巨人・俺が未来のセカンドだ!吉川尚輝2軍で初ホームラン

いやぁ、やっと出ましたね

えぇ、地道に努力していた結果がやっとHRという形で出ましたね

しかし、期待のドラフト1位で指名された吉川尚輝選手にとっては

実に待望の一発まで長かったんじゃないですか?

いえ、全然気にしてはいませんでしたよ

むしろ僕の感覚からすれば早い位ですね

ほら、山登りに例えると

まだ半分も登っていない段階ですからね

確実にてっぺんに上り詰めるために、まだ一歩一歩確実に登っていた段階で

その途中で1発という最高の形で結果としてHRが打てましたけど

僕の実力からすればまだまだこれから、むしろ

これからの僕を見ていただきたく早すぎたHRでしたよ

(ここまで管理人の妄想)

とでもいうべき,吉川尚にやっと出た待望の一発だったのではないだろうか(笑

スポンサーリンク

吉川尚輝、日本ハム2軍戦でプロ初本塁打

6月14日の日本ハム2軍戦で自身初となる

逆転2ランホームランを放った。

ドラフト1位と華麗なプレースタイルで話題先行となっていたが

プロ入り後すぐに上半身のコンディショニング不足で3軍に落ちてしまい

まだプロで戦える体力は付いていなかった。

完全にキャンプから出遅れ、また十分な練習も出来ずに

まずはリハビリ、そして体調が良くなるまでにかなりの時間がかかり

プロ入りする前の自主練習でしっかりと仕上げていなかったのか

もしかすると、肩に故障を抱えていたかは定かではないが

プロ入り後のキャンプでの練習にも参加できず

その結果5月の1軍初スタメンまでかなりの時間を費やしてしまった。

その1軍昇格も、顔見せという意味合いが強く

実力での昇格とはほど遠いものだった。

完全に体力不足で出遅れてしまい

2軍戦開幕までに仕上げることが出来ず

戦える身体は作れていなく

2軍でコンディションを調整しながらのスタートとなってしまったのだが

ここえきて、プロで戦える身体と体力という

やっと1段階目のステップが切れ

そして、2軍だがプロ野球という環境になれてきたのか

最近では良くヒットを打つようになってきたのだが

やっと、昨日HRという最高の形が結果として現れたのだ。

まずは、走れて守れることが吉川尚に求められる所だろうが

この1年間は2軍で十分に練習し対力をつけ基礎を学び

身体も一回り大きくさせプロ仕様の土台を築ければ

来年以降に繋げていければ、もともと守備と足は

プロとして飯を食っていける素質はあるので面白い存在になりそうである。

なにかと比較される同大学だった広島の菊池選手は

2年目から開花していったが、吉川尚輝は

その2年目の来季に開花することができるのだろうか?

巨人ドラ1・吉川尚輝は広島の菊池より守備の確実性があると語る内田氏
読売巨人軍の直近での固定されていたセカンドをさかのぼると、1998年以降の仁志敏久選手だ。2006年までの約8年間巨人軍のセカンドとして君臨...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする