鈴木博志(ヤマハ)ドラフト評価と進路や獲得球団は?ドラ1特A候補

プロ野球ドラフト会議では1位指名が予想される鈴木博志・右腕。

中日を筆頭に、鈴木投手をドラフト1位候補としてマークしている球団が多いが、鈴木投手とはどんな投手なのだろうか?今回は、その鈴木博志投手について調べてみた。

スポンサーリンク

2017ドラフト1位指名候補・鈴木博志・社会人No1守護神

今秋の高校球児BIG2が清宮幸太郎と安田尚憲の両内野手なら、社会人では左の田嶋大樹、右の鈴木博志と社会人BIG2の呼び声が高い鈴木博志投手は、最速155キロの社会人No1右腕と評するスカウトもいる。また、所属するヤマハでは先発でも投げるが主に守護神として起用されており、プロでも守護神として指名されることが濃厚だろう。

鈴木博志(ヤマハ)プロフィール

鈴木博志右腕(ヤマハ)181cm90キロ、MAX155キロの大型右腕、チームでは主に守護神として起用される。プロの評価は今秋のドラフト1位指名は間違いないといわれおり、その投球スタイルについては、今年はこれ以上の素材はいない、乗っているエンジンが違うよ、球はトップクラスで投げ方にも余裕を感じる、これだけ強い球を投げるのはいない、間違いなくドラフト1位で指名されるだろうと悪い評価は聞かないほどずば抜けている逸材だ。

また最速は155キロだが守護神として軽く投げても181cmから角度のあるボールを投げ150キロを連発する投球スタイルは圧巻だが、コントールが課題。特徴はストレートで押すスタイルだがプロでどこまで通用するかは見所ではあるが、今年6月の地区対抗予選ではカットボールを解禁し空振りを奪うなどの進化もみられ、また持ち球の変化球でもあるカーブ、スライダー、フォークのどれか一でも精度が上がるとプロでもコンスタントに成績を残すことが出来そうだが、調子が悪い時は球が高くプロで通用するかが気になるが、今後プロに入り、ボールが常時指に掛かりだすと手におえなくなるだろう。

2017年公式戦成績は3試合に登板し、7.1回を被安打5 奪三振8 四死球8 防御率は0.00

また、現段階ではあるが中日ドラゴンズが早々と鈴木博志投手を守護神としての1指名にリストアップしており、中日の単独1位指名も予想されるが今後の他球団との鈴木博志をめぐったドラフトの攻防戦が予想される。

また、鈴木博志投手はサムライジャパンアジア選手権の候補に選ばれており、10月に台湾で開催する第28回BFAアジア選手権に選ばれることが濃厚でその結果次第では一気にドラフト1位指名での本命球団も増えてくるだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする