2017プロ野球ドラフト番付&各球団の指名候補選手まとめ

2017年プロ野球ドラフト上位候補予想選手の主な特徴などを簡単にまとめています。

また、2017ドラフト番付として指名選手候補のランキングを独自の主観で番付方式でまとめていますが、最新情報が入り次第変更していきます。

スポンサーリンク

プロ野球2017ドラフト番付

※評価は随時更新していきます

ランク 氏 名 在籍 守備 投打
0  S 清宮幸太郎 早実 一塁手 右投左打
1  特A 安田 尚憲  履正社 三塁手 右投左打
2  特A 田嶋 大樹 JR東日本  投手 左投左打
3  特A 中村 奨成 広陵    捕手 右投右打
4 増田  珠 横浜 外野手 右投右打
5 鈴木 博志 ヤマハ   投手 右投右打
6 西村 天裕  NTT東   投手 右投右打
7 A+ 石田 光宏 東京ガス   投手 右投右打
8 A+ 鈴木 康平 日立   投手 右投右打
9 A+ 草場 亮太 九産大   投手 右投右打
10 A+ 高橋 遥人 亜大   投手 左投左打
11 A+ 鍬原拓也  中央大    投手 右投右打
12  A+ 川端 健斗  秀岳館   投手 左投左打
13 A+  宮本 丈  奈良大  内野手 右投左打
14 A+ 田中 俊太   日立 内野手 右投左打
15 A+ 藤岡 裕大 トヨタ  内野手  右投右打
16  A+   桜井 周斗  日大三  投/外 左投左打
17    A   金成 麗生  日大三   投/外 左投左打
18    A  村上 宗隆 九州学院   捕手 右投右打
19    A 古賀 悠斗   福岡大 捕手 右投右打
20 A 岸田 行倫 大阪ガス 捕手 右投右打
21 A   斎藤 大将  明治大   投手 左投打打
22 A   東 克樹  立命大   投手 左投左打
23 A 馬場 皐輔 仙台大   投手 右投右打
24 A  宮台 康平  東京大   投手 左投左打
25 A 近藤 弘樹 岡山大 投手 右投右打
26 A 石川 翔 青藍泰斗 投手 右投左打
27 A 佐藤 隼輔 仙台 投手 左投左打
28 A 柏原 史陽 ENEOS 投手 右投右打
29 A 山崎 剛   国学院  内野手 右投左打
30  A   岩見 雅紀  慶大  外野手 右投右打
31 A 北川 利生 日本通運 外野手 右投右打
32 B+  笠松 悠哉  立教大  三塁手 右投右打
33 B+ 西浦 颯大 明徳義塾 外野手 右投左打
34 B+ 谷田 成吾 ENEOS 外野手 右投左打
35 B+ 植田 拓 盛岡大付 外野手 右投右打
36 B+ 熊谷 拓也  法政大   投手 右投右打
37 B+ 山口 翔  熊本工  投手 右投右打
38 B+ 斉藤 俊介 ENEOS  投手 右投右打
39 B+ 高橋 礼 専修大  投手 右投右打
40 B+  清水 達也  花咲徳栄  投手 右投右打
41 B+ 本田 仁海 星槎国際湘南  投手 右投左打
42 B 田中 瑛斗 柳ヶ浦  投手 右投右打
43 B 平元銀次郎   広陵  投手 左投左打
44 B 綱脇 慧  花咲徳栄  投手 右投右打
45 B  西巻賢二  仙台育英  遊撃 右投右打
46  B  徳山 壮磨  大阪桐蔭  投手  右投右打
47   比嘉 賢伸  盛岡大附  遊撃  右投左打

(内野手)

清宮幸太郎(早稲田実高)

清宮幸太郎(18)内野手(ファースト・外野手)/右投左打 184cm 103kg 高校通算本塁打105本 50m6.5秒 遠投100m 長距離法の4番打者タイプ

安田 尚憲(履正社)

安田 尚憲(18)内野手(三塁手)右投左打 188cm 92kg 高校通算本塁打60本 50m6.6秒 遠投100m 長距離法の4番打者タイプ

清宮選手よりも評価するスカウトがいる左の長距離法、安田は間違いなく1位で消えるだろう。パワーもゴジラ級で清宮を除けば社会人合わせてもNo1野手かもしれない。

笠松 悠哉(立大)

笠松 悠哉(21)内野手(三塁手)右投右打 181cm 85kg 高校通算本塁打19本 50m6.6秒 遠投100m 中距離砲の3.5番打者タイプ。パンチ力が魅力でつぼにはまった時のパワーは一級品。

宮本 丈(奈良大)

宮本 丈(21)内野手(三・遊・二)右投左打 181cm 80kg 高校通算本塁打-本 50m5.9秒 遠投95m 俊足巧打の1,2番打者タイプ。プロで成功すれば最多安打も狙える逸材か。

藤岡 裕大(トヨタ)

藤岡 裕大(21)内野手 右投左打 178cm 83kg 投げては最速149キロの内野手。大学時代には首位打者も獲得したが指名漏れした。社会人入り後に急成長した強肩強打の内野手、外野も出来ることから強肩外野手としての起用も面白そだ。また、肩と足があり打撃も仕上がってきたと評価が高いリードオフマン。

田中 俊太(日立製作所)

田中 俊太(23)セカンド 178cm 80kg 右投左打 (広島カープの田中広輔選手の弟)

走攻守揃った広角に打ち返す技術が特徴。ホームランを打つタイプではないがここぞで1発を打つ以外性も兼ねそろえておりアベレージタイプのリードオフマンタイプ。

山崎 剛(国学院大)

山崎 剛(やまさき・つよし) 172cm,73kg 右投左打 セカンド 50m5.9秒 走攻守の3拍子が揃ったリードオフマンタイプ。

また、体格に似合わずパンチ力があり守備も安定している。プロに入り成功すれば広島の田中選手のようになるだろうと評価が高い。

西巻賢二(仙台育英)

西巻賢二(仙台育英) 168cm,68kg MAX139キロ  右投右打 遊撃手 50m6.1秒 高校通算11本、俊足巧打のリードオフマンで守備職人タイプ、高い守備力で守備はプロでもすぐ通用すると評価されている。

比嘉賢伸(盛岡大附)

比嘉賢伸(ひが・けんしん)180cm,82kg 右投左打 高校通算35発 強肩強打の遊撃手、ここ1年で急激に伸びてきた選手でドラフトでは現段階ではあるが4,5位辺りの指名が予想される。

(外野手)

増田  珠(横浜)

増田  珠(18)外野手 右投右打 180cm81kg、高校通算28発の増田は1年秋から公式戦では三振がないという走攻守揃った中距離砲だが、化ける可能性は今秋ドラフトNo1の逸材かもしれない。増田狙いで1位指名する球団もあるのではないだろうか。将来のトリプルスリー候補だ。

桜井 周斗(日大三)

桜井 周斗(18)外野手兼投手 左投左打 177cm81kg、スライダーが切れる清宮君から5連続三振を奪ったMAX149キロ左腕だが高校通算32発のスラッガー、投手でも外野手でもどちらの可能性も秘めている二刀流。

金成 麗生(日大三)

金成 麗生(21)投手 左投左打 193cm 101kg、投げては150キロを超す高校通算29発の左の長距離砲。米国人の父を持つ金成君は投手として獲得を狙う球団もあるのではないだろうか。

岩見 雅紀(慶大)

岩見 雅紀(23)外野手 右投右打 187cm 102kg 高校通算本塁打47本リーグ通算14本 50m6.4秒 遠投110m 長距離砲の4番打者タイプ。広島はその飛距離をプロでもトップクラス、うちのエルドレッドみたいと評価する。

ドラフトでは現在の評価とすれば3位前後か濃厚か。

北川 利生(日本通運)

北川 利生(23)外野手 右投右打 178cm85kg、田中正義の元恋女房の捕手だったが外野に転向。創価大時代は通算7HRだったが指名漏れしたが、大学では打率、打点のタイトルを取るなど打撃が成長してきた今年は3位前後の指名が予想されるが、繰り上がりで2位で指名する球団もあるかもしれない。

谷田 成吾(JX―ENEOS)

谷田 成吾(20)外野手 右投左打 183cm86kg、ヨシノブ二世と言われ慶応高校通算72発、慶応大15発のパワーで挑んだ2015年ドラフトはまさかの指名漏れに涙したが、社会人入りして評価が高まった。今秋ドラフトでは左の強打者が多いがその中に割って入れるかに注目。

西浦 颯大(明徳義塾)

西浦颯大(にしうらはやと) 178cm,72kg 右投左打 外野手 高校通算本塁打23発の走攻守揃った左のスラッガー、プロに入れば3,5番タイプだろうか。もしもプロで成功すれば3割20発の可能性を感じる強肩強打の外野手だ。

植田 拓(盛岡大付)

植田拓 165cm,75kg 右投右打 センター 高校通算60本、敗筋力240,ベンチプレスは110キロの小さな巨人、パンチ力は一級品で強肩外野手の右のスラッガー。

(捕手)

村上 宗隆(九州学院高)

村上 宗隆(18)捕手 右投右打 186cm 96kg 高校通算本塁打47本 50m6.1秒 二塁送球は1.86(平均1.9) 長距離砲の4番打者タイプ。

また、高校生捕手No1の評価、大型捕手のスラッガーでパワーは清宮内野手に匹敵しプロで成功すれば阿部二世になれるだろうか。

中村 奨成(広陵)

中村 奨成(18)捕手 右投右打 180cm75kg、巨人・小林の後輩である中村はその小林の当時と比較すると中村の方がすべての面で上と監督に言わしめる高校通算36発の強肩強打の捕手、総合力では高校生No1捕手と言われている村上より高いかもしれない逸材だ。

古賀 悠斗(福岡大)

古賀悠斗(18)捕手 右投右打 174cm76kg、高校通算50発の高校生No1捕手の呼び声が高い、高校生捕手BIG3の一人だ。打撃センスと肩の強さは一級品、そして元遊撃手だけあって守備も良く今秋ドラフトでは3位以内で消えるだろうか。もしも、4位で獲得出来るチームがあればそのチームのドラフトは成功に近くなるだろう。

岸田 行倫(大阪ガス)

岸田 行倫(20)捕手 右投右打 175cm78kg、二塁送球タイムは1.8~1.9秒台の強肩、社会人に入り打撃も上向いてきたが、プロに入るとどちらかというと守備型の捕手タイプになるだろうか。総合力では今秋NO1捕手の呼び声が高い。

(左腕)

 田嶋 大樹(JR東日本)

田嶋 大樹(20)投手 左投左打 182cm 22kg 最速152キロの社会人No1左腕 持ち球の変化球はスライダー・カーブ・フォーク・カット。

ややコントロール難の印象はあるが、スリークォーターより低い位置から投げる速球は横からの角度もあり、伸びのある速球と切れのあるスライダー、これに打者の手元で微妙に曲がるカットも持ち合わせており間違いなく今秋ドラフト1位指名候補で重複するだろう。

宮台 康平(東京大)

宮台 康平(4年) 投手 左投左打 178cm 84kg 最速150キロ、キレのある直球と質の良いボールは魅力と評価は高い。

昨年に比べると調子を落としてきた印象でこのままだと1位指名は厳しいかという印象だが、プロの評価は左腕の素材としてはNo1と高く、今後に快投を見せると一気に上位にはいってくるのではないだろうか。

高橋 遥人(亜大)

高橋 遥人(4年) 投手 左投左打 180cm 82kg 最速151キロ、大学No1左腕と評価される高橋は中日2軍相手に6回2安打無失点の好投、ゆったりしたフォームからの速球とキレのあるスライダーはプロでも通用するのではないだろうか。現在では2位以内で消えてしまうかという評価と予想するが、3位で残っていればどの球団も狙いに行くだろう。

川端 健斗(秀岳館)

川端 健斗(18)投手 左投左打 175cm 75kg 最速148キロ、175cm以上の角度のある投球とストレートと同じ振りから投げるスライダーの完成度はすでに高く、高校生左腕ならTOPの可能性を秘めていると評価が高い。3位で取れればラッキーだろうか。

東 克樹(立命大)

東 克樹(4年)投手 左投左打 170cm 78kg 最速152キロ、小柄ながらの剛球に切れ味鋭いチェンジとツーシームやスライダーを操る今秋ドラフトのNo1左腕の座を争う一人。また、ノーヒットノーランを2度も記録しているミスター精密機械。このコントロールはプロで重要な部分で、楽天は今秋ドラフトでNo1の評価をしている。

齊藤大将(明大)

齊藤大将(さいとうひろまさ)179cm 74kg MAX146キロ スライダーが切れる左のサイドから投げる変則左腕。球速以上に球の速さを感じる即戦力の中継ぎ候補だ。

平元銀次郎 (広陵)

平元銀次郎 (ひらもと・ぎんじろう)180cm,73kg MAX146キロ 最速146キロの速球と切れるスライダーにチェンジアップで三振を量産する高校生屈指の左腕。プロ入りするのかに注目。

佐藤 隼輔(仙台)

佐藤隼輔(さとう・しゅんすけ) 180cm,76kg 左投左打 MAX144、直球とスライダーを武器に高い奪三振率を誇る高校生屈指の左腕。高校生左腕ではトップレベルの評価でドラフトでは3位以内で消えるだろうか。

(右腕)

鈴木 博志 (ヤマハ)

鈴木 博志(20)投手 右投右打 181cm 90kg 最速155キロの社会人No1守護神。課題はコントロールだが角度のある直球は圧巻で持っているエンジンが違うと評価は高い。強い球は魅力で守護神候補として単独1指名を狙う球団もあるのではないだろうか。

鍬原 拓也(中大)

鍬原 拓也(21)投手 右投右打 175cm 78kg 最速152キロの奪三振マシーン。ややコントロールに難があるが、決め球のシンカー、ストレートとどちらでも三振が取れるのが魅力。今秋ドラフトでは外れ1位もしくは2位以内で消えてしまうだろうか。

西村 天裕(NTT東日本)

西村 天裕(24) 投手 右投右打 176cm 92kg 最速154キロ、大学時は全治6か月の左膝負傷によりドラフトは回避されたが今秋ドラフト右腕No1右腕の評価が高い先発&押さえの適性も◎だ。力のあるストレートにキレ味鋭いスライダーが特徴。

草場 亮太(九産大)

草場 亮太(4年)投手 右投右打 183cm 75kg 最速152キロの直球と100キロ台のカーブ、またスライダーやフォークの緩急で勝負する本格派右腕。今秋ドラフトでは外れ1位もしくは2位以内で消えると予想する好ピッチャー。3位で取れればラッキーか。

山口 翔(熊本工)

山口 翔(18)投手 右投右打 181cm 75kg 最速151キロの本格派右腕。今秋ドラフトでは高校生No1ピッチャーの呼び声が高い山口は素材型ではあるが柔らかいフォームから投げられる指にかかったボールの質はNo1の評価。コントロールはやや課題だが、外れ1位で狙う球団もあるだろう。2位で獲得出来ればラッキー、3位には残っていないだろうか。

齋藤 俊介(JX-ENEOS)

齋藤 俊介(23)投手 右投右打 176cm 82kg 最速149キロ、キレのあるスライダーと速球が武器で緩急を使い打ち取るピッチング。適性は中継ぎだろうか。ドラフトでは3,4位指名があるだろうか、4位で残っているだろうかという評価だろうか。

本田 仁海(星槎国際湘南)

本田 仁海(18) 投手 右投左打 181cm 75kg 最速149キロ、投球回数以上の奪三振が誇る湘南のドクターK、質のある速球と切れのあるスライダーは伸びしろ十分、まだ高校生だが現段階でもプロのレベルにあると評価は高い。3位で取れれば狙いたい投手だ。

田中瑛斗(柳ヶ浦高)

田中 瑛斗(18)投手 右投左打 184cm 70kg 最速147キロの大分県No1右腕。素材型だが体が出来ていない今の段階でこれだけのスピードは将来性は抜群。フォームバランスは素晴らしいので固まってくると安定し開花してくるのでは。持ち球はスライダーにカット、タイミングを外すチェンジアップと多彩な変化球。将来性を買い、3位で獲得する球団もあるかもしれないが、4位でもしも残っていれば獲得したい選手だ。

鈴木 康平(日立)

鈴木 康平(26)投手 右投右打 186cm 78kg 最速151キロの長身から投げおろされる速球に多彩な変化球はドラフト1位候補とプロの評価は高いが、今秋ドラフトでは2位か3位指名が濃厚か。

石川 翔(青藍泰斗)

石川 翔(18)投手 右投左打 179cm 82kg 最速151キロ、高校生ではトップと評価するスカウトもいるが、12球団の1位指名の12名にも入ると評価するスカウトがいるほどポテンシャルが高い高校生投手。ストレートとスライダーのキレが良く2位以内で消えてしまう逸材かもしれない。

近藤 弘樹(岡山大)

近藤 弘樹(4年)投手 右投右打 190cm 85kg 最速152キロ、重いボールと変化球も多彩。緩急を使った投球を見せるようになり安定感が増してきた印象。また、スタミナもありプロに入りもっと下半身が使えるようになってくると社会人では伸びしろNo1かもしれない。3位以内で消えてしまう逸材だろう。

馬場 皐輔(仙台大)

馬場 皐輔(4年)投手 右投右打 180cm 80kg 最速155キロのパワーピッチャー、剛球というイメージがぴったりな彼は10の力があれば10の力でなげないと気が済まないのかという体格通りのパワー系だがカットやフォークを操り緩急も冴えるピッチャーだ。間違いなく今秋のドラフト上位候補だろう。

石田光宏(東京ガス)

石田光宏(いしだみつひろ)181cm 85kg MAX150キロの即戦力右腕。

ストレートの軌道が特殊で独特なくせ球を投げる。また、大学時代の四死球率は1.85と制球力が高く、中継ぎや先発もこなす右の本格派エースという印象。適性は先発だが終盤の1回を任せてみたい投手だ。

熊谷拓也(法大)

熊谷拓也(くまがや・たくや)法政大学 180cm,79kg 右投右打 MAX152キロ

抑えに転向後はまさにリリーフエースの活躍で一気に抑えの才能が開花した。1回を任せると150キロ台を連発する熊谷拓也投手のドラフトでの評価は一気に高くなったのではないだろうか。

綱脇 慧(花咲徳栄)

綱脇 慧(つなわき すい) 180cm,80kg 右投右打 MAX139キロ 切れるツーシームやスライダー等の変化球とストレートの緩急でゴロを量産し、高い制球力で打ち取る技巧派右腕。

柏原史陽(JX-ENEOS)

柏原史陽(かしわばら・ふみあき)175kg,79cm 右投右打 MAX150キロ もともと実力が高い選手だったが大学4年時にスランプに陥った。しかし、今年になって本来の投球が戻ってきたように見え、このまま順調に行けば即戦力候補の本格派右腕だ。

高橋 礼(専修大)

高橋 礼(たかはし れい)187cm,80kg MAX141キロ 長身のアンダースロー投手、140キロを超える速球と変化球で打ち取るピッチングのサブマリン右腕。

徳山 壮磨(大阪桐蔭)

徳山 壮磨 投手 183cm,73kg 右投右打 最速147キロ スライダー・カーブ・フォーク、スリークォーターから投げ下ろす長身の本格派右腕。2017春の選抜甲子園での優勝投手。

清水達也(花咲徳栄)

清水達也 投手 178cm,80kg 右投右打 MAX149 (カーブ・スライダー・フォーク)先発と中継ぎをこなすが、1回を任せると140キロ後半を連発する球威は魅力でウイニングショットのフォークの精度も高く、高校生ながら完成度は高い。

※随時追加していきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする