浅村栄斗が楽天にFA移籍決断か!ソフトバンクとオリに断りの連絡

西武ライオンズの浅村栄斗選手が、西武との残留交渉に挑み、宣言残留を認める西武は1回目の交渉で3年15億円の大型契約を準備していたが、二度目の交渉で4年20億円に上方修正、

他球団からはソフトバンクが4年25億円を提示、オリックスは4年16億円とも言われる条件を提示し浅村内野手の獲得を目指していたが、浅村内野手がソフトバンクとオリックスに断りの連絡を入れた。

これにより、浅村栄斗のFA争奪戦はソフトバンクが有利と思われていが、西武と楽天の一騎打ちとなり、西武へ残留か楽天へ移籍が濃厚に、しかし、ソフトバンクに他球団でプレーしたいという理由で断りを入れた浅村内野手は、この言葉を額面通りに通りに受け止めれば西武への残留ではなく他球団へ移籍、つまり断りを入れていない楽天入りが決定的になってきたと思われるが、今朝のスポーツ紙が流した浅村の楽天移籍が決定的になったとの情報に納得がいく。

浅村栄斗が楽天にFA移籍か

今年の夏場のペナント中に、早くもソフトバンクのFA浅村の獲得調査情報が流れていたが、当時はソフトバンクが巨額のマネーで獲得を狙う浅村選手のソフトバンク入りを疑わなかった。

また、主力選手の軒並みの高齢化に伴い、世代交代の過渡期に差し掛かってきたソフトバンクは5年振りのFA選手の獲得、そして大型補強に乗り出してくると見られ、さらにはマネーゲームも辞さなかったホークスは、ホークスよりも条件は低かった楽天に完敗、

また、オリックスも4年16億円の条件で浅村内野手を迎え入れる準備をしていたが、浅村内野手から交渉のテーブルに着いてもらうことすら出来ずに断られてしまった。

これは、浅村が慕っていた中島選手の自由契約や、年俸6億円からNPB史上最高額の5億円もの減俸を言い渡された金子投手の現状を目の辺りにした浅村選手にとっては印象が悪すぎたのかもしれない。

ソフトバンクとオリに断りの連絡

これまでソフトバンクは4年25億円の条件提示と言われていたが、16日の交渉で4年28億円を提示、つまり年俸7億円もの条件を浅村内野手に提示していたようだが、この好条件も及ばず、オリックスは交渉の席にすら着いて貰えなかった。

また、楽天は4年総額20億円以上の条件を提示したと言われているが、この計算だと年俸5億円で、ソフトバンクの7億円よりも2億円も安くなり、これを額面通りに受け止めれば浅村選手の条件は金ではないということになるが、ソフトバンクとオリックスに断りを入れた浅村選手のFA争奪戦はいよいよ佳境を迎えてきそうだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする