オリックス・ドラフト指名予想2020~獲得候補選手一覧

オリックス・バファローズが狙うドラフト候補は?2020プロ野球ドラフト会議・最新情報!

昨年のドラフトは、1位で高校生スラッガーの石川昂弥内野手を狙ったが抽選で敗れ、外れ1位でも社会人NO1左腕候補の河野投手を狙うも外してしまい、外れ外れで高校生NO1左腕候補の宮城大弥投手を獲得したオリックス。

また、2位以下でも投打の高校生を2名指名するなど次世代の主力候補の育成に備えたオリックスでしたが、今秋のオリックスのドラフトは、どんな選手の獲得を狙うのだろうか?!

昨年も、多数の観覧ありがとうございました。

今年もオリックスが注目している選手、ドラフト情報をまとめて行きたいと思います!

今年のドラフト日は、10月26日(月)です

最新情報が入り次第、随時更新していきます。

オリックス・ドラフト予想2020

只今修正中です、今しばらくお待ち下さい

候補 1位 2位 3位
オリックス

外れ1位 4位以下

12球団のドラフト1位予想はこちらへ

2020年ドラフト会議でセリーグ・パリーグの12球団が狙う候補選手は?高校生・社会人・大学生のすべての中から誰が1位指名されるのか! ...

オリックス・ドラフト会議シュミレーション

只今修正中です、今しばらくお待ち下さい

赤文字は有力予想です

評価は現段階です、随時入れ替わります。

 オリックス・ドラフト会議 中間シュミレーション
1位入札 
外れ1位 
2位 
3位 
4位以下

オリックス・ドラフト最新情報

只今修正中です、今しばらくお待ち下さい

オリックス・上位指名候補一覧

赤字は評価が高い、または注目している選手です

   オリックスバファローズ・上位指名候補
左投手
右投手

内野手
外野手
捕手

オリックス・ドラフト展望

只今修正中です、今しばらくお待ち下さい

オリックス・ドラフト注目選手

只今修正中です、今しばらくお待ち下さい

オリックス・スカウト最新情報

只今修正中です、今しばらくお待ち下さい

オリックス・ドラフト予想2019版

以下は、2019年の予想です

オリックスドラフト結果2019

2019年プロ野球ドラフト会議の開催日程は、10月17日(木)の17:00予定。テレビ放送はTBS系列全国ネットで生中継予定です。 オ...

10月17日現在:オリックスドラフト中間予想

候補 1位 2位 3位
オリックス

佐藤 都志也 宮城 大弥
杉山 晃基 及川 雅貴
佐々木 朗希 井上 広輝 鈴木 寛人
石川 昂弥 柳町 前 佑囲斗
海野 隆司 河野 竜生 韮沢 雄也
勝俣 原澤
太田 龍
津森 宥紀
立野 和明
外れ1位 4位以下
海野 隆司 前 佑囲斗
佐藤 都志也 韮沢 雄也
河野 竜生 武岡 龍世
西 純矢 遠藤 成
宮川 哲 落合 秀市
立野 和明 玉村 昇悟
菊田 拡和
  白川 恵翔

オリックス・ドラフト会議シュミレーション

10月16日現在、中間シュミレーション

赤文字は有力予想です

評価は現段階です、随時入れ替わります。

 オリックス・ドラフト会議 中間シュミレーション
1位入札  佐々木郎希・石川 昂弥海野 隆司
外れ1位  西 純也・海野 隆司・佐藤 都志也
宮川 哲河野 竜生立野 和明
2位  佐藤 都志也・杉山 晃基・井上 広輝
太田 龍・立野 和明・津森 宥紀・柳町
3位  及川 雅貴・宮城 大弥・勝俣・原澤
4位以下 前 佑囲斗・韮沢 雄也・落合 秀市
武岡 龍世・遠藤 成・玉村 昇悟
菊田 拡和・白川 恵翔

オリックス・ドラフト最新情報

オリックス・上位指名候補一覧

赤字は評価が高い、または注目している選手です。

   オリックスバファローズ・上位指名候補
左投手 河野 竜生
(JFE西日本)
及川 雅貴
(横浜)
宮城 大弥
(興南)
玉村 昇悟
(丹生)
右投手

森下 暢仁
(明大)
杉山 晃基
(創価大)
太田 龍
(JR東日本)
奥川 恭伸
(星陵)
井上 広輝
(日大三)
立野 和明
(東海理化)
佐々木郎希
(大船渡)
津森 宥紀
(東北福祉)
西 純也
(創志学)
宮川 哲
(東芝)
 鈴木 寛人
(霞ヶ浦)
前 佑囲斗
(津田学園)
落合 秀市
(和歌山東)
立野 和明
(東海理化)
 白川 恵翔(池田)
内野手
石川 昂弥
(東邦)
遠藤成
(東海大相模)
武岡 龍世
(八戸学院)
韮沢 雄也
(花咲徳栄)
石川 昂弥
(東邦)
菊田 拡和(常総学院)
柳町 達
(慶大)
勝俣翔貴
(国際武道大)
 
外野手
捕手 海野 隆司
(東海大)
佐藤 都志也
(東洋大)

オリックス・ドラフト展望

今年のオリックスの1位は大船渡の佐々木の名前が挙がっているが、チームの補強ポイントは和製大砲候補のサード、となればずばりピンポイントの人材は東邦の石川、しかし二桁勝利は山岡だけとエース候補も欲しい、ということで今年の1位候補は将来のエース候補か4番候補かと予想されるが、ここに東海大の海野捕手も加わってくると予想するが、海野は外れ1位で狙う可能性も。

オリックス・ドラフト注目選手

今年の補強ポイントは長打力のある内野手、特にサードはレギュラー不在で出来るなら東邦の石川を狙いたいが1位ではないと獲得出来ないことを考えれば、今年は2番手で2位を狙えることから、1位は投手、2位は柳町や勝俣を狙うと予想すし、石川、柳町、勝俣の3名のサードに注目したい。

オリックス・スカウト最新情報

9.10

立野 和明(東海理化)→コントロールに苦しんでいる感じはするけどボールは良い、力があるね、上位候補になる、と評価した。

9.3

石川 昂弥(東邦)→野手が欲しい球団は上位じゃないと取れない、上位の評価は変わらない、とコメントした。

8.25

佐々木(大船渡)→奥川君と佐々木君は毎年出てくる投手じゃ無い、必ずチームの軸になる投手、と絶賛した。

8.22

佐々木(大船渡)→U18合宿初日、オリックスが異例のスカウト5人態勢で佐々木をマークした。

8.14

奥川(星稜)→少し体が重そうだが並の投手ではない、ステップ幅が狭くても150キロ出るのだから凄い、と評価した。

7.15

玉村 昇悟(丹生)→左でこれだけコントロールのある投手はなかなかいない、見る価値はあった、と評価した。

7.14

石川(東邦)→大型野手として勝負出来る、何処のチームも野手として評価してるのでは、センターから右方向へも大きな当たりを打てる、守備と足も問題ない、あのサイズでこれだけ動ければ問題ないと評価した。

6.23

井上 広輝(日大三)制球力もあり、ゲームを作れる投手、と評価した。

6.18

森下(明大)→いますぐでも欲しいくらい、球も全てにおいてレベルアップしている、勝負強くなった、勝ちきれる投手になった、精神的な成長を感じます、と絶賛した。

6.11

杉山(創価大)→排気量が違う、とコメントした。

5.11

落合 秀市(和歌山東)→スカウトがこれだけいても動じない、球はもちろん態度も良い、と評価した。

4.18

太田 龍(JR東日本)→潜在能力は素晴らしいものがある、暖かくなればもっと調子が上がってくるでしょう、と評価した。

3.12

河野(JFE西日本)→ドラフト上位に入ってくる、とコメントした。

3.5

海野(東海大)→海野君は通常の捕手位置で投げて二塁送球1.8秒だから凄い、捕手らしくどっしり構えるし、構えも低いから投手は投げやすい、と評価した。



オリックス・ドラフト予想2018版

以下は、2018年の予想です。

 10月24日現在:1位→小園海斗(公表)

指名候補 1位 2位 3位
オリックス
 

小園海斗 小島 和哉 渡辺勇太朗
柿木蓮 高橋 拓巳
太田 椋 岡野 祐一郎
辰己 涼介 山下 航汰
齋藤 友貴哉 柿木蓮
 清水 昇 太田 椋
野村 大樹 齋藤 友貴哉 
  高橋 優貴 引地 秀一郎
  野村 佑希 清水 昇
    笹川 晃平
外れ1位 4位以下
梅津 晃大 増田 陸
松本 航 引地 秀一郎
上茶谷大河  石橋 康太
東妻 勇輔 松井義弥
甲斐野 央 市川 悠太
垣越 建伸

オリックス・ドラフト展望2018

今秋のオリックスのドラフトは、西のFAに備え即戦力の先発を獲得したい、また、遊撃手からは大阪桐蔭の根尾に、報徳に小園、中位以下からも天理の太田に、明秀日立の増田など、今年のドラフトはショートに注目選手が多数いることから、昨年獲得出来なかった遊撃手を獲得したいが、小谷野の引退に備えサードの野村大樹も面白い。

先発投手は、2位以下での指名が予想される、リリーフタイプの日体大の東妻 勇輔、ホンダの齋藤 友貴哉、国学院大の清水 昇、左腕からは早大の小島 和哉、富士大の鈴木 翔天、山梨学院の垣越 建伸は各球団との争奪戦になっていきそうだ。

オリックス・ドラフト予想2017版

以下は、2017年の予想です。

10.24現在

指名候補 1位 2位 3位
オリックス 田嶋 大樹 宮台 康平
東 克樹 西浦 颯大
外れ1位 宮本 丈 山崎 剛
安田 尚憲 宮台 康平 岩見 雅紀
草場 亮太 増田  珠 本田 仁海
鍬原 拓也 村上 宗隆
岩見 雅紀 草場 亮太 岡田 和馬
 山崎 剛  3位以下
  鍬原 拓也 中山 匠
岩見 雅紀 山本 拓実
鈴木康平 高木 歩
片山 翔太
金久保 優斗
4位指名
田中 耀飛

オリックス・ドラフト展望2017

左腕、内野手、外野手、捕手とオリックスが何処を優先するのかがポイントになりそうな今秋ドラフトですが、中途半端に平均点ですべて揃えるよりは、どこか1つランクを落とし2,3選手を確実に狙う方が得策。

そこで1位指名で少数重複と予想される田嶋か東の特A左腕を

2位指名で守備はプロでレベルアップしてくれると期待をして、内野はすべてこなせる安打製造機の宮本or即戦力候補の藤岡、または和製大砲の岩見が取れると面白い。

また、今秋ドラフトは有力左腕が少なく、1位で確実に即戦力の特Aランクの左腕を獲得したいオリックスのドラフト戦略は田嶋か東の獲得になりそうだ。

また、春前には宮台選手にも注目しており、下位に残っていれば指名の可能性も。

2020年ドラフトは、最新情報が入り次第、随時更新します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする