DeNAが阪神のFA大和獲り!移籍先と年俸は?3年契約でアタック

FA権の行使が濃厚な阪神の大和選手の周辺が騒がしくなってきた。阪神タイガースは大和選手と俊介選手の流出阻止に動き俊介選手については残留が濃厚となってきましたが、大和選手については4年契約を提示し引き留めに動いているようだが難航している様子だという。

大和選手は阪神のスーパーサブ的存在で外野でも内野でもゴールデングラブ賞を狙える守備の名手、打っては打率280前後の打率が期待出来、年俸は5000万円のBランクとみられる超優良物件だ。

その大和選手は、阪神では言い方を変えれば便利屋といっていい起用法、良い意味でいなくてはならない選手だが若手育成に力を注ぐ金本監督の起用法に不満を感じているとすればFA宣言は確実で、当の本人もレギュラーでの出場機会を求めているといい阪神の大和選手の引き留めは一筋縄ではいかないかもしれない。

スポンサーリンク

DeNAが大和FA即日アタック

大和選手は遊撃と外野をこなすが遊撃に強いこだわりを持っているとも噂されている。そのDeNAの二遊間には倉本や柴田選手がいるが、大和選手を何処での起用法を考えているのかもDeNAが獲得出来る1つのポイントになってくるかもしれない。

年俸については阪神タイガースが8000万円前後の4年契約を提示か?とも噂されており仮に阪神が今季の年俸である単年5000万円から、単年2000万円UPでの7000万円の4年契約を提示しているとすれば、DeNAは3年契約を提示しているとのことから8000万円の3年契約、または8500万円~9000万円の複数年契約の提示での争いになってくるかもしれないが、オリックスやヤクルトも大和選手の獲得に乗り出すとみられ、オリックスなどはガチンコで大和選手の獲得に動きDeNAとの争奪戦に参加すると思われ条件の見直しも検討され9000万円前後での争いも予想される。

また、同じ内野手のソフトバンクホークス、明石選手もFA権の行使が決定的となったが、現段階ではDeNAベイスターズは大和選手が最優先、しかし条件や争奪戦次第では明石選手へのターゲット変更も視野に大和獲りに動いていくことが予想される。

日本プロ野球は、日本シリーズも終わりいよいよストーブリーグへ突入、FA宣言が解禁されたことからこれから各球団はドラフトでの獲得選手を踏まえ、来季に向けての戦力補強で足りていない部分はFA選手での獲得に本格的に動いてくる。

大和選手については現段階ではオリックス、ヤクルト、そしてDeNAの名前が挙がっているが、DeNAは大和選手がFA宣言すれば即日アタックで大和獲りに動くという。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加