読売巨人軍終焉で待ち構える東京ブェルディ化

物事には順序がある。急がば回れとは良く言ったもので、巨人軍はどうもその途中をすっ飛ばしている。野球で例えるなら1年目は選手を鍛えプロとしての体力をつけさせ、2年目は技術を向上させる。そして3年目は1軍での出場機会を多く与え、”1軍クラス”との経験を与え4年目の飛躍へと導かなければならない。じゃないと若手を2軍で使ってるだけではいつまでたっても2軍選手で、二軍で打てないから一軍で使わないのではなく、一軍で経験させないからいつまでたっても二軍ですら打てないのである。巨人軍は、若手のこの3年目4年目の間の育成という期間をすっとばし補強やベテランに頼っているから若い選手は育たず、補強組やベテランの高齢選手が衰えていくだけでその間若手を育成しないからベテランが衰えたころには若手の育った選手や育った中堅組が誰もいないという負のスパイラルを毎年繰り返しチームは弱体化している。同じ打てない、同じ実力なら若手を使う、が他球団のスタンスなら、巨人は同じ打てないなら過去の実績優先というスタンス。これこそが巨人軍の最大の戦略ミスであり育成が出来ない原因なのだ。誰でも1軍で経験させ育成させれば開花するわけではないが、大田選手が良い例であるように少なからず巨人軍は若手にこのチャンスを与えず潰しているのである。

物事には何事にも順序があるわけで、野球にしてもそう。チームはいきなり強くはなれないわけで、補強で一瞬強くなったとしても本当の強いチーム、数年先を見越したチーム作りをしている球団には勝てなくなってしまうのだ。その転換期は最近で言えば原監督の長期政権が終わり、去年の高橋監督に変わった年はその最大のチャンスでもあった。

スポンサーリンク

巨人高橋監督は犠牲者だが監督としては成功者ではない

最大の誤りは勝ちながら育成することは出来ないという巨人の時代錯誤の考え方だ。高橋監督はまだ現役として、選手としてプレーする自信もあっただろうしまだ現役としてのこだわりもあっただろうが、巨人軍の賭博問題のある意味犠牲者ともいえる高橋監督就任という無理やり監督をさせられたという感がいなめなかった。そして、その年は高橋、井端という最高のバッターが引退した年でもあったのだが、そして原監督解任はある意味フロント主体で主導していきたい読売側にはもってこいの、言い方は悪いがイエスマンであろう高橋監督は球団としては適任だっただだろう。原監督はドラフトまで自分の意見を主張できる権限を持っていただろう。そして、チームに関する補強も、コーチ達に関しても思い通りに動かせただろうことからある意味球団としては煙たい存在だったかもしれない。が、犠牲者であろうがなかろうが、高橋監督の心ひとつで巨人の今後を考え育成を重視するか、今までの仲間だったベテランを優先に起用するかは高橋監督の腹一つで決められることで、この2年間を見る限り高橋監督は後者の今までの仲間との友達関係を崩したくない、嫌われたくない保身の起用法だったと感じられる。有る意味、ある程度はチャンスはあげても容赦なくバッサリ切る捨てることが出来た原監督は、監督と言う意味ではプロフェッショナルだったかもしれないが、高橋監督はいつも選手をころころかえ、どっちを起用すればいいか悩んでいる優柔不断な性格がそのまんま監督としての采配に出ていたとさえ感じる。

原監督が危惧していた高橋監督の優柔不断、は↓より

前巨人監督・原辰徳が14年前に予言していた・高橋由伸の脆さ
前、読売巨人軍監督の原辰徳氏は高橋由伸のことをこう語っている。 何事にも慎重で即決はしない。食事のメニューはなかなか決めることができな...

読売巨人軍はこのままでは東京ブェルディ化するだろう

今の巨人軍には目先の1勝よりも、数年後の10勝の為に数年かけチームを作り直す必要がある。その為の過程は弱い時期はある意味当たり前なことでその時期をどう充実させるのかにかかっているのではないだろうか。

巨人のドラフト1位の扱いは軽すぎる。近年では大田選手や岡本選手などがそうであるように我慢して起用することが出来ずドラ1で獲得したことだけで満足し育成はせず我慢して起用することが出来ない。

たらればであるが、巨人軍と、巨人ファンの見る風景、景色は他球団の見ている風景とは違うだろう。何が違うのかというと、他球団であれば打てない時期の若手は普通にスタメンで我慢し起用され続けられ、その景色をファンは見てその方針の球団と共に年齢を重ねている。その環境で育ったファンは、育成されている選手が打てなくても叩いたり文句をいったりすることもあるであろうが、例えば3年目のDeNAの筒香選手や日ハムの中田選手がそうであるように打てなくても普通にスタメンで起用されていて、それはその球団のファンからすれば見慣れた風景で、あたり前の育成時期と考え球団とファンが一体となってチームや選手を応援していくものだが、巨人軍はそれが無い。育成時期が無いからファンもある意味若手が結果が出ないと忍耐力が無いのかもしれない。

しかし、もうその時期は過ぎたはずだ。巨人ファンも育成時期の若手を応援しながら試合を見たいし、これからは球団とファンが一体となって”弱い巨人”から作り上げていく。若手は我慢して起用し1軍を1,5軍選手の育成の場と考え数年かけてチームを作り上げ土台を築いていかないと、いよいよ巨人って何?っていう現状が待ち構えているかもしれない・・

広島やDeNA、楽天という昔のお荷物球団が今やドル箱球団となりカープ女子なんて言葉も生まれ時代が変わっている中、巨人は本当に来年は転換期でその方針を間違えるようものならいよいよ巨人は終焉してしまうのではないだろうか・・Part2

Part1↓

読売巨人軍ブランド崩壊で東京ブェルディ化!ついに観客数1万人
かつてJ1リーグで人気実力共に兼ね揃えていた絶対的王者、最強のサッカーチームがあった。そこには、武田、北沢、ラモス、カズ選手という、巨人でい...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする