篠原翔太(報徳学園)・2017ドラフト候補!評価や獲得を狙う球団は

2017ドラフト会議で指名が予想される篠原翔太(しのはらしょうた)3年は、高校通算24本塁打の強肩強打の捕手。2年秋から捕手を任されると3年になり一気にブレイク。

3年の春先からは捕手の売りである肩の強さに加え、打撃も好調でプロ野球のスカウトの評価が一気に上がってきた。また3年になり急速に伸びてきた選手の一人ではないだろうか。

あくまでも現段階ではあり、複数球団がマークしているようだが、阪神タイガースが地元の兵庫枠としての獲得が有力と噂されている。

スポンサーリンク

篠原翔太(報徳学園)・2017年ドラフト指名候補

2017年、夏の甲子園予選兵庫大会では、阪神、巨人、中日などの6球団が視察し強肩強打の捕手・篠原翔太をマークしているが、兵庫県出身ということで阪神タイガースの獲得の本気度は高いかもしれない。

また、他球団の評価も高く中日ドラゴンズのスカウトは打撃とリードを高評価している。また、ヤクルトスワローズは春先からマークしており、今秋の野手のドラフト対象選手として篠原をマークしており、総合的な高い能力を持っている篠原を今後も見ていきたい選手と評価している。

阪神タイガースのスカウトは、肩と勝負強い打撃を評価しており今年の地元枠に篠原の獲得の有力候補に上がっている。

阪神が地元枠で篠原翔太・捕手の獲得を狙ってる?

ここ数年、阪神タイガースが獲得している地元選手の獲得枠である兵庫枠、その有力候補に篠原翔太・捕手の獲得を狙っているとの情報が流れている。

一昨年には地元枠で坂本・捕手をドラフト2位で獲得しており、今年も地元枠を捕手に使うかは未定だが、阪神の球団幹部は地元選手は、選手を獲得する上で1つの要素と明言しており、坂本、梅野らの同世代捕手と競い合える篠原翔太をマークしているようだ。

2017年ドラフト指名候補・篠原翔太プロフィール

篠原翔太(しのはら・しょうた) 捕手 177cm,80kg 右投右打 遠投115 高校通算24発 二塁送球1.8~1.9秒

兵庫県出身:池尻ラッキーズ→松崎中、兵庫伊丹でプレー。→報徳学園

報徳学園では、2年春から外野手としてベンチ入りし、昨年秋に捕手に転向した。

2017夏の甲子園兵庫大会では、6試合に出場し、打率524、惜しくも4強で姿を消してしまった。

また、春のセンバツでは4試合に出場し16打数8安打、打率5割、高校通算本塁打は24本と、強肩強打の捕手としてプロ野球の各球団から注目されている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする