見せた。

その後の9月の楽天戦では3回4失点と打ち込まれたが、今季1軍での経験は来季に生きてくるはずだ。

横尾俊建、2015年ドラフト6位、177cm、90kg、右投げ右打ち、内野手

(2018年1軍成績:打率.207、9本、24打点)

プロ2年目の今季は1軍で50試合に出場し経験を積んだ。成績は打率239、本塁打7、打点20だったが、8月27日に初本塁打を放つとそこから約30試合で7本のホームランを量産し、覚醒したスラッガー。

本職はサードだが、今季の日本ハムのウイークポイントであったセカンドを後半戦は守ったがファーストも外野も守れるユーティリティープレーヤー。

プロ3年目の来季は、今季の活躍から一気にブレイクしていく可能性、期待値は日本ハムNo1かもしれない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする