2018プロ野球セリーグ順位予想!各球団の戦力分析・暫定版

プロ野球2018年のセ・リーグの優勝予想の暫定版!本命候補は広島カープ?巨人に阪神、DeNAは?

各球団の来季に向けての戦力補強も終わりに差し掛かり、すでに補強を終えている球団も出てきました。

そして、まだ補強は途中の球団、来季の開幕前のロースターから漏れた選手に狙いを定めている球団もありそうですが、現段階での優勝予想ということで、開幕前にもう一度優勝予想は修正しますが、それまでの現段階での優勝予想をしてみたいと想います。

来季2018年のセリーグは大混乱、どこが優勝してもおかしくはない展開になり、特に優勝予想が難しい年になる予感が。

スポンサーリンク

プロ野球2018セ・リーグの優勝予想

広島カープ

主な選手の新加入

レオネル・カンポス

主な選手の退団

梵英心

阪神タイガース

主な選手の新加入

ロサリオ・尾中・馬場

主な選手の退団

大和

横浜DeNAベイスターズ

主な選手の新加入

大和・東・バリオス

主な選手の退団

尾中

巨人・読売ジャイアンツ

主な選手の新加入

野上・ゲレーロ

主な選手の退団

マイコラス・高木勇

+α

山口俊・畠・陽岱鋼

中日ドラゴンズ

主な選手の新加入

大野・鈴木博・モーヤ・アルモンテ

主な選手の退団

ゲレーロ・バルデス・ジョーダン

ヤクルトスワローズ

主な選手の新加入

山田大樹・カラシティ・ジョーダン・デーブ・ハフ

主な選手の退団

ルーキ

+α

畠山・川端

プロ野球2018優勝予想

今回は、各球団の戦力補強が完全に終わっていない、そしてオープン戦での各球団の予想出来る活躍できそうな戦力が分析できないため、現段階での有る程度の予想をしたいと思いますが、順位の確定は次回に持ち越しとなり、おおまかな予想をしたいと思います。

それでは、現段階での上記の戦力分析から予想すると、

1位

広島or阪神orDeNA

2~3位

巨人・阪神・DeNA・ヤクルト

4~6位

中日・ヤクルト・巨人

現段階では、大方の方が同じ予想をするのではないかと思われますが、1位候補に阪神を挙げたのはロサリオ選手の加入もありますが、注目するポイントは投手陣。中継ぎの酷使もありますが、来年も持つと予想し、後は何と言ってもドラフトでの新加入選手である1位の馬場と2位の高橋の即戦力候補、この2人が当たり、高橋が中継ぎに回るとさらに今季の酷使をカバー出来る。

そして馬場がローテに加われば藤浪とメッセンジャーに続く右腕が確立、さらには才木も面白く、ここへロサリオのオープン戦での結果次第では広島を抜き1位候補と予想しています。

広島は現段階では断トツで1位候補、特に選手の動きはありませんが新外国人に驚異の奪三振率を誇るレオネル・カンポス投手の補強は現在の広島の中継ぎ外国人の層を厚くする補強に、さらには開幕前にロースターから漏れた新外国人左腕も獲得すると予想していますが、ここでさらに危機管理としての誰が故障しても代わりの選手が出て行けるように助っ人の層は厚くしてくるとみられ、現段階では穴は見当たらない。

しいていえば、若い先発投手の波が心配だが、オープン戦までは断トツの1位候補に。

DeNAは東投手の補強でさらに先発が強化されセリーグ屈指の投手層になりそうですが東投手のオープン戦を見るまでは今季の防御率3.81からの改善が判断できない、そして何処にも言えますが打線は外国人選手のロペス次第。もしも、来季のロペス選手が不調に陥ればを考えれば宮崎選手が2年連続で結果を残せるのか、などが気になりますが大和選手の獲得で二遊間は固まり、後は大和選手がどれだけ打てるのかなどもポイントになりそうですが走攻守のバランスは良く、現段階では4位以下の成績は考えられず、1位予想は現段階では難しいが2位以内の筆頭候補に予想。

巨人はゲレーロの獲得で、さらに陽選手の開幕からの起用で打線に関しては今季よりもレベルアップ、しかし先発陣が現段階では予想が出来ない。マイコラス投手の穴は総合力で埋めることが出来そうだが、なんといっても中継ぎの補強が無かったことから、もしも澤村が復活すれば、もしもドラ1の鍬原拓也が活躍すれば、7回を任せることが出来る、7回の男が出てくれば、というタラとレバーが条件に付いてくる。

巨人は澤村の復活次第では優勝も、澤村の復活が優勝条件というタレバ付きでオープン戦の結果までは暫定で2~4位予想に。

中日はゲレーロ選手とジョーダンの流出がとにかく痛い。投打の主力が抜けるとAクラスは厳しい印象だ。そこに先発投手層が薄いことから現段階では4~6位の予想、あとは新外国人次第か。

ヤクルトは来季セリーグの台風の目と予想する。畠、川端が復活しバレンティンが打ち、山田が2度のトリプルスリーを獲得した本来の打撃に戻れば、先発ではソフトバンクから山田を獲得し、新外国人投手に元中日のジョーダンを獲得。この2投手は10勝10敗は期待出来、10敗したとしても10個の勝ちが期待出来る投手2枚が加わったことはヤクルトの投手層を考えれば大きい。後は、小川。ブキャナンも10勝は期待でき、ここへ石川や由規が続けば4人で30~40勝が狙えるローテが完成し、山田とジョーダンの6枚で計算出来る先発6枚が揃う。もしかするとAクラスはもちろん優勝争いに加わることが出来るかもしれないと予想します。

現段階での予想の為、オープン戦前に最終的な予想をしたいと思います。

最新予想はこちらへ。

2018年プロ野球、セ・リーグ優勝予想最新版! セ・リーグ6球団の新外国人補強も進み、各球団の新戦力、2018年のペナントを戦う各球団...
2018年プロ野球、パ・リーグ優勝予想最新版! パ・リーグ6球団の新外国人補強も進み、各球団の新戦力、2018年のペナントを戦う各球団...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする