田中俊太・巨人のドラフト5位!成績と評価は?広島の田中広輔の弟

広島カープの田中広輔選手の弟であり、巨人の元監督である原辰徳氏と一緒に甲子園に行った父を持つ田中俊太選手は兄と同じく内野を守り、さらに”弟”でありながら実力も兄譲りでプロからの評価は高く、また注目されているが広島カープの田中広輔選手の弟だから注目されているのではない。

7月18日(火)に行われた第88回都市対抗野球大会では1回戦で敗退したものの4打数3安打1ホームランを打ち打撃でも注目されているスピード感あふれる走攻守揃った広角に打ち分ける強打の内野手であり、その実力で評価されているのである。

また、広島カープが田中俊太選手の獲得に動き同球団に兄弟プロ野球選手が誕生するのかにも注目が集まっている。

9月28日:追記

広島カープが田中俊太選手をリストアップしたことが分かった。これで同一球団での田中兄弟のプレーに期待がかかる。

スポンサーリンク

田中俊太(日立製作所)・2017年ドラフト上位指名候補

広島スカウトは、田中俊太選手を打撃の間の取り方が上手くプロでもやっていけると評価しており、広島カープの今秋ドラフトでの田中選手獲得に期待がかかるが、広角に打ち分ける走攻守が揃った打者の獲得を狙っている他球団からの指名もあるのではと予想されるが、現在の評価は3,4位辺の指名での争いが予想される。

ただ、広島は二遊間に菊池選手と田中選手がいるため上位での指名ではなく、将来のチーム編成、展望を考えればサードコンバートを視野に入れての候補として、長期の視野での獲得ではないと指名する可能性は低そうだが、内野不足のチーム、今秋のドラフトでのセンターラインの強化の為にセカンドを獲得したい球団はあると見られ、その球団が3,4位辺りで獲得を狙っているのではないかと予想する。

2017年ドラフト上位指名候補・田中俊太プロフィール

田中俊太(たなかしゅんた)東海大相模→東海大→日立製作所 178cm,80kg 右投左打 セカンド 遠投90m 50m6秒 (広島カープ・田中広輔選手の弟 )

二大大会(都市対抗野球,日本選手権)16~17年成績:8試合 打率394 HR1 打点2 出塁率412

大学時代通算成績:69試合 打率325 HR2 打点45

プロに入り成功した場合は1番、リードオフマンタイプだろうか。将来は3割10本の走攻守そろった守備の名手、まさに広島カープの兄である田中広輔のような選手に育っていくのではないだろうか。

また、広島のリードオフマンでもある兄といつか一緒にプレーしたいと語る田中俊太選手の今秋のドラフトで悲願である兄弟プレーが誕生するのかに期待がかかる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする