上原浩治が引退撤回で日本復帰を示唆!巨人は獲得に動くのか?

由伸を監督と呼びたくない(笑、由伸が辞めれば巨人に戻るかも(笑

そして、メジャー契約が無ければ引退、の二文字を口にしていた上原浩治(42)投手が、ついに日本球界への復帰を口にした。

昨年のオフ、12月当時の心境を語っていた上原投手、あれから3か月が経過しようとしているが一向にメジャーとの契約がまとまる気配がない。

その現在の心境を上原投手が激白した。

追記:鹿取GMが上原を高く評価し獲得を明言、上原の10年ぶりの古巣巨人復活はあるのか

スポンサーリンク

上原浩治が日本復帰へ

4月まで行き先が決まらず練習を続けるつもりはない

日本からオファーがあった場合は代理人に任せず自分で決めるとコメントした上原投手、また、現時点では獲得のオファーは無いが進路の問い合わせは届いているという。

その上原投手が昨年の引退の二文字を、これで日本でやったらぼろくそ批判されるだろうなぁ、とも語っていたが、思ったことを口にしてしまうタイプだけど軽はずみに言ってはいけないこともあることを学びました、ともコメントしていた。

しかし、メジャーで燃え尽きたい、そして日本で10年、メジャーで10年とプレーして切りの良い所で引退したいと語っていた上原氏だが、引退の2文字を口にした当時のこの心境を否定する人はいないだろう。

また、メジャーで10年プレーし、メジャー年金を満額もらえるのに後1年メジャーでプレー、ということにこだわりはあるかもしれないが・・

しかし、あれから3か月、事情が変わってきた。

本人も見通しが甘かったと言うが、メジャーとの契約出来る可能性はまだ残っている。しかし、3月になるこの時期にまだ決まらないと言う事は自分への期待が低いから、4月まで行き先が決まらず練習を続けるつもりはない、と断言した上原投手の状況は、3月中というよりも、自信が開幕でプレー出来る環境を考えれば、今後の1,2週間でメジャー契約が無いと判断すれば日本球団と契約するなどなにかしらのアクションがある可能性は高いかもしれない。

巨人は上原を獲得するのか?

巨人が上原を獲得するのか?というよりも獲得出来るのか?といった方が良いのかもしれない。巨人には上原投手と同級生で誕生日も同じ親友の高橋監督がいるが、上原は奴を監督と呼びたくない(笑、とコメントしている。また、由伸が辞めたら巨人に戻るかも(笑、ともコメントしていた上原投手。

これは、本気のコメントだとは思うが現実的は本気の冗談と推測出来る。親友の高橋監督から熱い思いでオファーされれば上原投手がジャイアンツ以外を選ぶことはないかもしれない。

しかし、上原投手の過去をさかのぼればFAで巨人を出ていった当時の想いは、自分は裏切り者、または球団と決裂したと感じているかもしれないが、むかつくライバルだとも語っている親友の由伸のことは気にかけている上原投手、仮にメジャー契約が無ければ近いうちに巨人との契約がまとまる可能性が高いかもしれないが、気になる球団はソフトバンクホークス。

このホークスは、毎年上原投手の獲得の為に調査を行っているとの噂も出ており、松坂投手を獲得したようにメジャーでの経験を若手に伝えて欲しいというコーチ的な役割も含まれており、獲得を狙えば一番年俸は出す球団かもしれない。

また、自身を阪神ファンと告白している上原投手が縦縞を選ぶ可能性も否定は出来ない。

問題は阪神やソフトバンクが42才の上原投手を獲得する意思があるのかどうかではあるが、上原投手がもしも日本に復帰するとすれば、巨人、阪神、ソフトバンク、これらの球団の何処かになってくるかもしれない。

そして、42才という年齢ではあるが上原を獲得するメリットは、あと1年はまだまだ活躍できると判断すれば中継ぎ強化、営業面、メジャーでの経験で若手投手の育成などなど年俸以外でのメリットは高く獲得に動く球団は上記の3球団以外にもありそうだが、ソフトバンクは昨年の中継ぎ陣の酷使、阪神も中継ぎ陣は鉄壁だが昨年の酷使と上原獲得のメリットを考えれば水面下で動いてくるかもしれない。

しかし、一番獲得したい球団は中継ぎが崩壊している巨人だろう。そして、やっぱり上原投手にとってもこれまでの仮定からすれば巨人入りが現実的かもしれず、その最大のキーマンが高橋由伸になってくるかもしれないが、自信が上(監督)に立たないと嫌、そして由伸と松井をコーチに、と過去に語ったこともある上原投手は、由伸が監督なら自信の投手コーチは絶対に嫌、ともコメントしていたが、上原がもしも巨人に復帰すれば、のちの巨人上原監督、そして2軍に高橋監督がみられることも有るかもしれない?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする