巨人・谷岡竜平がプロ初先発へ!ルーキー畠に続きローテ入りなるか

巨人の2016年ドラフト3位ルーキー・谷岡竜平投手(21才)が、26日の阪神戦でプロ入り初となる、1軍での初先発を任されることがわかった。

26日の先発は菅野投手の予定だったが、菅野投手にアクシデントが発生し登板を回避したため、谷岡竜平投手は1軍登録され菅野の代役というチャンスが回ってきたが、その谷岡竜平投手とはどんな選手なのだろうか?

スポンサーリンク

巨人・谷岡竜平投手が先発転向・26日の阪神戦でプロ初の1軍先発へ

菅野智之投手(27)のアクシデントにより、思わぬ形で先発のチャンスが回ってきた谷岡竜平投手だが、開幕時は中継ぎとして起用されていた。

(菅野投手の登板回避のアクシデントの理由は斉藤投手コーチより、なにも言えないとのことだが、原因は前回の登板で足をつった影響だろうか)

その中継ぎのオープン戦では7回を投げ1失点と無双し、ドラ3ルーキーとして開幕1軍切符を手に入れたが開幕後の成績は思わしくなくわずか4試合で2軍へ降格してしまった。

その後の2軍では、先発転向を言い渡された6月14日のイースタン日本ハム戦でプロ初先発、結果は3回を投げ4安打3失点だったが、これまでの投球を見守ったコーチは開幕時はまだ体を上手く使えていなかったが、徐々に解消され柔軟性が付いてきたと評価し先発転向への再挑戦となったが、順調にこれまでの中継ぎからの先発転向の登板を重ね、直近の試合では8月6日のイースタン楽天戦では4回2安打無失点の好投。

17日のイースタン西武戦でも5回1失点の好投をみせ、菅野投手のアクシデントで緊急の1軍先発のチャンスが回ってきた。

谷岡竜平・2016年ドラフト3位指名で東芝から巨人入り

谷岡竜平 (たにおか・たっぺい)21才  右投右打 180cm,80kg MAX150  スライダー・ツーシーム・フォーク・カーブ

最速150キロのストレートと、決め球のスライダーとフォークで三振を取り、変化球で打たせて取るピッチングスタイル。

その谷岡選手は同じルーキーの畠投手といつか同じ1軍ローテで投げたいと語っていたが、これでまずは一歩目の同じ1軍での先発マウンドに立つことが出来た。

また、ローテ入りでの2人の活躍というその目標を手に取れる場所までこれたということは、後は自分次第でどうとでもなる場所まで登ってこれたということだ。

1軍での初先発で好投すれば、現在空いている5番目の投手を掴みとることが出来る。その5番目の先発切符を掴み取れるか、谷岡竜平投手の投球に期待がかかる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする