広島カープ・期待の若手ブレイク候補2020!次世代の注目選手は?

2020年、広島カープのブレイク選手の予想、次世代の主力候補に、小園海斗(19)、山口翔(20)の投打の2名をピックアップ。

また、2019年のブレイク候補に小園海斗、床田 寛樹の2名、2018年は中村祐太、高橋昂也、坂倉将吾、中村奨成の4選手をブレイク候補にピックアップしましたが、

今季のブレイク候補には過去に挙げた選手から引き続き、小園海斗選手を大本命に挙げたいと思います!

2020広島カープのブレイク候補

昨年、高卒ルーキーながら1軍で大きな経験を積み4本の本塁打を放つなど今季の開花の兆しを見せた小園海斗選手を今季広島カープのブレイク枠ではNO1の候補に、

投手からは、今季ローテ入りへの期待がかかる、昨年ファームでは6勝6敗の成績を残し、1軍でプロ初勝利を挙げた山口翔をブレイク候補に、

また、即戦力候補NO1のドラ1森下投手はルーキーながら1年目での二ケタ勝利に期待がかかりますが、

今季の広島カープのブレイク候補は、プロで経験を積んだ選手として小園海斗と山口翔、この投打の2名に注目したい。

小園海斗

昨年は、1軍で58試合に出場し球団の高卒新人記録を塗り替える4本のホームランを放つなど今季はレギュラー奪取へ期待がかかる。

今季広島カープのブレイク候補NO1の選手は小園海斗内野手を挙げたい。

山口翔

2017年のドラフト2位、昨年は救援で初の1軍を経験すると何と初先発で7回2死まで無安打投球の快投でプロ奴勝利を掴んだ。

(1勝3敗、防御率4.85)

昨年の1軍での先発勝利の経験を生かすことが出来るのか、今季は投手のブレイク候補として注目したい。

2019広島ブレイク予想・結果

以下は、2019年の記事です。

今年の広島カープの注目選手は、何といっても小園海斗内野手(18)ではないでしょうか。その小園選手は高卒ながらプロ1年目での成績に注目が集まりそうだが、投のもう一人の注目選手は床田 寛樹(18)、今季はトミージョン手術からの復活に期待がかかる。

結果→小園海斗(2019年成績、打率.213、4本、16打点)

以下は、2019年の記事です。

2018年度の高校生NO1内野手、一昨年のU-18ワールドカップでは2年生ながら代表に選ばれると木製バットに対応し打率は3割をマークした天才打者、即戦力候補の高校生だけにプ1年目の成績に期待がかかるが、広島カープはまずは下で育成するはずだ。

しかし、プロ1年目からファームでどんな成績を残すのかにも注目したいが、昨年、楽天にドラ6で指名された西巻内野手は、高校生ながら1軍で25試合に出場すると打率247の成績を残したことから、小園海斗にも高卒1年目で打率250は超える可能性が期待され、今季の成績が注目されそうだ。

結果→床田 寛樹(2019年成績、7勝6敗、防御率2.96)

以下は、2019年の記事です。

今季は春季キャンプでは1軍に抜擢され、プロ1年目でのトミージョン手術からの復活に期待がかかり、今季はローテーション入りも期待されるプロ3年目の左腕は今年のブレイクに期待がかかる若手有望株の投手の一人として注目が集まりそうだ。



2018広島ブレイク予想・結果

中村祐太、2013年ドラフト5位、182cm、80kg、右投げ右打ち

(2018年:3勝4敗、防御率6.04)

ここ数年は肩の故障に悩まされていたが、プロ4年目の中村の今季は、1軍で初勝利を含む5勝を上げた広島カープのプロスペクト1位に選ぶ次世代のエース候補。

速球は140キロ前半とスピードは速くないが、伸びのあるストレートにブレーキの利いたカーブ、キレのあるスライダーを織り交ぜ緩急で勝負する技巧派右腕、癖のないキレイなフォームから投げる速球は球速以上にスピードを感じ切れるスライダーと緩急を使い三振を量産する投球、来季はさらにフォームを固め安定させ、後半増えた一発を減らしコントロールがもうワンランク挙がると先発ローテ入りも見えてくる。

高橋昂也、2016年ドラフト2位、181cm、87kg、左投げ左打ち

(2018年:1勝2敗、防御率9.43)

昨年のドラ2、高橋は2軍で7試合を投げ2勝0敗、防御率は1.29、ファームの日本選手権では6回2失点の好投を見せた。

その高橋の今季1年目は下でじっくり身体を作りプロの土台を築いていた将来の広島の左腕エース候補だが、2年目の来季は一気に3年目につなげる飛躍の年となる1年になる可能性を秘めている。

左腕不足の広島の救世主になりえる未来の主力候補、エース候補の左腕、高橋昂也だ。

坂倉将吾、2016年ドラフト4位、176cm、82kg、右投げ左打ち

(2018年1軍成績:打率.250、0本、1打点)

(2018年2軍成績:打率.329、4本、29打点)

今季はファームで99試合に出場し、打率は298、本塁打1、打点34、盗塁13と、プロ1年目の高卒捕手としては100点満点の1年を過ごしたのではないだろうか。

高校通算25発の長打力は今季は発揮できなかったが、プロで身体を作り筋力が付いてくれば、ミート力さえあればおのずと本塁打数は増える。その坂倉の1年目は2軍ながら3割近くの成績を残し、打撃よりもプロの捕手として学ぶことが多かったはずだが、高い打撃力も見せており首脳陣からは打撃もさることながら捕手としての守備は社会人見たいと絶賛され、間違いなく将来の広島の1軍捕手、正捕手候補の若手No1捕手だったが、ドラフトではタイプが被る中村の獲得で広島の正捕手争いは過熱していきそうだが、坂倉は1年の長がある。

それを生かせるのかにかかる来季になってきそうだ。

中村奨成、2017年ドラフト1位、181cm、76kg、右投げ右打ち

(2018年2軍成績:打率.201、4本、16打点)

捕手では珍しい走攻守の三拍子が揃ったスラッガー、今年の甲子園では大会記録の6本塁打を放ち清原氏の甲子園記録を抜き、一気にスーパースター、スターダムへの階段を駆け上がった地元広島の中村奨成。

1年目は坂倉捕手と同じ育成方法の道をたどりそうだが、守備、キャッチング、肩で飯が食える捕手になる可能性は高い。巨人で言えば小林だが、例え打てなくても守備で見せることが出来る捕手に、しかしここに打力が加わると球界を代表する捕手となってくる。

阿部二世に育つのか、古田二世に育つのか、それともまだ見ぬトリプルスリー捕手に育つのか、それとも噂されている将来はサード候補なのかと、楽しみな選手として来季の広島の顔として広島のプロスペクト選手にノミネートした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする