巨人・高橋監督16日ぶりの白星に笑顔!マイコラス13連敗で止める

連敗ストッパーマイコラス、読売巨人軍・マイルズ・マイコラス、やはり連敗を止めるたのはこの男だった。

そして、今日の試合後の印象はやっとナインやベンチに笑顔が見られ特に高橋監督はにっこにこの、飛びきりの笑顔だった。

そして、終始笑顔でマイコラスとも笑顔でハイタッチとやっと13連敗中の重圧から解き放たれたのだろう。

今日の試合は札幌ドームで大田泰示と石川慎吾、そしておまけ?の 陽岱鋼と、3者の凱旋出場となり日ハムのファンが大田選手のうちわやタオルで応援し、巨人ファンが石川選手と陽選手を応援するというなんとも奇妙な景色でもあった。

大田選手と石川選手は共にトレードで入れ替わり、その両者がスタメン出場、そして大田は2安打、石川はタイムリーと、共に両チームでレギュラーとして活躍しており、そして環境を変えスタメンを勝ち取り両者にとってお互いの球団にとっても良い結果となっただろう。

近年まれにみる良トレードとなった。

陽選手は本日はヒットはなかったのは残念だっただろう。

スポンサーリンク

高橋監督、13連敗を止めた試合後のインタビュー

なんかいつもと違うな、今日はアングルが随分近いな。距離も近いな、声を拾う録音レコーダーが伸びた手から画面にはみ出してるよ。

今日の試合後の会見は、まるで有名人の記者会見のような何とも言えない雰囲気だった。

もう少し打てれば良かったんですけどマイコラスの熱投と、マシソンが抑えてくれね、と今日ばかりはやっと心から笑顔が出せただろう。

序盤の試合展開は、石川がタイムリーを打てば大田がチャンスメイクするという、トレード選手が活躍しそして序盤は1対1と均衡し白熱した試合展開だったが坂本が逆転タイムリーを放ち、マイコラスが8回まで1点に抑え最後のマシソンは良い方に気合が入っていてスピード、変化球、コントロール、全てにおいて球をコントロールし、3人を2奪三振、0封と完璧に抑えた。

前回の登板を引きずっていたのだろう。

しかし、今日も8安打と1ケタ安打で2点とクルーズ、マギーのファインプレーの連発で最少得点で勝ち運も味方してくれたのかもしれない。

マギーは、1度強烈な当たりを弾いてしまったがその後はサード強襲は全て止めクルーズもピンチを救うファインプレーを連発。

これだよこれ、守備が安定しているとセカンドが安定してると守備が引き締まるなって、クルーズがセカンドに入ってからはいつも感じていたが今日もここぞのファインプレーで相手の得点チャンスを潰し最少失点で守りぬく野球が久々に見れた。

この安定感は見ていて楽しいと久しぶりに感じた瞬間だ。

とりあえず、今日は連敗を止めれたこともそうだが高橋監督の笑顔が見れて良かったなぁ。

ストレスで剥げないようにね・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする