日本ハムの杉浦稔大は紺野あさ美を妻に持つ元ヤクルトのドラ1投手

日本ハムファイターズとヤクルトスワローズの緊急トレードが、7月24日(月)に両球団の発表により成立したことがわかった。

その日本ハムがヤクルト側に指名したのが2013年のドラ1投手の杉浦稔大投手(23)というから驚きでありこの電撃の緊急トレードにプロ野球ファン、特に東京ヤクルトスワローズファンは驚いたのではないだろうか。

スポンサーリンク

ヤクルト・杉浦稔大と日本ハム・屋宜照悟の緊急トレード成立

本日、7月24日(月)にヤクルトスワローズと日本ハムとの両球団の間で、ヤクルト・杉浦稔大(25)投手と日本ハム・屋宜照悟(28)投手の交換トレードが成立したと発表した。

日本ハム側は先発強化、ヤクルト側は中継ぎ強化に動いたと思われるが、ヤクルト・杉浦稔大投手は現在は右肩の違和感により2軍で調整しているが、日本ハムは杉浦稔大の将来性を買い、来季以降を睨んだ上でのトレードだったのではないだろうか。

ヤクルト杉浦稔大とは?2017年に紺野あさ美と結婚した2013年ドラ1投手

もとモーニング娘だった紺野あさ美さん(30)は2011年~2017年まではテレビ東京のアナウンサーをしていたが(2017年5月31日退社)、1月11日にヤクルトスワローズの杉浦稔大投手と1月10日に結婚したことを発表し世間を騒がせたことは記憶に新しい。

そして、2017年の結婚を機に飛躍が期待されていたヤクルト・杉浦稔大投手(2013ドラ1位)のトレードが成立したから驚きだ。

ヤクルト・杉浦稔大投手のこれまでのプロフィール

2013年ヤクルト・ドラフト1位で背番号18をもらった杉浦稔大投手は、これまでの4年間で6勝と伸び悩んでいた。(189cm 86kg 右投右打 最速149kg)年俸1500万円。

また、14年に右肘靭帯断裂の為、手術を受け同年の7月に2軍復帰し9月にはプロ初勝利も上げたが現在は右肩の違和感の為、2軍で調整している。

また、これまでの1軍通算成績は、21試合に投げ6勝8敗 防御率4.95の成績を収めていた。

現在は右肩の違和感の為に2軍で調整中だが、まだ25才と若く肩が完治すれば今後の将来性は高く、投げ急がなければ将来の1軍マウンドでの活躍が期待される投手だ。

日本ハム・屋宜照悟(28)投手プロフィール

2012年ドラフト6位 投手・屋宜照悟(やぎ・しょうご)178cm81kg 右投左打 年俸840万円 最速150キロのスライダー・チェンジ・カットを操るサイドから球威のあるボールを投げるのが特徴。これまでの1軍通算成績は21試合に登板し3勝0敗 防御率5.16の成績を収めていた。

また、2014年には”左肩鎖関節靱帯断裂形成手術”を受けている。

これまでは主に中継ぎで投げていたが先発の適性もあり環境が変われば一気に開花する可能性も秘めており今後の活躍が期待される。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする