巨人・山口俊が警備員を暴行か?酔って負傷させた疑い

7月18日(火)、読売巨人軍に激震が走った。本日18日に登板予定をしていた山口俊投手(30)が先発回避をしたが、その理由は球団からの発表によると11日の未明に右手の甲を負傷しており酔った状態で病院に行き扉を破損した、その際に病院関係者の警備員を負傷させた疑いがもたれているという。

事実関係は現在調査中とのことだが、これにより当面の起用は見送られ登録抹消された。また、現時点では事実関係に不明な点が多く、詳細を調査中とのことで後日、球団より詳細についての発表があるとみられる。

また、本日予定されていた山口俊投手の登板の変わりに高木勇人投手(28)が先発する。

スポンサーリンク

巨人・山口俊投手が友人と飲食後、病院で警備員を暴行か?酒を飲み病院の扉を破損

山口俊投手(30)が、友人と飲食店で食事をしていた際に、酔った勢いで手首をテーブルに叩きつけた際に手首の甲を負傷し、その治療の為に病院を訪れた所、酔った勢いで都内の病院の扉を破損し、病院関係者の警備員と飲酒トラブルが発生した一連の流れ。

この際の警備員の怪我の程度などの詳細は不明だが、もしもこれが事実だとすれば病院の器物破損、または警備員を負傷させていたとすれば傷害罪に発展すると思われるが、現在は事実関係を把握中とのことで病院側と警備員側とで和解に向けて動くのではないだろうかと推測される。

しかし、まだ確定した話ではないがもしも和解が成立したとしても今季中での山口俊投手の復帰は厳しくなってくるかもしれない。

詳細の事実確認後には、読売巨人軍球団からのなにかしらの謹慎処分が発表されるのではないかと推測されるが、全てが事実の話ならもしかすると今季中の復帰は厳しく3か月~半年の期間は謹慎処分が下されるのではないだろうか。

※すべて予想の憶測で推測しており、現段階では全ての話が事実の確定はされていません。

巨人・山口俊投手プロフィール

山口俊投手(30)は、昨年横浜DeNAベイスターズから3年契約でFAでの巨人入りをし、推定年俸は3年契約で総額7億円と言われている。

今季の巨人軍での1軍成績は、4試合 1勝1敗 防御率6.43の成績を残している。

FAで巨人入りした山口俊投手は、肩の怪我で出遅れやっと復帰したばかりだったが、今回の件での離脱となればチーム関係者や球団にとっては頭の痛い話だろう。

そして本人にとっても頭の痛い話だが、ますますチームからの孤立が予想される山口俊投手だが、今回の飲酒トラブルでの詳細の発表を待ちたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする