知野直人(新潟アルビレックスBC)ドラフトの評価や進路と獲得球団は

2017年ドラフト会議で指名が予想される知野直人(新潟アルビレックスBC)は、BCリーグに所属する、ドラフト候補に急浮上したプロ注目の大型内野手。(サード)

今年、7月に新潟アルビレックスの選手契約した、ルーキーの知野直人18才。

50m6.0秒の快足と高い身体能力が評価されており、力強い打撃にも注目される。

現段階では、巨人やソフトバンク、ロッテ、DeNAがマークしているようだが、育成契約になるのか下位指名になるのか、独立リーグからのドラフト指名に期待がかかる注目選手だ。

スポンサーリンク

知野直人を巨人・ソフトバンク・ロッテ・DeNAが獲得を狙う?

夏場から注目しているソフトバンク・ロッテ・DeNAや、巨人が視察した9月3日の武蔵戦で、知野直人が2安打1打点1盗塁とハッスルした。

サードを補強ポイントに上げている巨人やDeNAのスカウトがいることは知っていた、スカウトの目は意識していると雑草魂をむき出しにがむしゃらにアピール。

9月3日、武蔵戦に巨人の三井スカウト・野間口スカウトが視察に訪れた。

また、夏場からロッテ、ソフトバンク、DeNAが注目している。

知野直人・ プロフィール

知野直人(ちの・なおと)18才。181cm,81kg 右投げ右打ち。50m6.1秒 1996年2月16日生まれ、三条市出身、三条中・三条シニアに序属し、卒業後は聖光学院(福島)から第一学院へ転向。

16年にトライアウトとドラフトを経て新潟アルビレックスに入団した。ポジションは遊撃とサード。

また、練習生として新潟と契約し、7月13日に選手契約したルーキー、翌14日にデビューすると3打数1安打、28日の滋賀戦では本塁打を放ち、これまでに3割超え3本にスピード感あふれるプレーがプロの目にとまったようだ。

プレーは粗削りのようだが、体を崩されてもバットに当てる能力と差し込まれても速いスイングで持っていける選手で、その粗削りなプレーをプロ仕様に整えている最中だと語った草野総合コーチ。

また、加藤監督は足が早く、身体能力が高い、プロに行くまでになるべく多くのことを教えたいと語っていた。

(日刊スポーツより)

10月26日のドラフトまで残りわずか。どこまで仕上げてくるか非常に楽しみな選手だ。

また、守備に関しては粗さが感じるが、スピード、パワーなどの高い身体能力は魅力な選手で、村田や松田の世代交代に備えたい巨人やソフトバンクの下位指名、または育成契約での指名の可能性が高いかもしれない期待のルーキーだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする