【阪神・大和】横浜DeNAのプロテクト28名と人的補償の予想

阪神FA大和の横浜DeNAへの移籍が決定!

阪神タイガースに大激震が走った。FA権を行使し移籍先を模索していた大和選手(30)が、横浜DeNAベイスターズへの移籍を決断、阪神退団の道を選んだ。

オリックスと阪神、そしてDeNAの3球団での大和争奪戦が水面下で繰り広げられていたが、一歩リードしていたかと思われていたオリックスを破り、噂されていた大和選手の移籍先の希望は在京球団という、となれば選択肢はおのずのDeNAしかないという結果通りの大和DeNA移籍となった。

しかし、阪神タイガースにとっては大激震、内野も外野もゴールデングラブ級の守備のスペシャリスト、そして打撃も開花してきているスーパーサブ、嫌、他球団ならレギュラー級の大和の流出は痛く、いくら若手の育成を掲げている阪神とはいえその若手が育たなければバックアッパーがいなくなるという、また投手陣にとっては安定した守備で助けてくれる大和がいなくなることは非常に痛手だ。

また、阪神は4年総額4.5億円の大型契約を用意、オリックスは3年3億円、DeNAは最終的に4年4億円を超える大型契約を準備したとみられているが、大和選手はお金ではなく環境、自分が一番成長できる環境がDeNAだったとコメントしている。

また、阪神タイガースは人的補償について投手を狙うとコメントしているがはたして。

12.10 追記

阪神タイガースFA大和選手の人的補償選手が、尾仲祐哉投手(22)に決定した。

スポンサーリンク

大和の横浜DeNAプロテクト予想

阪神タイガースFA大和選手の人的補償選手が、尾仲祐哉投手(22)に決定した。 DeNAベイスターズのプロテクト28名に、今季のドラ6で...
 投手・14名
今永昇太(24) 山﨑 康晃(25) 石田健大(24) 飯塚悟史(21)
濱口遥大(22) 綾部翔(20) 井納翔一(31) 砂田毅樹(22)
三上朋也(28) 須田幸太(31) 三嶋一輝(27) 田中健二朗(28)
熊原健人(24) 京山将弥(19)    
 内野手・6名
宮崎敏郎(28) 白崎浩之(27) 松尾大河(19) 佐野恵太(22)
倉本寿彦(26) 柴田 竜拓(23)    
 外野手・5名
筒香嘉智(25) 桑原将志(24) 細川成也(19) 乙坂智(23)
梶谷隆幸(29)      
 捕手・3名
戸柱恭孝(27) 嶺井博希(26) 高城俊人(24)  
プロテクト入り候補の、当落線上3選手
関根大気(22) 尾仲祐哉(22) 国吉佑樹(26)
プロテクト漏れ候補
三嶋一輝(27)

主な選手のプロテクト漏れ予想

 投手・8名
加賀 繁(32) 藤岡好明(32) 平良拳太郎(22) 福地元春(27)
国吉佑樹(26) 進藤拓也(25) 尾仲祐哉(22) 平田真吾(28)
 内野手・6名
石川雄洋(31) 後藤武敏(37) 山下幸輝(24) 松井飛雄馬(26)
狩野行寿(23) 田中浩(35)
 外野手・4名
白根尚貴(24) 荒波翔(31) 青柳昴樹(22) 関根大気(22)
 捕手・1名
西森将司(29)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする