由伸巨人では若手は育たない!見据えるのは今だけの育成放棄

阿部慎之助内野手が膝の負傷により登録抹消されたが、23日付け公示で中井選手の1軍昇格が発表された。中井選手のこれまでの成績を考えると、そして最近での中井選手の成績を考えると(2軍6月成績.打率250.OPS597)尚更、なぜ中井選手を1軍に上げてきたのだろうか..

スポンサーリンク

育成放棄の巨人軍、見据えるのは今だけの仲良し采配

ファースト専の左打者、阿部選手の離脱により本来であれば阿部選手の変わりに1軍に上げる選手は打てる左打者がポイントのはずだ。そして阿部選手がファーストということで、中井選手を上げるのであれば、右バッターだが外野とファースト、サードを守れる岡本選手を育成も兼ね1軍へ上げても良かったのではないだろうか。(岡本選手2軍6月成績、打率303.OPS986)

中井選手はセカンド、ファースト、外野を守れることからいわゆるユーティリティープレイヤーの便利屋として1軍に上げてきたのだろうが、本来の上げるポイントはそこではないはずだ。そして2軍でも打てていない守備でも一応守れるというレベルの中井選手を上げてきたことに、高橋監督の温情、自分の好きな選手を使うといういわゆる監督枠で上げたという起用法にしか感じられず、本来のポイントである左打者の2軍で好調の立岡を上げたり、育成も兼ねて同じく2軍で好調な岡本をファーストも空いたことから昇格するという育成面も考えた采配が見えてこない由伸巨人軍だ。

中井選手を上げた意図にも、将来の巨人軍の為に若手選手の底上げのためや1軍での育成を兼ね岡本や吉川尚選手を上げるなどの、育成をするという考は高橋監督にはないことが解ったが、采配するのは監督でスタメンを決めるのは監督だ。しかし、そこへアドバイスするヘッドコーチはいないのだろうか。それともこんな行き当たりばったりな采配を、高橋監督に全権任せているのだろうかと疑問に残る。

ドラフト1位の選手の扱いが軽すぎる巨人軍

2軍で打てないから1軍では使えないって声を良く聞くが、1軍で経験させないからいつまでたっても2軍で打てないわけで、2軍で打席を与えてファームで育てればいいなんて起用法をしていれば、それこそ2軍の選手になり2軍の帝王となりいつまでたっても2軍でしか打てない2軍選手にしか育たない。

阿部選手が離脱した今こそファーストと左翼が空いている巨人軍は、まさに今が2軍でHRを打ち6月の打率は3割OPS1近い調子が上がってきた岡本を1軍へ上げるタイミングで、まさに今が岡本選手の育成時期なのだが、2軍で6月250の中井を上げたのかが高橋監督の岡本を育成する気持ちはなく、自分の好きな選手をあげ仲良し采配にしか感じられず、このままだと読売巨人軍の将来を左右する起用法で今後の巨人軍が心配だ。

岡本選手はドラフト1位で獲得した将来の大砲候補という他の1位とは違う重いドラ1のはずで、球団を上げての育成プロジェクトを敢行しなければならない選手のはずだ。そんなドラ1の岡本選手の扱いは1軍に上げても数試合で2軍へ落とすという軽すぎる扱いで、大田選手の二の舞にならないか心配だ。

中井選手昇格には、もちろん妥当と考える人もいると思うし私の考えが絶対とは言わないが、しかし2軍では本来のポイントである左打者の立岡選手が絶好調で打ちまくっており、尚更岡本とまでは行かなくても、2軍でも打っていない中井を上げるなら阿部の変わりの立岡選手であれば理解出来るのだが、その2軍で結果を出している左バッターの立岡や、ファーストとレフトが空いているのに岡本を上げず、そこへ中井を上げる高橋監督の起用法に疑問が残る。

今日からのセリーグ再開で大事な9連戦が始まるが、選手が揃ってきた今の巨人軍は、もう選手任せの采配でもある程度は勝っていけそうだが、そこに選手の育成というタクトを監督として考えて、将来の巨人の為を考え采配をしないと監督としては失格ではないだろうか。

何故、本来のポイントである左打者の立岡、ファーストとレフトが空いているのに岡本を1軍へ上げないのか、何故この2人より2軍で結果を出していない中井が1軍へ上がるのか疑問だ・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする