プロ野球新人王予想2018!セリーグの本命と候補選手は

2018年のセリーグ新人王候補は阪神の馬場皐輔と高橋 遥人のドラ1,2位コンビ、DeNAの東 克樹、巨人の鍬原拓也、中日の鈴 博志に注目!

2018年のプロ野球、セリーグの新人王は誰が獲得するのだろうか。今年のセリーグは投手に精鋭が揃っている。中でも現段階の筆頭候補はDeNAの左腕・東 克樹、MAX150キロを超すストレートの速さのみならず注目すべきポイントはコントロール力。この高いコントロール力に三振を量産するキレ味鋭いスライダーで2度のノーヒットノーランを記録している投球術はプロでも通用するのだろうか?とオープン戦が楽しみだ。

また、阪神のドラ1,2コンビにも注目だが馬場皐輔は最速155キロの剛腕とスライダーで三振を量産する。この馬場と東は現段階では2018年新人王の筆頭候補ではないだろうか。

また、大穴にプロ2年目の巨人、吉川尚輝も面白い。今季の吉川は巨人で年間通しての出場機会が与えられるチャンスは多くなると予想されており新人王に近い野手となるかもしれない。

スポンサーリンク

プロ野球セリーグ新人王予想2018

広島カープ 指名順 ポイント オッズ
中村 奨成 1位 将来のプロ野球を代表する捕手候補だが来季はまだ育成の時。 10
山口 翔 2位 最速151キロの高校生No1右腕の呼び声が高いが高校生新人王は厳しいか。 10
阪神 指名順  ポイント オッズ
馬場 皐輔 1位 MAX155キロの剛腕。セリーグの新人王候補の有力者の1人だろう。 2
高橋 遥人 2位 MAX151キロ左腕は中日の2軍との練習試合で6回無失点とポテンシャルの高さは実証済み。この高橋も新人王候補の1人に入ってきそうだ。 4
 DeNA 指名順 ポイント オッズ
東 克樹 1位 大学生NO1左腕、2度のノーヒットノーランはコントロール力に有り。プロでも生命線のコントロール力でアウトローに決まれば1年目で10勝は狙える素材だ。 1
巨人 指名順 ポイント オッズ
鍬原 拓也 1位 最速152キロの奪三振マシーン、日大の監督は澤村よりコントロールは良いとはいうものの、大学時の与四球率は高い。オープン戦でどこまでコントロールが改善しているか次第では新人王候補に入ってきそうだ。 4
田中 俊太 5位 ドラフト5位ながら今秋ドラフトの全選手の中でもミート力はTOP3に入ってくると分析する専門家もいる。セカンド専門&打率系打者という部分がドラフト5位の評価になったが、守備はすでにプロ級、巨人で開幕を掴むことが出来れば打者では新人王の筆頭候補に。 5
吉川 尚輝 16年1位 2018年も新人王の資格を保有する吉川は18年はセカンドで起用される確率は高く、そのチャンスをつかめれば年間通しての起用というハードルはクリア。そのまま結果を残せるか次第ではプロ2年目の新人王も。 5
ヤクルト 指名順 ポイント オッズ
村上 宗隆 1位 パワーはゴジラ松井級。外野手コンバートで今季は2軍で育成すれば、来季の新人王候補の筆頭かもしれない。将来のセリーグを代表する打者になれる可能性を秘めているが高校生新人王のハードルは高い。 10
大下 佑馬 2位 最速150キロ右腕。完成度は高く多彩な変化球を操るがプロでは決め球が課題になってくる。まずはオープン戦で力試しか。 7
宮本 丈 6位 大学リーグで2回の首位打者を獲得したヒットメーカー。地方リーグでの評価を覆すことが出来るか?野手の新人王候補の筆頭候補だ。 6
中日 指名順 ポイント オッズ
鈴木 博志 1位 MXA157キロのアマNo1守護神。新人王の筆頭候補の1人の鈴木は1年目でセーブ王のタイトルを取れるか? 3
石川 翔 2位 マー君2世の将来のエース候補だが、まだ育成段階の高校生。来季は下でじっくり育成だ。 10
清水 達也 4位 高校生No1守護神&U-18の代表守護神。決め球フォークでプロでも三振を量産出来るか?1年目の秋前後には出てきそうな予感が漂うが新人王候には出場機会が少ないか。 10

オープン戦の結果を見て修正しますが、現段階でのセリーグ新人王候補は?

本命

東 克樹・馬場 皐輔

対抗

高橋 遥人・鍬原 拓也・鈴木 博志・吉川 尚輝

田中 俊太・宮本 丈・大下 佑馬

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする