阪神の新外国補強!スクラッグス野手とマンシップ投手をリストアップ

阪神タイガースの2018年の新外国人の補強に、ジェフ・マンシップ投手(32)と、ゼイビア・スクラッグス内野兼外野手(29)らが候補に挙がっていることが分かった。

マンシップ投手は、メッセンジャーと藤浪に続く右の先発候補、スクラッグス選手はファースト兼外野手の右のスラッガー候補だ。

スポンサーリンク

阪神・2018年の新外国人候補リストアップ

阪神タイガースは、米国との同時調査で韓国プロ野球リーグや台湾リーグなどに熱視線を送っているが、その中で韓国リーグで目に付いた数名の選手の内の2名、ジェフ・マンシップ投手、ゼイビア・スクラッグス外野手を来季の新外国人助っ人候補の有力選手にリストアップしているようだ。

ジェフ・マンシップ投手とは?

ジェフ・マンシップ投手 32才(ジェプ・メンシュイプ)187cm,95kg 右投げ

阪神が視察した5月の段階では、4月の最優秀選手(月間MVP)にも選ばれ7勝、8月の段階の情報によれば14試合に先発し9勝1敗、防御率は2.39の成績を残していた。

また、肘の故障で二か月近くのリハビリ期間を費やし規定イニングには達していないが、リーグトップクラスの成績を残し、NCダイノスのキム・ギョンムン監督は、十数年の監督人生の中でも、このジェフ・マンシップ投手は歴代でも5本の指に入る選手だと語っている。

メジャーでは主に中継ぎリリーフ右腕、ストレートとスライダーを軸に組み立てる投球スタイルだったが、KBOリーグでは先発に転向し、チェンジアップをマスターし投手として開花。

また、先発完投型というよりもメジャーで優れていると言われている、クオリティスタート、6回を投げ3失点以内に抑える投手、スタミナ面では完投を求めるよりも、6回以内を確実に抑える投球スタイルのようだ。

9月9日現在成績:11勝3敗

ゼイビア・スクラッグス外野手とは?

ゼイビア・スクラッグス一塁兼外野手 29才(ジェビオ・スクロクス)183cm,98kg 右投げ右打ち

9月16日現在の成績は、打率はTOP20には入っていないようだが、本塁打は34本打っているようだ。

2014年にメジャーデビュー、9試合に出場し打率200 2打点

2015年は、AAAメンフィスでプレーし、109試合に出場、打率.238 14本塁打 57打点 7盗塁、メジャーでは17試合に出場し、打率262 7打点 1盗塁の成績を残している。

2016年メジャー成績は、24試合に出場し打率210 1本塁打 5打点、この年にFAとなり、韓国リーグのNCダイノスと契約した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする