高橋遥人(亜大)2017ドラフト指名候補!大学生屈指の最速左腕

今秋ドラフトの上位候補である高橋遥人投手は大学生最速の151キロを投げる本格派左腕、今年の3月4日は中日とのプロアマ交流戦では6回2安打無失点で8奪三振を奪い、投げては最速146キロをマークし好投した。

また、16日のロッテとの2軍戦では2四死球与えたが2回0封とプロ相手にまたも快投。

制球難のイメージがあるが2軍を押さえられた中日は1位候補に間違いなく入ってくると大絶賛するほど評価が高く2017年ドラフトでは上位指名が予想される。

スポンサーリンク

高橋遥人(亜細亜大学)・2017年ドラフト上位指名候補

左腕を獲得したい球団は必ずこの高橋遥人投手が指名候補のリストに入っているのではないだろうか。

特に中日の評価はアマでトップクラスと評価は高く外れ1位候補に入ってくるかもしれない。また、阪神・ロッテ・日本ハム・巨人などの評価も高く、阪神は制球力がまとまってきた、ロッテは田嶋と並ぶ左腕、巨人は高校時代の成瀬にそっくり、日本ハムはこの高橋遥人投手をセンス型と評していた。

西武やソフトバンクなどの左腕を強化したいであろう球団も3位以下で残っていれば獲得したい選手だろう。

2017年ドラフト上位指名候補・高橋遥人プロフィール

179cm,74kg 左投左打 最速151キロの大学生最速左腕(スライダー・カーブ・チェンジアップ)

球速以上に球のキレは良く、左腕が体に隠れて出てくる投球フォームは見えづらく打者は打ちにくいだろう。

また、ボールの質とやわらかさも評価が高く今後の伸びしろについては左腕の素材としてはNo1ではないだろうか。

大学成績はこれまでに26試合に登板し3勝6敗、防御率3.53、また、97回を投げ86奪三振、与えた四死球は53。

四死球率が約5近くあるのが気にかかるが、2回投げれば1つは四死球を与える感じだろうか。

また、17年春に限れば18,2回を投げ14奪三振、防御率は5,79 与えた四死球は18と投球回数=四死球となっており制球力が課題となっている。

現在の評価はプロでも別れているようだが、制球力をどう改善していくのかで今後のドラフト指名順には変わるだろうが、左で150キロを投げる投手はなかなかいないことから、素材が良いことは解っているので将来性を買い上位指名に踏み切る球団は出てくるだろう。

もしもそこが改善されればDeNAの今永選手のようなピッチャーになるだろうと期待が高い。

現段階の各球団の今秋のドラフト状況を分析すると、2位指名で消えてしまう選手ではないだろうか。

3位で余っていればどの球団も獲得したい選手だろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする