巨人の救世主になるか?【篠原慎平】育成右腕から支配下登録

2017年4月16日、巨人・篠原慎平(しのはらしんぺい)投手の

支配下登録の情報が舞い込んだ。

巨人ファンからすれば、やっとかという思いだろう。

去年支配下登録されてもおかしくはなかった

むしろ、遅い位の支配下登録だろう。

スポンサーリンク

篠原慎平プロフィール

篠原慎平(しのはらしんぺい)26才・186cm・97kg・右投左打 背番号92

最高球速:153キロ

球種:ストレート・スライダー・カーブ・フォーク

適正タイプ:中継ぎ・抑え

昨季イースタン公式戦成績

16登板2勝0敗1セーブ 防御率1.71

昨年台湾ウィンターリーグ成績

9試合 13イニング 0勝0敗1S 防御率0.69 20奪三振 奪三振王

今季イースタンリーグ成績

9試合 0勝0敗1セーブ 防御率0.00

篠原慎平4/17日1軍昇格

篠原投手は4/16日に支配下登録され、明日17日に1軍へ昇格する

推定年俸は420万円。

そして、異色の経歴をもつ苦労人でもある。

高校時代は、部内の不祥事に巻き込まれ中退をよぎなくされた

そして、関節唇断裂により2010年に肩の手術を受け

その後2年間は公式戦で登板することが出来なかったが

四国IL(アイランドリーグ)香川から14年に巨人と育成契約した苦労人。

186cmから投げおろす最速153キロの速球を武器に

スライダーとフォークで勝負する中継ぎ右腕。

とにかく奪三振能力が高い。

なぜ、去年契約されなかったのかが不思議な位だったが

今季の1軍中継ぎの救世主として期待されている。

関節唇断裂の手術から、3カ月ボールを握るのに時間がかかり

さらにキャッチボールが出来るまで3カ月

地獄のようなリハビリ生活の毎日だったと語る本人だが

よく、この大怪我からMAX153キロの速球が出せるまで復活したもんだ。

野球の為に地獄のリハビリと生活を送っていたのだろう

問題は、この怪我の再発による故障は心配だが

この巨人での2年間は順調にステップUPして成績も残している

世周2度目の登板で150キロ連発

世周 22才(はたけ せいしゅう)が

手術後2度目の登板での3軍戦

プロ・アマ交流戦NTT東日本戦でG球場デビューした。

2回を2安打1失点だったが

前回の最速155キロに続く、この日の最速は

MAX154キロ、その後も150,151,152キロを連発するなど

手術の影響は感じさせない投球を見せた。

投球回数は2回だったが、今後は4,5回の予定

そして、このまま投球回数を増やしていき結果を残していけば

早ければ5月の終わりくらいか6月の1軍昇格も感じさせる

若い本格派右腕は菅野しかおらず、この畠選手が活躍すれば

若きローテションの軸となる

菅野、田口、畠、が誕生する。

桜井投手は期待していたが2軍でも不調で畠投手にかかる期待は大きい。

篠原慎平、畠世周の2投手の明るい話題は非常に楽しみである。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする