巨人5連敗・楽天打線が菅野を滅多打ち!8失点で4位転落

巨人軍の今日の試合のハイライトは3回表までだった。

菅野が初回いきなりのウィーラーに先制2ランを打たれたが

小林の要求した球は外国人得意の高めに抜けた変化球だった。

今日の菅野は調子が悪かったのか変化球のキレは無く

ストレートでのコントロールで三振を奪うしかないという投球で

苦しい展開がみてとれた。

しかし、パリーグの、楽天の鋭いスイングの前に

今日の菅野の変化球とストレートは格好の餌食となったわけだが

初回ウィーラーの場面は外角低めの速球か内角の速球かワンシームを

要求するべきだったのではないだろうか。

何故か小林が要求した球はカーブかスライダーかわからないが

高めの変化球。

結果、見事に先制2ランを打たれた。

その後は、ストレート主体の投球で毎回先頭打者を出す苦しい内容だった。

最近の小林は投手は違えども、ウィーラーに、同じ打者に

2回もホームランを打たれるリードは

はっきりいって小林のリードにも問題があるように見えた。

戸根のコントロールが悪いのもあるが、それにしても

リードしきれず最近は大量失点が目につく。

打線は、3回表までは巨人らしくない展開だったが

そこからのあと1本が遠く

2番立岡のブレーキであと1本が出ず

ここぞの山本の場面でも1本が出ず、4点取っても5点取っても勝てず

6点目7点目が狙えない打線としては怖くなく

最後はトレードに出した小山のフォークボールが冴えジエンド。

巨人にフォークボール投げれる投手いたかな?

何故、小山を出したのだろうか・・

タラレバ言っても仕方がないが

巨人の打線はHRバッタがーいないから怖さは無く

点を取られたら負けてしまう。

何回も書いているが、もし2番にクルーズがいれば

また違う展開になっていたかもしれない。

そして、戸根の場面の満塁時は

ストライクが入らず四球を連発した戸根を変えず

6回の5点という大量失点に繋がったのだが

高橋監督のやる気が見えない、勝つ気が見当たらない試合でもあった。

もしも、投手を変え最少失点に抑えていれば

その後の反撃で選手のモチベーションや、勝つぞという

強い気持ちで試合に臨めたかもしれないが

監督が試合を諦め、ストライクが取れない戸根の続投で5点取られれば

選手の心は4-13になった6回で折れただろう。

高橋監督はよく選手は何をしてきたんですかね?と負け試合の時は言うが

監督の采配の闘志と勝つ気迫の采配がまったく感じられない試合でもあり

とうとう借金2でDeNAに抜かれBクラへス転落してしまった。

我々ファンの楽しみは、今やデリケート慎吾の2本のヒットと

今日1軍スタメンだった山本がヒットを打ったことを喜ぶという

慎吾や山本の若手が活躍することだけだ。

今日もカミネロの登板は無く、カミネロをセーブ機会で使えないという

機能していない采配で、いつまで高橋監督はクルーズの1軍を拒み

いつクルーズ昇格しないと機能しない打線のテコ入れを決断するのだろうか。

阪神広島戦の勝負の六連戦で

クルーズ昇格し一気に並みに乗るという打線のテコ入れを期待していたが

もう、今となれば時すでに遅しかもしれないが

とにかく、一手も二手も遅い采配と決断力。

連敗する前に、Bクラスに落ちる前に

もっと早めに問題点を解決すべく采配は出来たと思うが

そして高橋監督の決断と采配一つで打線もピッチャーもどうとでも出来るはずだが

なぜ動かないのだろうか・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする