ロッテが新外国人バティスタ獲得か!メジャー2年連続本塁打王穫りへ

井口監督2年目、千葉ロッテが来季の新外国人に、メジャー通算344発、フィーリーズのホセ・バティスタ外野手(38)の獲得を目指していることが分かった。

また、現段階ではバティスタ選手の動向を見守っている段階だが、FAとなれば即、獲得に乗り出す方針だという。

そのバティスタ選手は来年で39才だが、今季はメジャー3球団を渡り歩いたが13発を放っており、長打力は健在でメジャーでは2年連続の本塁打王を獲得したメジャー屈指のプルヒッターだ。

ホセ・バティスタ成績は

プロフィール

・ホセ・バティスタ(38)

・フィーリズ

・外野手

・右投げ右打ち

・183cm、92kg

タイトル

・本塁打王2回(2010年54本、2011年43本)

メジャー通算成績(15年間)

・1798試合、344発、975打点、打率.247、出塁率.361、OPS.836

2018年成績

・122試合、13発、48打点、打率.203、出塁率.348、OPS.727

2017年成績

・157試合、23発、65打点、打率.203、出塁率.308、OPS.674

2016年成績

・116試合、22発、69打点、打率.234、出塁率.366、OPS.817

丸、王柏融から撤退か?

バティスタ選手は、2006~2018年までの13年間で12度の二桁本塁打、2010年~2017年までの8シーズンで20本塁打以上を放ったメジャー通算344発の長距離砲、今季は3チームを渡り歩き13発に終わったが、昨年までは20発打っていた実績を考えれば、日本でも最低230~250、20~30発は期待できる選手で、メジャーの大スター選手が日本で見ることが出来ると考えれば、チャンスがあれば獲得して欲しい選手ですが、年齢は気になるところではあるが、1年だけのつなぎだとしても、例え全盛期が過ぎているとはいえNPBで見てみたい選手で、メジャーでは平均打率247と、打率は低いがプルヒッターの割には選球眼が良く日本向きかもしれない。

また、同じ外野手からは広島カープの丸選手の獲得情報が出ているが、5年20億円を準備し丸のFAに参戦という情報と、丸選手のFAでのマネーゲームから徹底するという情報が試行錯誤しているが、台湾のワン・ボーロン選手の獲得情報も流れており、ここにフィーリーズのホセ・バティスタ外野手穫りの情報が流れてきた。

はたしてロッテは、丸とワン・ボーロン選手から撤退し、バティスタ選手の獲得を狙ってくるのだろうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする