阪神・新外国人マイナー通算119発!ブランドン・スナイダー獲りへ

現在、首位をひた走る広島を追いかける阪神だが、じわりじわりと差が広がってきた阪神タイガース。しかし首位広島に追いつき追い越すため、今後の巻き返しに動いていた阪神タイガースだが、ここへきてキャンベルに変わる新外国人候補に新たな動きがあった。これまでに韓国リーグや大リーグなどを視察した編成チームの情報によると韓国リーグでプレーしているルイス・ヒメネス選手やウィリン・ロザリオ選手ら複数が候補に上がっていが、その上位候補であるブランドン・スナイダー選手の獲得を目指していることが解った。

阪神タイガースは、シーズン約70試合が消化し首位広島をとらえるべく一刻も早い補強を目指し、新外国人候補を複数ピックアップしており獲得は秒読み段階で有ることを示唆しているが、複数の有力候補が誌上を賑やかしておりどの選手が獲得されるのかに注目される。

スポンサーリンク

ブランドン・スナイダー選手とは?

ブランドン・スナイダー選手(30)188cm/102キロ右投げ右打ちは、米大リーグナショナルズ3Aでプレーしている右の長距離砲。キャンベルに変わる助っ人外国人の緊急補強を明言している阪神タイガースは複数の新外国人候補をピックアップしているが、どうやらこのブランドン・スナイダー選手にターゲットに絞っているようだ。

ブランドン・スナイダー選手の今季の成績は、3Aで71試合打率258HR13打点50の成績を収めている守備は本職ファーストにサード、外野も守れる左腕に強い左キラー。

球団関係者の話ではすでに獲得交渉を開始しており契約がまとまり次第獲得へという流れになるが、年俸次第ということもあり予断は許されない。

ブランドン・スナイダー選手成績

オリールズ・レンジャース・Rソックス・ブレーブスを渡り歩き、今季はナショナルズ3Aでプレーしていたブランドン・スナイダー選手(30)。

今季の3A成績は、2017 3A成績 71試合 打率258 HR13 打点50 四球32 三振78 四球率10.9 % 三振率26.6 %

メジャー通算5年間成績は、打率245 HR9 打点29 打数194 安打47 四球7 三振65

3Aでは主軸を任されているブランドン・スナイダーは三振率が高いことが気になるが今季はすでに13発と今後の開花に期待がかかる。3A通算長打率420はメジャーでも特に秀でている数字では無く長距離砲としては疑問が残るが元阪神で言えばヘイグ並みの数字だ。

守備に関しては本職はファーストでサードや外野も守れるが上手い方ではなく、ファーストでの守備は及第点レベルだろうか。

現在、ジェイソン・ロジャース内野手なども獲得候補として大筋に合意していると報道されているがこの2名にどちらかの獲得になるかもしれない。

記者A
いったい誰になるんですかね~
89オンライン編集長
もう一人の方が有力っぽいぞ
89オンライン編集長
ロジャースの保険かも知れんのぉ
記者A
金本監督がロジャースのことをデスパイネ見たいって言ってましたよ!
89オンライン編集長
わしは見立ては当たればアベレージタイプのマギーって感じかのぉ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする