中日のドラフト4位!清水達也(花咲徳栄)U18守護神の評価と成績は

U-18高校生日本代表では守護神を任され、2017年ドラフト会議での指名が予想される、ドラフト候補の清水達也(花咲徳栄)投手は今夏の甲子園で一気に評価が高まった選手の1人ではないだろうか。

投げては最速150キロと、1回を任せれば140キロ中盤を連発し抑えの適性も感じるが先発&抑えで見てみたい投手で球に球威があり今後の投球次第ではドラフト上位候補に上がるのではと言われている逸材だ。

スポンサーリンク

中日ドラゴンズのドラ4清水達也

プロのスカウトからの評価がとにかく高い。ヤクルトのスカウトはスライダーとフォークが良かった、うちのスピードガンで146キロ出ていたけどこれだけ出せるのは凄い。また、後日の投球を見たスカウトは制球力重視の投球で違う一面が見られたのが良かったと評価している。

また、中日は高校生でトップクラス、DeNAはフォークが良い、日本ハムは先発と抑えのどちらの適性も有る、変化球も多彩でまとまった良い投手で将来はうちの吉井タイプ(コーチ)と評価。

ロッテスカウトは低めに集まる制球力を絶賛し、楽天は速い直球に空振りが取れるフォークがあるのがいいと絶賛し、広島はバランスが良い、今後は育成していけばもっとスピードが出ると評価している。

清水達也の成績と評価

清水達也(しみず・たつや) 178cm,80kg 右投右打 MAX150 スライダー・フォーク・カーブ

第99回全国高校野球選手権埼玉大会では、5試合で(先発2回)18回を投げ12奪三振、防御率1.00

2017夏の甲子園では、1回戦の開星相手に1回を投げ2奪三振無失点、2回戦の日本航空石川戦では2.2回を投げ1奪三振無失点の結果を残している。

甲子園予選の地方大会からこれまでに7試合、20,2回を投げ打たれたのは予選の4回戦の2失点のみと結果を見れば完璧な投球を見せているが、甲子園では長いイニングを投げていないためスカウトの評価が分かれる難しい判断となるかもしれない。

またアーム式の投げ方には改善の余地が有るというスカウトもいる中、もしもプロ入りを表明すれば何位で指名するのかが各球団の難しい判断となりそうだが、先発で獲得するのか中継ぎで獲得するのか、高校生ということからまずは先発での適正をという判断になるかもしれないが、それでもフォークというウイニングショット、1回を任せれば140キロ終盤を連発する球威は魅力で今後の活躍次第では3位前後で獲得を狙う球団があるかもしれない。

追記:

U-18野球ワールドカップでは守護神を任された清水は世界3位に貢献、140キロ後半を連発しウイニングショット・フォークでメジャー予備軍から三振を量産した清水の評価は上がり、今秋ドラフトでは3位前後で獲得を狙う球団も出てくるかもしれない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする