巨人・山口俊とFA中田翔のトレード?来季補強は外国人残留が優先か

巨人の金庫が空っぽ?あくまでも憶測の話だが、巨人の今オフの戦力補強に使えるマネーの上限が限られているという噂が流れている。

昨年は30億の大補強を敢行したが、今季はシーズン3位以下も決まり仮にCS戦に出場出来たとしても東京ドームでの開催が出来ず、1試合に入る推定数億円×試合数の売り上げが無く、日本シリーズにすらいけなければ臨時収入は0円。

昨オフと巨額の補強費で今オフの予算は限られていたというのに、CSと日本シリーズの収入で今オフの補強費を捻出する事が出来なくなったという訳だ。

スポンサーリンク

巨人・中田翔をトレードで獲得か

そこで巨人のウルトラC。巨額の金額が動くFA選手の獲得が出来ない巨人は、阪神やオリックスが撤退モードの中田翔選手を年俸ダウンでトレードで獲得を狙うという算段だ。

もちろん、日本ハムに年俸ダウンでFA宣言はせずに残留の可能性が高い。しかし、それでも推定年俸2億8000万円の中田翔選手の年俸ダウンしたとしても2億位か。

そして日本ハムのシステムで言うと中田選手はそろそろ”卒業おめでとう”の選手である。大谷選手のメジャー移籍で増井や宮西、大野選手とFA選手が控えている日本ハムはまだ若い中田を放出するとは思えないが、しかしビジネスファーストの日本ハムは解らない。

巨人に居場所が無い山口俊投手と、過去にトラブルを起こした二岡選手の日本ハムへの電撃トレードから推測すると、巨人はトレードを受け入れてくれる球団があれば放出する可能性は高いと見る。

そこで、日本ハムは憶測ではあるが来季オフの年俸はダウンされている即戦力の山口俊投手とのトレードで、中田翔を放出、という訳だ。

あくまでも憶測で仮定の話だが巨人はトラブルを起こした選手は放出したいと考える球団で、中田翔選手に限らず、他選手とのトレードの可能性は高いかもしれない。

巨人は来季の一部の年俸を肩代わりしてでも出したいという訳だ。

巨人・外国人残留交渉が優先か

また、巨人の今オフはマイコラス、マシソン、マギー、カミネロらの4選手の残留交渉が優先となる。

推定年俸は、マイコラスが2.4億、マシソンが2.3億だ。仮にこの2投手の引き留めに必要な年俸は10億と言われている。

また、マギー選手は1.9億、カミネロは1.4億、この2選手の引き留めに5億~6億必要となり、この4選手の引き留めに15億~16億必要となる。

ギャレット選手はこのまま退団が予想されるが、その変わりの大砲獲得に必要な値段が、現在噂されている、マネー優先と宣言した中日のゲレーロ選手に短年7億~8億が必要となり、仮に全額を合計すると外国人の補強予算だけで22億となる訳だ。

そこで、これ以上資金が無い巨人は山口俊投手とのトレードで、戦力強化と言う訳だ。

今オフの補強予算が無い?

あくまでも憶測だが、昨年の大補強と、CSを2位で通過出来ず、日本シリーズも出場出来なかった場合は、今オフの補強費が捻出出来ない巨人の予算は限られているという。

そこで、山口俊投手とのトレードで中田翔選手や他選手を狙い戦力強化、または外国人助っ人の引き留めで戦力維持し、残ったマネー全額をゲレーロ選手につぎ込み獲得。

巨人は例えマイコラスがいなくなったとしても、菅野、田口、畠、2軍には来季開花しそうな大江や高田、山口俊を含めるとその他にも先発候補は沢山おり、2017年ドラフトでも投手獲得で戦力強化も出来る。

巨人はFA選手を狙わず、左翼兼ファーストでゲレーロ選手の獲得だけが一番の補強になるかもしれない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする