楽天が梵英心と村田を獲得か!巨人と広島退団の両者をリストアップ

楽天イーグルスが、広島カープを退団した梵英心内野手(37)をリストアップしていることが分かった。巨人を自由契約となり退団した村田修一内野手(36)もリストアップしており、ドラフト後、FA補強などのチーム編成を踏まえて内野手が補強ポイントと判断した場合は獲得に乗り出すものとみられるが、現段階では市場を見極めながら慎重に調査を進めていくとみられる。

また、楽天の外国人野手の助っ人はクルーズ選手などは退団が濃厚のようだが、アマダー、ウィーラー、ペゲーロ選手の主力は全員残留の見込みだが、右の強打者を補強ポイントに挙げている楽天が村田選手の獲得に動く可能性は高いかもしれない。

また、今季の楽天の内野手は茂木選手の故障でクルーズ選手を急きょ補強したが最悪の事態を想定して内野手のスーパーサブとして梵英心内野手などもリストアップしたと見られるが、ドラフトで内野手の狙っている選手が獲得出来なかった場合は村田や梵英心内野手の獲得に動く可能性は高そうだが、まずは2日後に迫っているドラフト次第だろう。

また、楽天のドラフトが誰を指名するのかも気になるところだが、1位に清宮幸太郎や広陵の中村捕手、左腕の東投手や安田内野手などが筆頭候補に挙げられている。

スポンサーリンク

楽天・村田獲得で超攻撃的オーダー完成

1遊.  茂木

2右. ペゲーロ

3三or左. ウィーラー

4DH. アマダー

5一or三. 村田 ⇔ 6二. 銀二

7左. 島内

8捕手. 嶋

9中. オコエ

例でオーダーを挙げてみましたが、もしもドラフトで安田を獲得出来ればサードに安田、中村が獲得出来れば捕手は中村に。

色々、夢が膨らむ、そして仮に安田が獲得できればオーダーに悩みそうだが、そして村田の獲得は無くなるかもしれないが安田を育てる打撃陣、安田を育てる余裕が出来る攻撃陣となりそうだ。

また、梵英心内野手は中日も獲得候補としてリストアップしており両軍のドラフト次第ではどちらかが獲得に動くことが予想されるが、楽天の本命は村田修一内野手だろうか。

もしもドラフトで安田が獲得出来れば、スーパーサブとして梵英心内野手の獲得に動くかもしれない。

松井裕樹が来季も守護神に意欲

今季は52試合に登板し33セーブを達成、3年連続の30セーブも達成したが目標だった40セーブに届かず、また通算100セーブまで残り4と迫っており、監督が決めることだが松井自身は強力なブルペンを作りたいと来季の守護神に意欲を見せている。

また、来季の起用法については近日中に梨田監督と話し合う予定だという。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする