巨人・吉川尚輝が日本一のセカンドへ!守備範囲は菊池以上と井端が絶賛

守備範囲の広さは12球団でNo1かもしれない、と語る巨人の井端コーチ。一昨年のドラフト間近、夏になると各球団のスカウトが吉川尚輝の視察に訪れると、その吉川尚輝に目を引かれていたと言う。

それは、花のある選手は自然と視界に入ると言うが吉川選手のプレーは軽やかでスピーディー、当時の吉川は遊撃を守りスピード感に溢れ深い位置の球際まで追いかけ捕球し強いリストで返球しアウトをもぎ取る。

肩はプロの世界では特別強い方では無いがリストが強く華麗な守備、この吉川尚輝選手はセンス型とスカウトの間では評価され、確かに、今年の吉川の打撃は鋭くリストの強さもうなずけるが、守備でも無理な体勢からでも投げられるのは天性のリストの強さからくるものだろう。

また、ドラフトでは同じく内野手である現中日ドラゴンズの京田選手と吉川論争が巻き起こっていたが巨人は吉川のセンスを選び1位指名、各球団の大半は即戦力は京田と評価し、ドラゴンズは吉川よりも実力は上、さらにはドラフト2位で獲得出来ると読み現に京田を獲得した。

話は戻るが、今季のマギーの守備は衰えが見えるが、巨人の内野陣は遊撃の坂本に、セカンドの吉川、そしてファーストの岡本と12球団屈指の内野陣が揃った。

スポンサーリンク

井端の秘蔵っ子、吉川尚と岡本和真

岡本のファーストはロペスよりも上手いかもしれないという井端コーチは、岡本をファーストにして良かったと語っているが、横の素早い動きが求められるサードよりも、ショートの次にファーストが難しい、と井端コーチは語っているが簡単そうに見えるファーストはカットに入ったりバックアップに入ったり、一二塁間の打球を自分が追うのかセカンドに任せるいのか、捕球した球をセカンドに投げるのかファーストでアウトを取るのかなど、一瞬の判断が求められるというが、そのファーストの方がサードより岡本は適性がありファーストの名手ロペスよりも上手いんじゃないか、と分析するほど岡本のファーストの守備の上手さは巨人軍の中では群を抜いている。

その岡本はサードでは守りに自信がもてなく打撃に専念できない、しかし、今の岡本はファーストの守備に余裕が出来、打撃に専念出来ていると言うが、井端コーチも現役のころは守備に自信が持てだすと、守備中にはチャンスで自分に打席が回ってこないかな、と考える余裕が出来打率も上がっていったと言うが、今の岡本はまさにそれかもしれない。

また、解説者赤星氏はセカンドの守備の範囲の広さは菊池と吉川尚しかいない、吉川は将来50盗塁する選手、京田よりも打つでしょうと絶賛し、対する井端コーチは岡本に次ぐ秘蔵っ子のもう一人である吉川尚を徹底的にしごいているが、吉川の守備範囲の広さは菊池を超えているかも、と絶賛しているが獲ってからの安定感がまだまだ弱いと分析している。

しかし、すでに高いレベルでセカンドの守備をこなしている吉川のセカンドの守備の指標であるUZRは、現段階ではあるが4.3と12球団でNo1、ちなみに菊池選手は1.1で吉川の守備がいかにハイレベルなのかが解る。

対するファーストの指標は、中田翔が3.2で12球団No1、ロペスは0.9、岡本は-1.5と9位で思ったよりも悪く、記憶と結果は異なっているが、ちなみにショートのUZRは、1位が西武の源田の3.6に続き、坂本が2.7で12球団2位に位置付けている。

ちなみに、サードマギーのUZRは-2.8で10位。

話は戻るが、吉川尚は現段階ではあるがあくまでも指標の一つであるUZRでは12球団1位、すでに12球団1のセカンドと言えるが、安定感、総合力、グラブさばきから言えば菊池がまだまだ上かもしれないが、今年1年経験を積んだ吉川尚輝の来季はいよいよ文句なしの日本一のセカンドに、日本を代表するセカンドの名手になってくるかもしれない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする