山下輝(木更津総合)ドラフト評価と進路・獲得球団は?U18日本代表

2017年のドラフト候補、山下輝選手は甲子園で注目を集めたMAX149キロの速球派。プロからの評価は高く、夏の甲子園では1回戦で敗退してしまったがプロのスカウトからはもう少し見てみたい投手だったと言わしめた本格派左腕。

もしもプロ入りを表明すれば指名候補は確実と予想されるが噂では法大進学を希望しているというが果たしてプロ入りを表明するのだろうか。

スポンサーリンク

2017年ドラフト会議・山下輝の獲得を狙う球団は巨人やロッテ?

巨人のスカウト部長、岡崎氏は甲子園で光った選手に山下輝選手を挙げ、もう少し見てみたい選手だと評価し、同じく巨人の吉武スカウトは体の力強さと球の重さ、右打者へのクロスする速球と左打者への打ちにくく曲がるスライダーを絶賛した。

また、ロッテスカウトは直球と変化球共にレベルが高く、ストレートと同じ振りから投げられる小さく落ちるツーシームはお手本のようと絶賛。

しかし、プロからの評価は高いが一部の噂ではプロ入りせず大学への進学が予想されている。

2017年ドラフト指名候補・山下 輝プロフィール

千葉県出身 木更津総合 山下 輝(やました・ひかる)左投左打 187cm,83kg MAX149キロ スライダー・ツーシーム・カーブ

木更津総合のエース山下 輝投手は、高校生No1左腕との呼び声が高く甲子園ではプロからその投球に注目されていた。

しかし、甲子園の1回戦では人生初の14安打6失点というまさかの展開が待っていたが、その試合を振り返ったインタビューでは甲子園という場所で力みが有り球にキレがなかったことを感じていたという。

また、9回を投げ抜いた山下輝投手は9回を投げ抜き8回までは角度のある速球とキレのあるスライダーで2失点と好投していたが、9回に4失点とつかまり計6失点で敗戦投手となり体力不足が現れてしまった。(この日の最速は144キロ)

しかし、甲子園で10奪三振と木更津総合のエース、高校生No1左腕と呼ばれる片鱗は見せた投球でプロの評価は9回の4失点は体力不足という課題は明白で、むしろ8回までの2失点と四球1のコントロール、計10奪三振という好投を評価したスカウトが多かったのではないだろうか。

山下輝・甲子園予選成績:42回 47奪三振 四死球11 防御率1.07 予選での最速は146キロ

甲子園1回戦成績:9回 10奪三振 四死球1

山下輝投手はプロ入りについて明言を避けているが、法大への進学が予想されており、また五島監督も先輩が大学へ行くケースが多く、山下選手についてもその可能性は高いと思いますとコメントしていたが、有力なドラフト指名候補だけにプロ入りか進学かに注目される。

9月追記:進学が濃厚との情報です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする