オリックス・ドラフト指名予想2018~獲得候補選手一覧

オリックス・バファローズが狙うドラフト候補は?2018プロ野球ドラフト会議・最新情報!

昨年のドラフトは他球団が清宮に集中する中、オリックスは確実に即戦力左腕の田嶋を1位で指名し獲得に成功した。また、2位でも即戦力候補の鈴木を指名し、即戦力候補の投手のW取りに成功したオリックス。

しかし、評価が高かった安田や藤岡に山崎の内野手の獲得が出来なかった昨年のドラフトから、今季は上位で内野手を狙ってきそうな予感も漂うオリックス、はたして、オリックスの今秋のドラフト戦略はどうなっているのだろうか?

今秋のドラフト1位は、高校生野手指名のサプライズドラフトが巻き起こるのだろうか?

昨年は多数の方が当記事を読んで下さりありがとうございました。今年も、オリックスが注目している選手をまとめて行きたいと思います。

※最新情報が入り次第、随時更新していきます。

オリックス・ドラフト予想2018

 10月24日現在:ドラフト中間予想

1位→小園海斗(公表)

指名候補 1位 2位 3位
オリックス
 

小園海斗 小島 和哉 渡辺勇太朗
柿木蓮 高橋 拓巳
太田 椋 岡野 祐一郎
辰己 涼介 山下 航汰
齋藤 友貴哉 柿木蓮
 清水 昇 太田 椋
野村 大樹 齋藤 友貴哉 
  高橋 優貴 引地 秀一郎
  野村 佑希 清水 昇
    笹川 晃平
外れ1位 4位以下
梅津 晃大 増田 陸
松本 航 引地 秀一郎
上茶谷大河  石橋 康太
東妻 勇輔 松井義弥
甲斐野 央 市川 悠太
垣越 建伸

※12球団のドラフト1位予想はこちらへ

2018年ドラフト会議でセリーグ・パリーグの12球団が狙う候補選手は?高校生・社会人・大学生のすべての中から誰が1位指名されるのか!根尾、藤...

オリックス・ドラフト会議シュミレーション

10月24日現在:中間シュミレーション

(随時入れ替えていきます)

 オリックス・ドラフト会議 中間シュミレーション
1位入札  小園海斗
外れ1位  東妻 勇輔・上茶谷大河
松本 航・柿木 蓮・・松本 航
2位  高橋拓巳・小島 和哉太田 椋
野村 大樹・辰己 涼介・齋藤 友貴哉
高橋 優貴・野村 佑希・野村 大樹
3位  渡辺勇太朗・高橋拓巳・清水 昇
万波 中正
4位以下 増田 陸・石橋 康太・垣越 建伸



オリックス・ドラフト最新情報

オリックス・上位指名候補一覧

赤字はオリックスの評価が高い選手です。

   オリックスバファローズ・上位指名候補
左投手 山田 龍聖
(高岡商)
小島 和哉
(早大)
鈴木 翔天
(富士大)
高橋拓巳
(日本生命)
 高橋 優貴
(八戸学院大)
垣越 建伸
(山梨学院)
右投手 上茶谷大河
(東洋大)
渡辺勇太朗
(浦和学院)
松本 航
(日本体育大)
吉川峻平
(パナソニック)
東妻 勇輔
(日体大)
齋藤 友貴哉
(Honda)
柿木蓮
(大阪桐蔭)
 清水 昇
 (国学院大)
内野手 根尾 昂
(大阪桐蔭)
小園 海斗
(大阪桐蔭)
太田 椋
(天理高)
野村 大樹
(早大)
増田 陸
(明秀日立)
外野手 藤原 恭大
(大阪桐蔭)
辰己 涼介
(立命大)
万波 中正
(横浜)
野村 佑希
(花咲徳栄)
笹川 晃平
(東京ガス)
捕手 石橋 康太
(関東一)

オリックス・スカウト最新情報

10.24

オリックスが、1位指名に報徳の小園を公表した。

10.3

古屋編成部副部長→小島 和哉を、小島真っ直ぐにキレがあって、チェンジアップも良かった、上位で消える。

10.3

谷口スカウト→小園 海斗を、やっぱりいい、足がある、広角に打てる、1位候補。

9.26

齋藤 友貴哉を、間違いなく能力は高いが、崩れたときに修正しにくい感じがするとコメントした。

8.13

渡辺勇太朗を右の本格派、上背があってまっすぐに角度とキレがある、将来性豊か、大きく育つ可能性があるとコメントした。

7.19

山田龍聖を視察したオリックスは、体の力と馬力がある、持っているものはいいと評価。

7.17

太田 椋を、凄い本塁打、巨人の坂本のようなスケールの大きな選手になってくれたらと絶賛した。

6.12

辰己 涼介を、走攻守が高いレベル、イチローみたいなタイプと絶賛した。

5.28

高橋 拓巳を視察、真っ直ぐで空振りが取れるのはいいと評価した。

5.6

松本 航を視察し、四球を出さない、広島の野村に似ていると評価。

5月

藤原 恭大について、総合面でNo1と評価していたが、この日は物が違う、どの球でも対応できると絶賛した。

5月

上茶谷大河を視察した古屋編成部副部長は、上茶谷の潜在能力を絶賛した。

4.30

吉川俊平をこれからもっと調子があがってくるんじゃないかな、とコメントした。(メジャーへ)

4月

上茶谷大河を視察したオリックスは、ストライク先行で投げる精神的な部分を高評価。また、梅津晃大については腕の振りがエンゼルスの大谷みたいと評価した。

3月

センバツを視察したオリックスは、根尾 昂について全部がトップレベル、ピッチャーでも今大会ではTOP3に入る、まだ伸びしろが有り松井稼頭夫タイプで1位候補でしょうと絶賛した。また、柿木蓮についてはフィニッシュが強く、球に指がかかり球のキレ、角度を評価した。

オリックス・ドラフト注目選手

オリックスの今年の注目選手には、外れ1位以下での指名が予想される早実のサード野村大樹、投手からは3位前後での指名が予想される、清水 昇、齋藤 友貴哉、垣越 建伸、鈴木 翔天に注目したい。

野村 大樹

体幹がしっかりしている野村は、身長が低いがパリーグ向きの高校通算68本のスラッガー、小谷野の引退に伴い、サードを育成するなら獲得したい選手だ。

高橋 優貴

大学通算300奪三振を達成した八戸学院大の奪三振マシーン、中位で左腕の獲得を狙うなら高橋が筆頭候補の人気選手になりそうだ。

清水 昇

完成度が高いMAX151キロの本格派右腕、試合を作れる上位候補の一人で、3位で狙いたい選手、他球団との争奪戦になりそうだ。

齋藤 友貴哉

MAX153キロの大型右腕、まだ荒削りだが上位候補の一人で今秋のドラフトでは先発投手ドラフト上位指名候補の一人になってきそうだ。

垣越 建伸

高校性からは身長183cm、MAX146キロの大型左腕、将来性豊かな垣越は4位以下でオリックスの指名順に残っていれば必ず獲得したい選手に。

鈴木 翔天

185cm、80kgの、右の本格派の大型右腕、西のFAに備え獲得したい右腕の一人になってきそうだ。

オリックス・ドラフト展望

今秋のオリックスのドラフトは、西のFAに備え即戦力の先発を獲得したい、また、遊撃手からは大阪桐蔭の根尾に、報徳に小園、中位以下からも天理の太田に、明秀日立の増田など、今年のドラフトはショートに注目選手が多数いることから、昨年獲得出来なかった遊撃手を獲得したいが、小谷野の引退に備えサードの野村大樹も面白い。

先発投手は、2位以下での指名が予想される、リリーフタイプの日体大の東妻 勇輔、ホンダの齋藤 友貴哉、国学院大の清水 昇、左腕からは早大の小島 和哉、富士大の鈴木 翔天、山梨学院の垣越 建伸は各球団との争奪戦になっていそうだ。



2018年ドラフトの最新情報が入り次第、随時更新します。

オリックス・ドラフト予想2017版

※以下の記事は昨年に予想した記事になります。

オリックス・ドラフト中間予想

指名候補 1位 2位 3位
オリックス 田嶋 大樹 宮台 康平
東 克樹 西浦 颯大
外れ1位 宮本 丈 山崎 剛
安田 尚憲 宮台 康平 岩見 雅紀
草場 亮太 増田  珠 本田 仁海
鍬原 拓也 村上 宗隆
岩見 雅紀 草場 亮太 岡田 和馬
 山崎 剛  3位以下
  鍬原 拓也 中山 匠
岩見 雅紀 山本 拓実
鈴木康平 高木 歩
片山 翔太
金久保 優斗
4位指名
田中 耀飛

オリックス・ドラフト会議シュミレーション

10.24現在:ドラフト中間シュミレーション

 オリックス・ドラフト会議 中間シュミレーション
1位入札  清宮幸太郎・田嶋 大樹安田 尚憲東 克樹
外れ1位  中村 奨成鍬原 拓也宮台 康平・草場 亮太
2位   宮本 丈・村上 宗隆・宮台 康平藤岡 
増田 珠・鈴木 康平岡田 和馬・岩見 雅紀
3位  前野 幹博・西浦颯大・桜井 周斗
山崎 剛・岡田 悠希・本田 仁海
4位以下 金久保 優斗・高木 歩中山匠・渡辺雄大
山本拓実・田中耀飛

オリックス・ドラフト最新情報2017

オリックス・上位指名候補一覧

赤字はオリックスの評価が高い選手です。

   オリックスバファローズ・上位指名候補
左投手 宮台 康平 東 克樹 川端 健斗(進学)
桜井 周斗 片山 翔太 金成 麗生(進学)
中山 匠 岡田 和馬 田嶋 大樹
渡辺 雄大
右投手 草場 亮太 鍬原 拓也 徳山 壮磨(進学)
本田 仁海 石川 翔 金久保 優斗
山口 翔 山本拓実 鈴木康平
内野手 安田 尚憲 山崎 剛 宮本 丈
清宮 幸太郎 前野 幹博
外野手 岩見 雅紀 増田  珠 西浦 颯大
田中 燿飛 高木 歩 岡田 悠希 (進学)
捕手 村上 宗隆 中村 奨成 猪田 和希(社会人)

オリックス・スカウト最新情報

10.24

オリックスがドラフト上位候補にトヨタ自動車の藤岡裕大内野手(24)をリストアップ。

10.16 日刊スポーツ

BCリーグ新潟の変則左腕、横手投の渡辺雄大(26)をリストアップしていることが分かった。

10.14 報知

1位は当日に決める、また、宮台投手はリストから外れた。清宮、中村、安田は候補に入っているとコメントする。

10.14 サンケイ

オリックスのドラフト隠し玉に、独立リーグの山本祐大捕手(19)が浮上。

10.13 スポニチ

独立リーグ、兵庫ブルーサンダーズ所属の、田中 燿飛外野手を隠し玉としてリストアップしていることが分かった。

10.1 スポニチ

清宮は1位候補では無いけど、面談には参加し、ポスティングに関しては容認の姿勢を見せている。

9.23 日刊

オリックスは1位を含めた上位指名は、投手を中心に指名する方針を球団内で確認。

清宮を指名するかは微妙なようだ。

9.22 スポニチ

清宮は、行くかどうかは別にして良い選手であることは間違いない。

9.20 日刊

上位指名を投手優先にする方針であることが19日に、わかった。

チーム関係者は特に左投手が欲しいと補強ポイントを挙げ、田嶋大樹投手や、今月上旬に長村球団本部長ら3人態勢視察した立命大の東克樹投手らを軸に検討していく。

9.4 デイリー

東 克樹を視察、左でトップクラスの即戦力、田嶋(JR東日本)と遜色ない。

8.18 日刊スポーツ

中村(広陵)をアマでNo1、ドラフト1位の12人。

6.23 スポニチ

大阪桐蔭との練習試合を視察、山本拓実投手(市西宮)のポテンシャルの高さを高評価。

6.22 サンスポ

オリックスの隠し玉に、キャプティ所属の中山匠投手が急浮上。

5.30 日刊スポーツ

清宮幸太郎、安田尚憲内野手、岩見雅紀外野手、山崎剛内野手をチェック。

4.28 サンスポ

ドラフト上位に、清宮幸太郎・宮台康平・安田尚憲をリストアップした。

3.3 スポニチ

片山 翔太左腕(東洋大)を、球持ちが良く出所が見えにくく、右打者の内角に投げる腕の振りが良いと絶賛。

オリックス・ドラフト展望2017

左腕、内野手、外野手、捕手とオリックスが何処を優先するのかがポイントになりそうな今秋ドラフトですが、中途半端に平均点ですべて揃えるよりは、どこか1つランクを落とし2,3選手を確実に狙う方が得策。

そこで1位指名で少数重複と予想される田嶋か東の特A左腕を

2位指名で守備はプロでレベルアップしてくれると期待をして、内野はすべてこなせる安打製造機の宮本or即戦力候補の藤岡、または和製大砲の岩見が取れると面白い。

また、今秋ドラフトは有力左腕が少なく、1位で確実に即戦力の特Aランクの左腕を獲得したいオリックスのドラフト戦略は田嶋か東の獲得になりそうだ。

また、春前には宮台選手にも注目しており、下位に残っていれば指名の可能性も。

最新情報が入り次第、随時更新します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする