西武の浅村栄斗がソフトバンクにFA移籍か!オリと楽天も獲得調査へ

西武ライオンズの浅村栄斗選手が西武との残留交渉に挑むが、FA権を行使する意向といい、宣言残留を認める西武は3年12億円の大型契約を準備しているとも言われており、浅村選手の流出を阻止する。

しかし、ソフトバンクを筆頭に楽天やオリックスも獲得調査を行っており、さらには阪神タイガースも浅村選手の動向を探っていると言われ、原巨人の動きも気になってくるが、仮定の話をすればソフトバンクが4年20億円、5年25億円での大型契約を提示するのでは無いかと予想され、西武も4年20億円などの好条件を提示出来れば、西武ファンだったと公言した浅村の西武残留の目が見えてくる。

浅村栄斗がソフトバンクにFA移籍か

今年の夏場のペナント中に、早くもソフトバンクのFA浅村の獲得調査情報が流れたが、主力選手の軒並みの高齢化に伴い、世代交代の過渡期に差し掛かってきたソフトバンクは5年振りのFA選手の獲得、大型補強に乗り出してくると見られ、さらにはマネーゲームも辞さないといい、選手に年俸を惜しまないソフトバンクは、浅村選手の獲得に4年20億円~5年25億円の年俸を提示することが予想される。

また、オリックスもすでに獲得調査を行っており、阪神は撤退の動きを見せるも現状は未確定、水面下で動いていることは予想されるが、ここに楽天も獲得に手を挙げてきており、もしも浅村選手がFA権を行使すれば大争奪戦に発展することが予想されマネーゲームも青天井になってくることが予想される。

巨人は獲得に動かないのか?

あくまでも憶測だが、巨人は広島の丸、西武の炭谷捕手の獲得情報が流れているが、オリックスの西投手の獲得の可能性も考えられる。

さらには、カミネロの退団とマシソンの怪我の状態次第にかかわらず、今季巨人が失速した原因である中継ぎ投手の整備不足、危機管理補強が出来なかった今季は、マシソンとカミネロの離脱で、シーズン後半は一気に勝負出来る状態では無くなったことを考えれば、原第二次政権時と同じように外国人6人~8人体制、どの選手が故障しても代わりの助っ人が2軍に待機している状態に、という補強を考えれば来季の新外国人の年俸と、FA選手の獲得の費用を合わせれば浅村選手まで獲得出来る資金が足りなくなると思われ、丸選手の獲得次第になってきそうではあるが、巨人は浅村穫り、まで手が回らない状況だと思われるが、

原第三次政権に伴い今オフの大型補強が予想される巨人だけに、時期が来れば巨人の名前も浮上してきそうだが、浅村はFAするならソフトバンクか、西武残留が現段階では可能性が高そうだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする