ソフトバンクが西武FA浅村を獲得調査へ!マネーゲーム辞さない

西武ライオンズの浅村栄斗選手の昨年は、年俸5000万円UPの単年契約、推定2億1千万円で契約、今季のFAを睨み複数年では無く単年契約を希望したと見られていたが、

ソフトバンクホークスが、西武ライオンズFAの浅村栄斗(27)内野手の獲得調査に乗り出していることが判明した。

しかも、マネーゲームは辞さないという本気度はMAXで、争奪戦になりどこまで年俸が上がるのかという位、ホークスの提示額は青天井かもしれない。

しかし、ソフトバンクは常々メジャーに負けない球団作り、そして年俸もメジャー選手並みにと言う構想を持っており、ホークスの孫会長もお金は出すが口は出さず球団の利益は全て球団や選手に還元というまさに理想のオーナー、そのソフトバンクは他球団との年俸のバランスを考慮してか現段階の日本人選手の最高年俸は柳田選手の5.5億円。

もしも浅村選手がFAすれば、オリックスや阪神は獲得に手を挙げてきそうだがソフトバンクはこれらの球団よりも提示額ははるか上を行くかもしれず、争奪戦は久しぶりの複数球団を巻き込んだ超、争奪戦へと発展していくことになっていくかもしれないが、巨人の参戦も噂され、その中心はソフトバンクホークスになっていくかもしれない。

ホークス、世代交代へ浅村取り

ソフトバンクは野手、投手共に高齢化が進んでおり、今はまさに主力選手が過渡期に差し掛かっている。

野手で言えば内川選手を筆頭に松田選手や長谷川選手に本多の内野手、また外野陣も過渡期に差し掛かっており浅村選手以外にも広島カープの丸選手も今後は補強対象に上がってきそうだが、松田や本多に内川選手に変わる世代交代を図れる内野手は、まさに西武ライオンズの浅村選手がドンピシャで必ず獲得の為に争奪戦になれば最高額を提示できる球団、となれば後は当人がどこを希望するのか、もしくは西武に残留するのかがポイントになってきそうだが、西武ライオンズは選手がFAで出て行くことが多く引き留めに提示出来る額がポイントになってくる。

しかし、西武も浅村選手はそうそうと流出させるわけにはいかないが、となれば、西武が引き留める事が出来るのか、争奪戦になれば資金は有るのか、もポイントになりそうだが、浅村選手がFA宣言すれば西武を含め何を優先するのか、西武への愛着、マネー、地元の阪神、巨人に行きたい?などなどが考えることが出来るが、ソフトバンクはそれらの肯定を覆す資金力を持っている。

はたして、もしも浅村選手がFAすれば、ソフトバンクがマネーゲームを制するのか?それとも西武に残留するのだろうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする