山口俊が泥沼化!巨人vs選手会でNPBの判断は?来季はトレードか?

巨人・山口俊の処分の再検討を求める日本プロ野球選手会

選手を守る選手会が動いた。今後はNPBが山口俊投手の処分の判決を下し、その回答が気になるところではあるが、選手会は山口俊投手の処分が重すぎる、巨人に再検討を求め、そしてコミッショナーに調査と裁定を要求した選手会だが、とうとうこの問題は巨人内部だけでは終わらず、プロ野球実行委員会に委ねられることになりそうだ。

スポンサーリンク

巨人・山口俊の処分の再検討を求める日本プロ野球選手会

山口俊投手の処分は重い?軽い?これははっきりって意見が真っ二つに別れる問題なのではないだろうか。ネットでのこの問題の巨人が科した1億円前後の処分は軽すぎるという意見もある。解雇が妥当と言う事だ。

また、1億円の処分はむしろ軽くはなく、巨人の下した山口俊投手の処分は妥当、という意見もある。

その他の声を聞くと、巨人ファンのみならずプロ野球ファンは山口俊投手の顔も見たくないという厳しい意見もあり流石に本来なら解雇問題だという意見も拝見する。

しかし、応援しているファンもいることは確かで1億円はむしろ高すぎるくらいで巨人は重い処分を下したという意見も拝見する。

そういう背景の中で選手会が動いたのは、示談も成立していることから1億円(推定)と言われる減俸は重過ぎる、これを不服としている選手会は見直しを要求した。

仮にだが、憶測で話すとこの一連の事件を起こしたのは張本人の誰でもないことを考えると、規約通りに出場停止中の年俸の300分の1がカットされることはプロ野球規約で決められていることからこの1億円が高すぎるという選手会の主張は認められないと、あくまでも推測だが想像する。

来季の複数年契約の年俸を減俸するのは不当だと主張する選手会

この件に関しては、確かにこれまでの成績で勝ち取った選手の権利なことから、プロ野球選手が怪我で出場しなくても年俸を貰えるように、山口俊投手についても示談が成立していることから、もしかするとNPBからの回答は巨人に対して払って下さいとの回答を下す可能性は有るかもしれない。

しかし、仮にだが例えその権利を山口投手が勝ち取ったとすれば、今度は巨人が山口俊投手との契約内容を見直す可能性もあるのではないかと推測する。

巨人は、来季以降の複数年契約の年俸も減俸したうえで、この問題について解雇はせず来季も巨人で投げてもらうと判断したわけで、その話が変わってくると巨人は山口俊選手に対して解雇、もしくはトレードの判断を下す可能性もあるのではないかと推測するが、しかしそうなればなったで選手会は解雇は不当だと、この問題が泥沼化し、裁判沙汰にならないか心配である。

そうなれば、山口俊投手の選手生命をも奪ってしまいかねないからだ。

仮に、来季の年俸をカットせずに巨人は山口俊投手を来年も出場停止と考えれば結局来年の年俸も数億単位で減ってしまい投手としても出場出来なくなる。

この話が、契約見直しが通ってしまうと、じゃあ来年1年も出場停止でお願いしますと巨人が言ったとすればそれは本来ならそれくらい重い処分の事案だったということになり、選手会が動いたことがむしろマイナスになってしまうかもしれず

そう考えると、巨人の下した処分は山口俊投手にとって最適な処分、むしろ温情処分だったと思えてならない・・

しかし、話が選手会、プロ野球実行委員会まで行ってしまえば、巨人と山口俊投手の信頼関係の修復が難しくなり、過去のスキャンダルを起こした選手はシーズンオフにトレードに出されてしまったが山口俊投手の来季はどうなってしまうのだろうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする