2017年ドラフト1位指名予想セリーグは清宮・田嶋に集中か

2017年ドラフトは清宮次第といっても過言ではないだろう。清宮がプロ入りを表明すればパリーグを含めると12球団の半分前後は清宮を1位指名するかもしれないが、清宮が進学すれば、2017年の各球団のドラフト戦略は一から見直しとなるだろう。

それくらい今年のドラフトは清宮のドラフト年だ。現在は清宮選手はプロ入りか進学かは宣言していないため、清宮選手のプロ入り時と仮定し予想をしてみたいと思います。

スポンサーリンク

2017年セリーグドラフト1位指名予想

広島東洋カープ

ドラフト1位指名:安田尚憲・田嶋大樹

広島カープは20代で幅広く育成されているため、他球団ほど補強が急務と言っていいポジションはないが将来を見据えたチーム作りを考えると、三塁手の安田選手が獲得できるとサードにもチーム編成にも幅が増えて、4,5年先を考えたチーム編成が出来てくる。

左腕の田嶋と清宮の三択になるだろうが広島にフィットするのは、田嶋か安田ではないだろうか。

読売ジャイアンツ

ドラフト1位指名:安田尚憲・田嶋大樹・清宮幸太郎

読売巨人軍にいたっては、村田の後釜のサード、若い世代のエースピッチャー、阿部の変わりと球団の顔になれる存在がいない巨人は、超高校級選手の清宮と、田嶋、安田のこの3人はすべてドラフト1位の対象だろう。

また、頼れる先発左腕は田口しかいなく、菅野以外の即戦力左腕は特に急募だろう。

これからドラフトまでの約半年の間にこの3人の成長と将来性を見極めてくるだろうが、清宮がもしもプロ入りを表明すればメジャー志向の清宮の為に、古い考えであるメジャー移籍の反対派からもしも清宮選手が獲得できれば将来のメジャーを容認するという情報もあり、スター選手不在、そして人気も低迷している巨人は清宮を1位指名してくるのではないだろうか。

しかし、若い中距離砲がいない巨人は、少数競争で獲得できる確率が高い狙い内野手の安田を狙う可能性も捨てきれない。

横浜DeNAベイスターズ

ドラフト1位指名:安田尚憲・清宮幸太郎

田嶋は魅力だが、左腕王国が完成されつつあるベイスターズは2017年のドラフトでは田嶋は狙わず、三塁手の安田か、獲得をにおわせている清宮の二択になりそうだ。

チーム編成にハマりそうなのはサードが出来る安田だが、しかし、ドラフト2位以下でサードが出来そうな内野手を狙い、それ以上に魅力的な清宮を1位指名するのではないだろうか。

阪神タイガース

ドラフト1位指名:田嶋大樹・清宮幸太郎

22才以下のエース左腕候補が皆無な阪神は、そろそろエース獲得が急務で、田嶋は是が非でも獲得したい選手だろう。しかし超大型スター候補の清宮も同じ位獲りたい選手だが、日ハムの中田選手の動向が気になるところだ。

今年FAとなる中田は一部では阪神へFA移籍が路線事項とされているため、もしも中田選手がFAで阪神に移籍すれば、守備のかぶる清宮は回避し、田嶋、もしくはサードの安田を狙いそうだ。

東京ヤクルトスワローズ

ドラフト1位指名:田嶋大樹・清宮幸太郎

世代交代が進んでいないヤクルトスワローズは、どちらも1位指名したくてぎりぎりまで悩むだろう。

特に投手陣の立て直しは急務で即戦力の左腕が欲しいヤクルトは、清宮の重複を避け投手陣の再建から着手の為、即戦力左腕候補の田嶋を狙ってくるのではないだろうか。

中日ドラゴンズ

ドラフト1位指名:田嶋大樹・清宮幸太郎

投打ともに補強ポイントの中日はどちらも狙いたい選手だろう。現在は清宮選手を1位指名でと考えていたとしても、野手は何とかなったとしても投手陣のやりくりは壊滅的で、投手の即戦力が急務な中日は清宮を最終的に回避し、即戦力左腕の田嶋に行くのではないだろうか。

あくまでも田嶋投手の出来次第だが..

※12球団の最新予想追加しました。また、TOPページの一番下に、2017ドラフト予想セリーグ編パリーグ編のさらに詳しい予想と、ドラフト番付&上位指名選手候補まとめ、さらにはドラフト予想のカテゴリーに各球団別の予想記事がありますので興味がありましたらご覧ください。また、この予想は情報が入り次第随時更新していきます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする