オリックスのドラフト1位!田嶋大樹(JR東日本)新人王候補の成績は

オリックスのドラフト1位!田嶋大樹(たじまだいき)社会人No1左腕

今秋のドラフト会議では指名が予想され、怪我さえなければ間違いなく1位指名されるであろう社会人No1左腕の呼び声が高い田嶋大樹は、2017年ドラフト総合ランキングでも清宮幸太郎や安田尚憲選手と並び今秋ドラフトのBIG3と言っても過言ではないだろう。

スポンサーリンク

田嶋大樹の成績と評価は

最速152キロのストレートとキレの良いスライダーが持ち味の今秋ドラフト1位指名が確実と言われている田嶋大樹は、佐野日大高からJR東日本社会人野球へと進んだ、182cm77キロの大型左腕。

プロの直近での評価は、ドラフト1位指名候補、重複もしくは単独のどらちかで確実に消えるだろうといわれている、もしもプロで成功すればプロ野球会でも代表する左腕になれる可能性を秘めている。また、左から投げる球は強く連投する体力もある、真っすぐが良い、また、無理に力まず辛抱強いのが特徴、投球回数と奪三振がほとんど同じで奪三振能力は高く数字上でも文句のつけようがないなど、どこもドラフト1位の12人に入るでしょうとの評価だ。

また、素材としては粗削りで今の出来は7,8割でしょうとの評価だが力強さと柔らかさを兼ね備えている、インステップでの横からの角度から投げられる直球とスライダーはキレ味十分、和製ランディジョンソンだ、とまでいうスカウトもいるが、この角度のある左から投げられるストレートとスライダーはプロでも通用しそうだ。

ただ、投球ホームのクロスステップは修正ポイントではあるが、まだまだ粗削りでプロに入ってからの伸びしろは十分で、もしもプロ入りすれば新人王候補の一人であることは間違いないのではないだろうか。

田嶋大樹プロフィール

持ち球の変化球は、カーブ・スライダー・シンカー・フォーク・チェンジアップ、決め球はクロスファイヤーから投げられる、伸びとキレのあるストレートとスライダーが持ち味。高校時代は突然球速が失速するなどの体力の無さを痛感し、プロ入り志望届は提出せずにプロに近い環境のJR東日本の社会人入りを選んだ。その社会人入りが功をそうしたのか社会人での体力強化で球速も152キロまでUPし連投する体力も付きドラフト1位指名候補まで躍り出たが、都市対抗戦を制し、またドラフト1位でプロに行く!と公言している田嶋大樹のドラフトが待ち遠しい。

またDeNAはこれまでスカウト4人態勢で密着してきたが清宮がもしもプロ入りを表明すれば1位指名が濃厚となり、清宮次第ではあるが、現在1位指名候補のリストに入れている巨人、楽天、広島、西武、オリックスなどの球団が一本釣りを狙ってくるのかにも注目したい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする