阪神ドラフト4位!島田海吏(かいり)桐生に勝った俊足の成績と評価

2017年ドラフト会議では指名が予想される、島田海吏(しまだかいり)上武大は、強肩強打の俊足外野手。中でも注目するのがなんと100mでリオデジャネイロ五輪の銀メダリスト、陸上の桐生祥秀選手に勝ったことがあるという足の速さで、陸上からもスカウトの声が掛かっていたという。

その足の速さに加え、大学3年時には首位打者、最高出塁率、ベストナインのタイトルも獲得し、プロからは大学に入り打撃力も付いてきた広角に打てる島田海吏選手が注目されてきた。

スポンサーリンク

阪神のドラ4島田海吏

島田海吏(上武大)選手を追いかける中日ドラゴンズのスカウトは、足の速さはトップクラス、三拍子揃った走攻守を評価し打撃についても振れるようになってきたと評価している。

また、福岡ソフトバンクは肩が強く足が早い、社会人、大学生含めて島田海吏選手に高い評価を付けている。

横浜DeNAもマークしているようだが、足に加え、バットコントロールについても広角に打てる打撃は巨人の篠塚選手を彷彿させると絶賛している。

島田海吏の成績と評価

福岡県出身:九州学院→上武大学 島田海吏(しまだ・かいり)176cm,74kg 外野手 右投左打 50m5,8秒

「中学時代に陸上競技大会に出場し、100mを11秒01のタイムで熊本県を制し、全国大会の予選では桐生祥秀選手に勝ってしまった実績を持つ」

日米大学野球の日本代表にも選ばれプロからの注目が高くなってきている島田海吏選手は、現段階の予想ではドラフト3位,4位での指名が予想されるが、もしもプロに入り成功すればプロの評価では元阪神の赤星選手のようなスピードスター、盗塁王も狙え、元巨人の篠塚さんのような広角に二遊間、三遊間を抜けていく安打製造機のイメージが沸く選手だと評価が高い。

大学での14~17年春までの通算成績は、51試合に出場し打率329 、盗塁30、出塁率467

16年春には、首位打者、最高出塁率、ベストナインのタイトルを獲得している。

また、16年、17年の日米大学野球代表での成績は、10試合に出場し、打率161、31打数5安打、盗塁1 出塁率297 の成績を残している。

足の速さはプロ野球界でも屈指で巨人の鈴木選手のような足で飯が食える選手になる可能性が高く、もしも打撃がプロで通用すれば首位打者、盗塁王、最高出塁率が狙える1番打者が誕生し,プロ野球選手を代表する選手になる可能性を秘めている選手ではないだろうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする