中日・今秋ドラフト1位に鈴木博志投手(ヤマハ)リストアップ

中日ドラゴンズが、今秋のドラフト1位候補にヤマハの鈴木博志投手(20)をリストアップしていることがわかった。今年のドラフトは清宮ファイーバーが巻き起こる中、清宮の為のドラフトと言っても過言ではないだろうが、中日ドラゴンズの今秋の1位指名候補はすでに本命候補として名前が上がっている清宮幸太郎内野手と共に鈴木博志投手の二択になり、清宮選手が進学した場合は、現在ではあるが鈴木博志投手が今秋のドラ1筆頭候補となりそうだ。

スポンサーリンク

中日がドラ1で狙っている鈴木博志投手とは?

鈴木博志投手(20)、ヤマハに所属する MAX155キロの剛速球と鋭く落ちるフォークが武器の社会人NO1クローザーの呼び声が高い本格派右腕。(181cm78kg)
16年成績:通算3試合 7.1回 被安打5 奪三振8 四死球8 自責点0  奪三振率9.82 四死球率9.82
17年成績:通算5試合 5.2回 被安打3 奪三振6 四死球2 自責点2  奪三振率9.53 四死球率3.18
大きめなテイクバックからワインドアップで投げる肘を使った角度のあるボールは威力十分。また、コントロールにやや難があるが、145キロ後半から150キロ台の速球で押す角度のあるボールは今年のピッチャーではトップクラス、これだけの素材はいないとスカウトの間では評価は高く、今後の成績次第ではあるが1位指名で消える投手だろう。
現段階ではあるが、鈴木博志投手の1位指名、外れ1指名の候補に上げているオリックス,ヤクルト,巨人,日本ハム,広島,そして中日の6球団はドラフト1位指名候補のリストに入れていると噂されており、鈴木博志投手はこのまま順調に行き怪我がなければドラフト1位、最悪でも外れ1位で消えてしまう可能性は高い。
記者B
中日が今秋のドラ1位にリストアップしたみたいですよ!
89オンライン編集長
わしも君を今秋のドラ1にリストアップしようかのぉ!
記者B
・・・

鈴木博志投手プロフィール

高校時代の最速は143キロ、プロからも注目されていたが高校3年時に右ひじを疲労骨折し手術を受けた。その影響からかプロ入り志望届は出さずに社会人・ヤマハ入り。

ヤマハ入社後はウエイトトレー二ングにより10キロ増加しパワーアップ、社会人1年目は最速154キロまで球速が伸びた。また、今年の6月23日の社会人日本代表選考合宿紅白戦では自己最速を記録する155キロをマークした。(3回3奪三振2失点自責点0)

コントロールが課題だがこれだけ威力のあるボールとフォークが決め球の投手はなかなか居なく、パワーピッチャーという点に置いては魅力な素材型。育成次第では化ける可能性も高いのではないだろうか。

89オンライン編集長
なかなか楽しみな素材じゃな!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする