巨人三軍戦で陽岱鋼、圧巻の2点タイムリーと犠牲フライで軽快な走り

スポンサーリンク

巨人三軍戦対BC新潟戦

いよいよ18時から交流戦が始まりますが、その前にある三軍戦も熱い。

いやぁ、二軍戦や三軍戦は見ていて楽しいなぁ

怪我から復帰した選手や将来のジャイアンツを担う若手の成長を

試合を通じながら観戦できるという楽しみは

今の巨人軍の1軍では味わえない至福のひとときだ。

本日5/30日BCリーグ交流戦での巨人三軍対BC新潟戦

なんとBC新潟にはもと巨人軍の捕手のかとけんが社長補佐

試合前にはギャレット選手にかとけんがノーホームランねノーホームランね

と声をかける場面も。

そして今日の解説は鹿取さんという豪華なラインナップだった。

巨人軍のスタメンは

1(中)陽

2(右)松原

3(指)ギャレット

4(左)青山

5(捕)宇佐見

6(遊)マルティネス

7(一)坂口

8(二)増田

9(三)田島 

投・橋本篤=左

怪我から復帰の陽選手、骨折から復帰のギャレット

そして、小林を脅かす存在への成長が期待される宇佐見捕手が揃い踏みという

巨人ファンならよだれもののラインナップ。

陽選手は1,2打席は見逃し三振と三振という初の実践復帰のため

まだ投手との距離が計れていないのかもう少し時間がかかりそうな印象だったが

しかし、4回裏の満塁での陽選手の3打席目は

軽く引っ張った打球がレフトとセンターの間をオーバーする

タイムリーツーベースを放つなど流石のバッティングだった。

ギャレットも同じくまだ投手との距離とボールの軌道のタイミングが合ってなく

三振をするなどまだまだ時間がかかりそうな感じでしたが

実践復帰一戦目はまぁこんなものでしょう。

陽選手にいたっては、バッティングは問題ないことから後は守備と走ることが課題だったが

4回裏のサード陽の場面での犠牲フライ時

陽選手は軽快な走りでホームを駆け抜け、走りも問題はなさそうだった。

いやぁ、陽選手の赤のリストバントに赤のレガースは目立ちますね

そして見ていて花がある。

次の実戦2回目はいきなり長嶋名誉監督の観覧試合での2軍戦。

ここで長嶋さんからGOサインが出ると

3戦目でいきなり1軍と合流の運びとなる陽岱鋼選手。

5/30三軍戦:陽選手情報

1打席目は見逃し三振

2打席目は三振

3打席目は2点タイムリー

解説、鹿取の陽選手評価

1,2打席目は三振や見逃しだったがスイング自体は振りきっており

また、3打席目のファールの場面では強いスイングでタイミングは合っていた

その後、2点タイムリーは流石だなと。

陽選手は3打席でお役御免となったが

走塁の場面でも、犠牲フライでのタッチアップでの走りを見る限りでは

特にかばっている様子はなく問題はなさそう。

と、評していました。

巨人軍の正捕手争い

今季オープン戦はほぼ全試合マスクをかぶるなど期待が高かった

宇佐見は開幕前に怪我で離脱してしまったが

今日の3軍での試合は5回裏の時点でデットボールを含む2打数1安打。

小林vs宇佐見の正捕手争いは

小林の打率1割台が続くと1,2年後には

いや、来年はタイム的には2塁送球が小林とたいして変わらない強肩で

打、の方も分がありそうな宇佐見を正捕手候補として

今シーズン後半には宇佐見を育成を兼ね起用し来年には正捕手になっているかもしれない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする