上原浩治が巨人復帰へ秒読み!極秘渡米で一日でも早く話して決めたい

上原浩治投手(4月3日43才)が、日本に帰国していた。これは、上原投手が日本復帰に向け獲得に手を挙げている球団との交渉の為だと思われるが、代理人には日本との交渉は自身で行う事を示唆していた。

また、読売ジャイアンツも上原投手については獲得を示唆していたものの鹿取GMは上原投手の獲得に動くことをしていたものの球団社長は自信の裏返しからか煙に巻いたコメントが目立っていたが、水面下では巨人と上原投手は相思相愛と見られ今回の帰国は巨人との交渉の為の帰国と思われる。

スポンサーリンク

巨人・上原が近日中にも誕生か

上原投手の下には、日本の複数の球団から獲得打診があったとのことですが、巨人以外は明らかになっていない。

上原投手が巨人以外との球団と交渉するかは不明ではあるが、上原投手は今回の日本への緊急帰国について、自分を必要としてくれているわけですから一日でも早く話をして決めたい、と早期の決着を示唆していることから近日中に日本の球団との交渉を行うと思われるが、その球団は巨人ということは間違いないかもしれない。

また、NPBもMLBも、残り約3週間と30日の開幕が迫っており代理人はメジャーとの契約も引き続き行うと語っていたが上原投手は自分が待てないことを示唆し、日本の手を挙げてくれた球団と自身で交渉し早期の決着を望んでいるとコメントから推測出来、開幕まで残り約3週間と時間が限られている事を考えれば、来週にも巨人上原の誕生も予感させていたが、もしかすると電光石火の巨人復帰劇、今週中にも巨人上原が誕生するかもしれない。

巨人上原獲得で中継ぎの整備が出来たが

巨人が上原投手を獲得すれば、澤村投手の復活と合わせリリーフ投手の戦力はUPすることが予想されるが、今度は畠投手が腰痛で開幕が絶望になったとニュースが飛び込んできた。

昨年の巨人は得点力が弱かったものの、先発投手は屈指の三本柱でセリーグ1位の防御率に輝いたが中継ぎが整備出来なかった。今季は、打線や中継ぎはもしかすると昨年より戦力はアップするかもしれないが、今度は畠の離脱がマイコラスの穴埋めに響いてくることは間違いなく大誤算。

打線が弱いと思えば今度は中継ぎが足りない、かと思えば今度は先発が足りないと、毎年何かがかみ合わない巨人ではあるが、今季の確定している先発は菅野に田口、そこに野上と山口俊の4枚。

後は未知数な左腕の中川が5枚目に続くが、畠が計算出来ないとなれば開幕後からしばらくは、先発投手陣の菅野、田口、マイコラスの3本柱が活躍していた2017年よりは、野上に山口俊、他に続く投手は未知数となるだけに、○○投手が活躍すれば、と、たらればがついてくる今季の先発投手陣は若干不安、Aクラス入りとスタートダッシュをかけたい巨人の前半戦は、畠の離脱で苦境が強いられるかもしれない。

しかし、大竹や内海の復活?中川の覚醒?ドラ1鍬原の思ったよりも早い1軍登録?田原も横手投げからの希少な二段モーションで今季は覚醒?宮国も二段モーションで復活?などなど、楽しみな部分は沢山ありこれらの投手達に期待したい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする