中日のドラフト1位指名は鈴木博か!2位に石川翔!清宮は回避へ

筆者の中日ドラゴンズのドラフト会議予想は、1位指名に鈴木博、2位に石川翔投手を狙うのではと予想していたが、どうやら本日の中日球団コメントを見る限りではその可能性が高まってきたかもしれない。

中日ドラゴンズは、清宮幸太郎内野手が中日を良く思っていないのではないだろうか、お断りされるのではないか、アマから中日以外なら何処でもOKと言われてしまったこともあるかな、とビクビクしているのだという。

過去の中日は、新人選手の年俸を上限いっぱい下げてしまったことで、アマ側からは良い印象が持たれていないのだというが、清宮君もそうなのではと中日は疑心暗鬼になっているというわけだ。

そして、清宮幸太郎内野手はプロ入りを表明したが、これで必ずプロ入りとなった訳ではない。仮にポスティングを認めていない球団や、意中の球団では無い場合は早大へ進学と言う手が残っている。その為に、清宮側は異例の12球団との個別面談を行うという訳なのだ。

スポンサーリンク

中日・清宮幸太郎は回避か

中日ドラゴンズが仮に清宮君を1位指名して断られれば、清宮にとっても中日にとっても幸せな結果にはならず得策ではない。そこで、最速157キロ守護神のヤマハの鈴木博や、石川翔の1本釣りにシフトチェンジの声が挙がっているのだという。

また、即戦力の守護神候補に未来のエース候補の高校生No1投手を獲得した方がチームの為には良いと推す声も球団内で挙がっているのだという。

しかし、球団率いる白井オーナーは清宮獲得を指令しているとの情報がメディアを流れており、今後予定される清宮との面談次第で清宮側から色よい返事がもらえれば、もしも中日が清宮を1位指名すれば獲得OKの返事がもらえた、もしも鈴木博を1位指名すれば良い返事がもらえなく、清宮は回避したと推測出来るだろう。

中日・石川翔か村上宗隆を2位指名か

これまでの石川翔の視察コメントを聞くと、どの球団も評価しているが中日が1番評価していると感じる。その視察コメントの中には、いの一番に取りに行きたい選手、12球団の1位候補と中日は評価しており、高校生No1投手、高校生投手の中ではゆいつドラ1候補とスカウトの間では言われている石川を、他球団が1位指名しないと2位の指名順が早い中日が取りに行く、獲得出来る確率は高い。

また、中日は村上宗隆捕手も評価しており、他球団で評価している西武がドラ1で指名してしまわないと中日にかっさらわれてしまう可能性も有り、中日の2位指名は石川翔か村上宗隆捕手を狙いたい、または狙うドラフトになるのではないだろうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする