高木京介が巨人と育成契約へ!賭博問題から1年の失格処分終了

野球界のみならず社会をも騒がせた出来事、あれから1年が立ち、そろそろ高木選手の身辺についてどうなるのかと野球ファンの間でザワつかれていたが、本日、1年間の失格処分を終え元巨人の高木京介が読売ジャイアンツへ復帰申請書を提出し受理された。

巨人軍は、高木選手と契約するかは非常にナーバスな問題だろう。

野球ファンも復帰させるなって人もいるだろうし、わざわざ1年前の問題を掘り返すことになる再契約について球団としてもメリットは無いのかもしれない。

しかし、失敗を犯した者への更生の道は与えないのか?と、思う人もいるだろう。

どちらにせよ、高木選手との再契約は難しい問題だが、高木選手から復帰の意向を示す申請書が巨人側へ送られこれを巨人軍は受理した。

このまま、この書類をまとめてコミッショナーに提出しコミッショナー側の判断が認められた場合は巨人は育成選手として契約する流れになりそうだ。

スポンサーリンク

高木京介選手の賭博問題の時系列

2015年10月に世間を騒がせた大問題に関与した3名が判明し、その後、この3名は失格処分を受けた。

この時点ではまだ高木選手の関与は解っていなかったが、昨年の3月に高木選手の関与が判明し高木選手は3名の他者とは関わり方や対応が違うとのことで高木選手は1年間の失格処分となり、巨人は契約解除していた。

高木選手は、発覚後に失格処分となり母校も練習を受け入れられないなどの噂も流れていたが

今年の3月22日に、母校での練習中に復帰について直撃されていた。

高木選手は復帰に向け練習は続けていたようだ。

まともな環境で練習が出来ない中での1年のブランクは非常に大きいだろうし、復帰しても活躍できるかは定かではない。

しかし、巨人側は育成選手として0から再出発を目指してほしいと復帰をサポートする意向のようだ。

高木京介投手の巨人でのこれまでの成績は

高木京介(27) 2012年~2015年(4年間)通算成績

試合数139 投球回数148 1/3 防御率3.03 6勝 0敗セーブ1

初登板から139試合連続登板機会無敗と言いプロ野球記録保持者。

巨人側は育成選手として再出発をサポートするとの情報だが、このまま支配下登録となるのだろうか。

一部で噂されている高木選手が野球界へ復帰するためには一度巨人と契約を結ばないといけない為、一度巨人と契約したのちに他球団へトレードするのではないかとの噂も流れている。

巨人側としては高木選手の失格処分が解けたからといってすぐに支配下登録することはないだろうし、他球団も欲しい選手だとしても判断が難しいだろう。

巨人側としては1年間は育成選手として出発させ、来年までは世間の反応を見ながら再起を計る。

また、巨人側として受け入れるのが厳しければ他球団にトレードとして送り出し復帰をサポートするのではないだろうか。

世間の反応次第では今年の夏の支配下登録期間までには高木京介選手と支配下登録も見えてくるかもしれないが、まだ、おかえり京介とは言えないが復帰に向けてひたむきな姿で頑張って欲しい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする