王柏融(ワン・ボーロン)台湾の4割30発打者が日本に移籍?阪神が視察

台湾の最強打者、通称・大王と呼ばれている4割打者の王柏融(ワン・ボーロン)選手を、阪神、西武、オリックス、ソフトバンク、ロッテが獲得を狙っているとの情報が流れていますが、そして5月に阪神が直接ワン・ポーロン選手の視察をしていたことも分かったが、そこに巨人も加わり王柏融日本球界入りはあるのだろうか?

WBC壮行試合、侍ジャパンvsCPBL選抜チャイニーズ・タイペイ戦にて、則本投手からバックスクリーン弾を放つなどの記憶に新しい台湾の至宝こと王柏融選手。

打たれた則本投手はあのコースの外スラを打たれたのは初めてと驚いていたが、そんな王選手は松井が日本でゴジラと呼ばれているように台湾では大王と呼ばれている。

年齢は23才とまだ若いが、近い将来確実に日本かメジャーに行くでしょうと話題になっていましたが、そんな中に衝撃のニュースが飛び込んできたのだ。

スポンサーリンク

王柏融(ワンボーロン)成績

王柏融(ワン・ボーロン)23才、ラミゴ・モンキーズ所属の外野手(右投・左打)

1993年9月9日・身長181cm・体重90kg

今季成績:打率408 30HR 96打点 174安打

昨年成績:打率414 29HR 105打点 200安打

王柏融を巨人・阪神・ホークスが狙う?

大谷ルールがあるように、年齢はまだ23才。そして本人的にもまだメジャーは早い、日本で実績を残してメジャーへ、という情報が流れており、ここへきて台湾でも王選手の日本移籍の話題で熱く議論されているらしいのだ。

そして、シーズン途中で移籍でも可能(誤報?)とのことから阪神、西武、オリックス、ソフトバンク、ロッテが獲得を狙っている、との情報が思考錯誤していた。

なかでもソフトバンクが一番熱心で、台湾の英雄の王会長から口説かれれば、そして口説くのに必要な資金も一番持っているであろうソフトバンクホークスが一番積極的で熱心との情報が流れている。

ワン・ボーロン選手のポジションは外野兼ファースト。阪神は若手を育成中で、もしも獲得すれば若手起用は出来なくなり獲得を本当に狙うのかが気になる所。

ソフトバンクはなおさら何処で使うのだろうか。という現状を踏まえると、ピンポイントで球団にマッチするのはロッテで、1番センターでも使える、3,4,5と何処でも使えるワン・ボーロン選手は一番喉から手が出るほど欲しい選手だろう。

そして、王柏融選手を狙っている球団に巨人の名前がないことが妙に気持ち悪いが、陽選手獲得で台湾との関係が近くなった巨人は水面下での視察と接触も考えられる。

ワン・ボーロン選手の来シーズンの日本への電撃移籍はあるのだろうか?

まずは日本で実績を残してからという情報もある王柏融選手は、日本とメジャーのどちらへ行くのだろうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする