巨人・宇佐見真吾がプロ初の1軍登録!打てる捕手に期待

読売ジャイアンツの宇佐見真吾捕手(24)が、自身初となるプロ初の1軍昇格が決定的となった。プロ2年目の宇佐見真吾捕手は、打てる捕手、阿部二世として期待され、昨年のシーズン終了後の練習試合ではホームランをかっ飛ばし成長を印象付け、今季が始まるとその打撃に期待されオープン戦に起用されていたが、その後は右手首を骨折し3軍でのリハビリ生活が待っていた。

スポンサーリンク

巨人の宇佐見真吾がプロ入り初となる1軍登録で打てる捕手に期待

われわれ巨人ファンとしては、昨年のシーズンオフからのウインターリーグや練習試合での宇佐見選手の活躍で、打てる捕手として宇佐見選手の頭角に期待していたと思うんですけどね、しかし宇佐見捕手はまさかの骨折で開幕前に離脱し今季の大半は3軍で生活していた。

もうね、かなりがっかりしたね!巨人ファンの僕としては。

小林選手も好きだけどね、オールスターでホームランを放ち高橋監督に本塁打を打ったのにまるでシーズンで打てよと言わんばかりにがっかりされたお祭り男の、世界の小林クンを脅かすライバルがいないのだよ、今の巨人はね。今季の小林捕手はやっと打率が2割に乗ったけど、さらなる成長の為には小林クンのライバルが必要とひたすら訴えてきたわけだよ、自分ちのTVの前で試合を見ながら家族にね(笑

だって相川選手や實松一成捕手はライバルというよりはもうベテランで、小林クンにしてみればこのベテランコンビはそろそろ引退の時期で自分を脅かされる存在と言うよりはもうおのずと時間の問題で自然に落ちてくる安パイなわけなんだよね、年齢的に。

だから脅かされる存在っていうよりは頼れるベテランの兄貴分って感じで追い越してレギュラーを奪ってやろうっていうかつての巨人の正捕手に君臨していた阿部捕手ではないんだよね。

だから、今の小林クンにはさらなる高みを目指すためのライバル捕手が必要だっていうわけなんですよ、小林クンの成長の為に尻を叩ける存在がね。

そこで今回の待ちに待った宇佐見クンの1軍昇格のニュース。

もう、筋金入りの巨人ファンマニアならよだれものっていうわけですよ。

例え、小林クンの成長を期待するための2番手捕手だっていい、初めはね。まずは1軍のスタートラインに立てたことが大切で、あとはもう自分の実力次第でどうとでもなる場所にまでこれたんだから。

巨人・宇佐見真吾捕手2軍成績:8月6日現在

29試合:打率256 2HR 打点9 四球6 出塁率300

2017オープン戦成績

14試合:打率143 0HR 打点4 四球1 出塁率189

宇佐見真吾捕手(24)181cm 87キロ 右投左打 年俸800万

※追記:8月18日、対DeNA戦での宇佐見のプロ初ホームランがサヨナラ2ランホームラン

まだまだ打席数は少ないですが、打率429に出塁率は5割越えに1本塁打、期待の捕手誕生だ。

※宇佐見捕手関連はこちらも↓

今から半年前は・・ 侍ジャパンの準決勝進出が決まりまさかの6連勝、良い意味での期待外れ。そこへ初めは侍ジャパンの扇の要、その予備の予備...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする